2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ジングル・アベル・ムニエル

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索
ジングル・アベル・ムニエル
初登場作品 Fate/Grand Order
性別 男性
所属 人理継続保障機関フィニス・カルデア
テンプレートを表示

概要[編集]

人理継続保障機関フィニス・カルデアに所属する職員。コフィン担当官のスタッフ。

略歴
レフの爆破工作から逃れたスタッフの一人。『伝承地底世界 アガルタ』でアストルフォシュヴァリエ・デオンをサポート役に登録して密航する手伝いをした。
『サーヴァント・サマー・フェスティバル!』では夏季休暇でレクリエーションルームで三日間ぶっ続けでひたすら娯楽鑑賞をどっぷりとしていた。
第二部では査問団によって主人公、ダヴィンチ、マシュと同じ部屋で待機させられていた。
その後、カルデアの生き残りスタッフ8名のうちの一人として旅に同行する。
人物
金髪で、メガネをかけた丸顔の男性。フランス出身。二重顎。
アストルフォシュヴァリエ・デオンにかなり入れ込んでいるらしく、ボーナスを犠牲にすることも厭わない[注 1]
『節分酒宴絵巻 鬼楽百重塔』ではダ・ヴィンチの手によって温泉にモニターが映っても自動的に服を着た姿に仮想変換されたことに対しては悲しい慟哭をあげていた。
能力
アストルフォシュヴァリエ・デオンをサポート役に登録して密航する手伝いをするなど、それなりに優秀だと思われる。
シャドウボーダーでは運転とモニタリングを担当している。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
初登場は『伝承地底世界 アガルタ』。2部序章から立ち絵が付き、レギュラー格の登場人物となる。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

アストルフォシュヴァリエ・デオン
サポート役に登録して密航する手伝いをした事で、ボーナスがなくなることを「アストルフォの頼みだ、一片の悔いはなし!」「デオンの頼みだ、ボーナスぐらいつっこむぜ!」というほど入れ込んでいる。
彼自身の趣味による部分も多分にありそうだが、国籍を考えると故国の英雄であるために入れこんでいる可能性もある。
主人公 (Grand Order)
なんだかんだで付き合いが長い為か、悪友のような関係になっている。
一度故国であるフランスに招待して、手料理をごちそうしたいと思っているとか。
ゴルドルフ・ムジーク
『永久凍土帝国 アナスタシア』からは上司となったが、大人げない言動が散見されるため「オッサン」呼ばわりと辛辣。
ゴルドルフ側からも「オッサン」呼ばわりされている事に快く思っていない。
その後、お互い運転スキル持ちということもあってかすっかりなれたようで、お互い辛辣ではあるものの当意即妙の掛け合いを見せる。
「ピカタくん!!」「ムニエルです!」

名台詞[編集]

Fate/Grand Order[編集]

「アストルフォの頼みだ、一片の悔いはなし!」
「デオンの頼みだ、ボーナスぐらいつっこむぜ!」
『伝承地底世界 アガルタ』でマシュ・キリエライトにボーナスの減少について言われた時の台詞。
駄目だこいつ…早くなんとかしないと…。

メモ[編集]

  • 存在自体は『伝承地底世界 アガルタ』で明かされており、外見は第二部序章で登場するが名前と結びつかず、後半で顔と名前が一致するという数奇な経過をたどっている。また、フルネームが明かされたのも『永久凍土帝国 アナスタシア』と少し遅れている。
    • 明かされたフルネームはそれほど不自然ではないのだが、よく聞く名詞が並べられており、何より末尾がバターとレモン汁のアレな料理名なためスカンジナビア・ペペロンチーノと比較されて「彼も偽名を名乗っているのではないか」と一部プレイヤーからは噂されている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. アストルフォシュヴァリエ・デオンをサポート役に登録して密航する手伝いをした事は完全に罰則行為だが主人公 (Grand Order)の助けになるため処罰は受けなかった。代わりにボーナスが減るか、最悪の場合ボーナスそのものが消える可能性がある。

出典[編集]


リンク[編集]