ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索

キャスター (Grand Order)[編集]

  • 真名:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
  • 身長:180cm / 体重:65kg
  • 出典:史実
  • 地域:欧州
  • 属性:中立・善 / 隠し属性:星
  • 性別:男性
  • CV:関智一

魔術師」のサーヴァント

略歴
Fate/Grand Order』第一特異点『邪竜百年戦争 オルレアン』では西暦1431年のフランスに召喚され、生前からの知己であるマリー・アントワネットと行動を共にしていた。
その後は主人公らと合流し、フランスを救うために共に戦う。ジャンヌ・オルタの襲撃でマリーが斃れた後も最後の決戦まで主人公らに協力した。
終局特異点『冠位時間神殿 ソロモン』では冠位時間神殿に召喚され、他のサーヴァント達と共にⅠの座を統括する溶鉱炉ナベリウスと交戦する。
人物
黒服に身を包んだ音楽家。一人称は「僕」「ボク」。
音楽に対してはひたすら真摯、至高の聖人で、なおかつ彼の奏でる音楽は最高のものであるが、人間としては自分のやりたい事しかやらない、他人の気持ちを分かっていながら汲み取らない、自由気ままに生きる、と大変困った人物であり、自他ともに認めるクズの部類。音楽は美しく人間は汚いと断じながら、しかし汚いものも大好きと語る。
人と話すのが好きな社交性に富むタイプで、冗談も好む。真に大好きな冗談であるところの下ネタは意図的に(マリーに言われて)封印しているらしいが、怒った時や気が緩むとつい口にしていまう事も。インドア派のようで、実際は旅好きで意外と活動的。
軽い態度とは裏腹にその言葉はどこか悟ったようで、独特の価値観と人生哲学で悩み迷う一同にしばしば助言を与えている。
サーヴァントとして召喚された場合は、まるでその召喚された時代に実際に生きている人物であるかのように振る舞う。
能力
創作系のキャスターにしては珍しく、悪魔の奏でる音楽に興味があったという理由で生前から多少とはいえ魔術を嗜んでいた人物。英霊となってからはオルフェウスに由来する音楽魔術やソロモンの魔術に縁深い。
通常攻撃は音を媒介とした音楽魔術で行う。また、EXランクのスキル『音楽神の加護(偽)』を保有しているためその音楽魔術の行使にはプラス補正が掛かる。
キャスター以外のクラスへの適性は持たない。

音楽魔アムドゥシアスP[編集]

『Fate/Grand Order』のイベント「セイバーウォーズ」に登場するヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。
サーヴァントたちがサーヴァントらしく活躍する宇宙的な世界観、未来のサーヴァント界、ユニヴァース界からやってきたサーヴァント。
ユニヴァース界では金星獣エリchanをプロデュースしているらしい。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
キャスター 主人公 (Grand Order) D E B B+ D B 陣地作成:B 音楽神の加護(偽):EX
芸術審美:B
小さな夜の曲:EX

宝具[編集]

死神のための葬送曲(レクイエム・フォー・デス)
ランク:B
種別:対軍宝具
レンジ:1~60
最大捕捉:500人
由来:生前作曲した名曲『レクイエム』とそれにまつわる伝説。
死の直前、死神に葬送曲の作成を依頼されたという伝説に由来される魔曲。この曲を聴いた者は魔力及び幸運の抵抗判定を行う。
判定に失敗した場合、身体系ステータスが強制的に二段階低下し、さらには防御の魔術・能力・鎧を無視した強力な持続ダメージを受けることとなる。
抵抗に成功した場合はステータス低下は一段階のみとなり、持続ダメージも半減する。
その本質は「無慈悲な死神を呼ぶ」曲ではなく、「慈悲なき死神を労るもの」であることは公然の秘密である。
『Grand Order』第一章ではヴラド三世らバーサーク・サーヴァント達を行動不能にし、主人公らの逃走の援護を行った。
ゲーム内での効果は敵全体にランダムで攻撃ダウン・防御ダウン・呪いを付与するというもの。

真名:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト[編集]

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。十八世紀の人物で、世界有数の天才作曲家にして演奏家。
神に愛された子。揺るぎない才能と異常なまでの音感を有した、奇蹟の天才。そう呼ばれた彼は、「レクイエム」を始めとする多くの楽曲を後世に残したが、その音楽は、常に一人の女性へ捧げられる。
彼の幼少時、ウィーンの宮殿に招かれた際に出会った、輝きを形にしたかのような少女、マリア。
後年、フランス王妃となり、そして革命によって処刑台の露と消える、悲劇の姫君「マリー・アントワネット」。
彼は、マリアが断首するよりも先に急逝してしまった。故にこそ、悔いる。
もし自分が生きていれば。あのような惨い結末を、彼女に迎えさせることはなかったというのに。
その資格はないと弁えながら、しかし彼は願わずにはいられない。


輝くべきマリアに、幸せの日が訪れんことを――

登場作品と役柄[編集]

Fate[編集]

Fate/Grand Order
  • 〔キャスター〕キャラクターデザイン:PFALZ / 設定担当:桜井光・奈須きのこ / レア度:☆1
自称最弱クラスのサーヴァントであり、実際ステータスは貧弱の一言に尽きる。
が、サポート役として見た場合、味方全体のArts性能を大幅に引き上げるスキル「音楽神の加護」と、スターを大量供給し、最大強化された状態ならば発動したターンの味方全員の攻撃を全てクリティカルにできるスキル「小さな夜の曲アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の二つが非常に強力。
故に普段は控えにおいておき、必要な時だけ呼び出して演奏してもらうといった運用が基本となる。
メインシナリオでは第一章に味方として登場。

その他[編集]

ちびちゅき!
音楽教師に誘われたが、「才能が無い奴に教えるのが嫌だ」と我が儘を言って拒否。代わりに校歌を作ってくれた(ただし歌詞は下ネタ全開)。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

主人公 (Grand Order)
マスター。基本的に親しげに接しているが、主人公の指揮に関してコメントを求められると「喧嘩はしたくないので評価は控える」と答えるなど何かしら不満がある模様。
キャラクエでは選択肢によっては出会いがしらに「大丈夫ですか、クズ」とまで言われる。
マシュ・キリエライト
相当に気に入っているようで、ジャンヌ・オルタとの決戦前夜の語らいで「マリアがいなかったら君にプロポーズだってしていた」などと言い出す始末。
まだまだ世界を知らないマシュを「真っ白な楽譜の様」と評し、人類という種の在り方、そして世界を知り人間になる・・・・・ということについて語った。
ロマニ・アーキマン
自分と同じダメな大人としての匂いを感じ取り、シンパシーを抱いている。
エリザベート=バートリー
その歌を音への冒涜と評し、徹底的に嫌う。
シュヴァリエ・デオン
自分の同類の倒錯者だと認識し、シンパシーを感じている。なお、向こうからは嫌がられている。

生前[編集]

マリー・アントワネット
幼い頃にプロポーズしたことがある生前の友人。彼の音楽は常に彼女へ捧げられている。
シャルル=アンリ・サンソン
嫌いなもの。お互いに嫌い合っているものの、考え方もマリーとの関係も全てを引っくるめて嫌うサンソンとは違い、アマデウスは素直じゃないからという単純な理由でサンソンのことを嫌っている。とはいえ、彼についての意見を述べるとなると放送禁止用語の羅列になってしまうようであるが。
ロベスピエール、フェルセン伯爵
マリーを処刑した人物およびマリーの愛人と噂された人物。
当然ながら良い感情を持っているはずもなく、彼らに対する評価は到底文章に出来ない罵詈雑言の雨嵐となっている。[1]
アントニオ・サリエリ
生前の知り合い。社会性があると自認する彼にとってお互いに誤解と誤認と繰り返してしまった唯一の存在。
ハイドン
偉大な先達。
音楽のために友情を無視し、音楽のために人道を歩まなかったアマデウスにとって、このハイドンに献呈するためのハイドン・セットを作曲した2年間は「他人の功績を認め、目指す」という当たり前の幸福、人間らしさが存在した数少ない時期だった。

名台詞[編集]

「キャスターの中でも最下層のキャスター、それが僕だ。悪いが、戦力としては期待しないでくれたまえ。アハハハハハハ」
絆レベル1。冗談なのか自虐なのか分からないのが悲しい。
「僕は他の芸術系サーヴァント達の様な社会性のない困ったちゃんとは違うよ。わりと気を使うんだってばこれでも。サリエリとだけは、まあ互いに誤解と誤認ばっかりだったけどさ」
絆レベル3。自らを社会性がある様に言うが無銭飲食を平気な顔で仕出かす様な奴なので、如何せん説得力がない。
「気にしなくていいよ。僕らがいたとしても彼女はそうしただろうし」
「マリアはかぎりない博愛主義者だからなあ。そういう生き方で、そういう死に方をする女だよ」
友人としてマリーの在り方を受け入れている。それでも二度目の別れは堪えたのかこのセリフのあとしばらく席を外している。
「僕が残したものは多くの人々に愛されたけど、僕の人生はどうでもいいものだった」
「でも、それでいいんだ。人間は醜くて汚い。僕の結論は変わらない」
「輝くような悪人も、吐き気をもよおす聖人もいる。だから君も、自分の未来を恐れる必要はない」
「君は世界によって作られ、君は世界を拡張し、成長させる」
「人間になる、とはそういうコトだ」
本編第1章にて、マシュに対して自分の人生観を語る場面。
自らを犠牲に人々を守ったマリーの生き様、そして「人間とは何か」を語る彼の言葉はマシュの心に深く刻まれた。
「飛竜を飼い慣らせる才能があるなら、なんでそっちで生計を立てないかな、あの馬鹿共は!」
自身のキャラクエにて。野良ワイバーンを率いるブリーダーを相手にした際の台詞。まあ確かに正論だが…
「そりゃあ君、大人になっても成長へんかしない、死ぬまでクズだった変人に決まってるじゃないか!」
同上。全盛期の姿で召喚されるというサーヴァントシステムにおいて、芸術家は皆その感性がいちばん強い時の姿で召喚されるという話をしていた際、
青年の姿で召喚される芸術家の特徴を問われての返答。
子供の姿で召喚される場合は曰く「成長したら節度のある、正しい大人になった」との事。…誰かさんもそうなのだろうか?

メモ[編集]

  • 「モーツァルト」という呼称が一般的だが、『Grand Order』作中ではもっぱらミドルネームの「アマデウス」で呼ばれている。
    • ちなみに「アマデウス」は「神に愛された者」という意味。
  • 彼が魔術の世界に傾倒した結果関係を有したという伝説のある「秘密結社」とはフリーメイソンのことだと思われる。史実上の彼はフリーメイソンのための音楽の作曲も行っている。
  • 終局特異点では、七十二柱の魔神柱の一つであるアムドゥシアスになる可能性があったことが明かされる。
    • しかし彼は音楽に魂を売っていたこと、マリーとの出会いという奇蹟があったことから絶対尊厳に興味を持たず、別の人物がアムドゥシアスになったのだろう、とのこと。
  • 最初からこの外見だったわけではなく、とある理由からデザインが変更され、それに合わせて奈須氏がシナリオ部分を丸ごと担当したという。
    • 終局特異点で判明した事実を顧みるに、第一部ラスボスの姿に寄せるためだと思われる。
  • 霊基再臨3回目になると、仮面を被った姿になる。通称アマデウス仮面。最終再臨時のイラストから、1984年の映画『アマデウス』をモチーフにしていると思われる。ちなみに『アマデウス』のパッケージ等で仮面を被っている人物はアマデウス本人ではなくサリエリ。
    • ちなみに、イベント『ネロ祭 再び』にて敵として登場した際の呼び名は「仮面キャスターW」であった。当然ながらバイクには乗らないし、意識だけ乗り移ってる悪魔な相方がいる訳でもないし、半分こ怪人でもない。
    • この仮面、後に「アイランド仮面」なる継承者が現れた。さらに後には「サンタアイランド仮面」まで登場している。
  • モーツァルトの代表作として知られるレクイエムには「死後の世界の存在からの依頼で、モーツァルトは自分のためのレクイエムを作曲していたのだ」という伝説が残る。作曲の依頼者が匿名の謎の人物(後に判明しているが)であり、曲の完成前にモーツァルトが死去したことに由来する。宝具もこれに由来すると思われる。
    • なお依頼者が匿名だったのは「名義を変えて自分の作品として演奏するため」という理由から。ちなみに常習犯だったらしい。
  • Fateシリーズ第一作Fate/stay nightのBGMである「英雄鎮魂」は宝具でもある代表作「レクイエム」の続唱(Sequentia) 第六曲 涙の日(Lacrimosa)の部分をモチーフとしたアレンジ曲でである。
  • 数多い型月アレンジにより変人にされてしまった偉人…と見せかけて史実上のモーツァルトも中々に変人だったとされる。当時の俗世間の空気もそうだが下ネタが大好きでジョークにたびたび使っている。下ネタが好きだがマリーに禁止されているというネタはここからだろう。上記の映画『アマデウス』でも天才でありながら非常に奔放な人物として描かれている。極まり過ぎて「俺の尻を舐めろ」というタイトルのおふざけの極みな曲まで作ってしまっており、よりにもよって「最低6声以上」の条件が付けられた重厚な男声合唱で歌われるので、最早モンティ・パイソンのコントと言われても違和感の無い絵面となってしまう。
    • …もっとも、このフレーズ自体は本来文字通りに解釈すべきものではなく、ニュアンス的には「俺の目の前から消え失せろ」という感じの、相手を罵倒する際の常套句である(どっちにしろアレな意味なのは確かだが)。とりあえずこの曲が宝具名とならなかった事は喜んでおくべきであろうか。
  • スキル「音楽神の加護」に「偽」がついていること、サーヴァントのカテゴリが「星」になっていることはユーザーの様々な憶測を呼んだ。実は魔神柱候補だった、というのがこの謎の答えなのかもしれない。

脚注[編集]

  1. フェルセン伯爵は革命期にもマリーを献身的に支え続け、亡命計画にも全面的に協力していたという逸話もあるが、Fate世界ではどうだったのであろうか。

話題まとめ[編集]

リンク[編集]