カーマ

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アサシン
真名 カーマ
外国語表記 Kama/迦摩
性別 女性[注 1]
身長 156cm[注 1]
体重 46kg[注 1]
好きな物 誰かの邪魔をすること/煩悩/堕落/ダメ人間
苦手な物 第三の目(シヴァの、あるいはそれに類するもの)/パールヴァティー/シヴァ/キラキラした人間
天敵 シヴァ神に関係ある人、パールヴァティー、とある獣
依代 間桐桜
出典 インド神話
地域 インド
属性 混沌・悪
隠し属性
一人称 私(わたし)
二人称 貴方/貴女/アナタ[注 2]
三人称 彼/彼女
声優 下屋則子
デザイン ReDrop
設定作成 水瀬葉月
奈須きのこ
レア度 ☆5
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

暗殺者」の疑似サーヴァント

略歴
Fate/Grand Order』のイベント『徳川廻天迷宮 大奥』で、大奥の迷宮を統べ、主人公を招き寄せる黒幕として登場したビーストⅢ/Lが敗北した後、下記のように対になるビーストによって縁をつながれた結果、カルデアに召喚された。
人物
パールヴァティーによって『依り代の少女』の体は善と悪に分かたれた。
その『悪』の体に神霊カーマ/マーラのほんの一端である分霊が惹かれて一体化し誕生した『今生のカーマ』。
イシュタルなどの神霊サーヴァントと同じく、依代の少女としてのキャラクター(性格・性質) は持っているがパーソナリティ(経歴) はない。
愛の神とも堕落の魔王とも取られるカーマ/マーラにあるのは “人間を堕落させる方向性”としての権能だけだった。
依り代の少女の一側面である鬱屈した自意識・性格・趣味嗜好を土台に、その方向性が結びついた形
そのため本来のカーマは男性神であるが疑似サーヴァントのカーマ/マーラは女性神でありイシュタルなどに比べるとやや神霊としての在り方は薄く、自らの神としての存在意義に反する『働かない』というスタンスもある程度は許容されている。
辛辣で退廃的な倦怠感に満ちた少女。
自己主張はしないものの相手の主張・権利を一切認めず、貞淑ではあるが淫蕩かつ貪欲かつ冷酷で、愛のためならどこまでも残忍になれる魔の女。
基本的にはあらゆるもの(人間) を嫌い、見下し、嘲笑うが、それは同時に『あらゆるものを気に懸けている』という意味でもある。 カーマの強みは愛の神として、『どのようなものであれ愛せる』というもの。
カーマ/マーラとなったこの女神は、『自分以外のすべてのものを嫌い』ながら、『自分以外のすべてのものを愛せる』という、まことに面倒くさい性格にある。
幸福そうな人間を不幸にするのが大好き。 不幸な人間がさらに不幸になる様子を見るのも大好き。
他人の恋愛をこねくりまわしてメチャクチャにするのが大好き。 じわじわと痛めつけるような嗜虐方法が大好き。
というように理想的な悪のボスヒロインなのだが、その強大な権能のわりには面倒くさがり屋で悲観主義なので、どことなく鈍くさい。
どんな説得にも熱弁にも「はいはい、そうですか。楽しそうで良かったですね。私は最悪ですけど」と流し、他人を認めようも受け入れもしない。基本的には説得は不可能なボスヒロイン。
しかし、その実、心がとても弱く、悲観的・否定的なのはすべて「自分を愛して欲しい」という気持ちの裏返しである。
迫られると赤面して調子を崩すあざとい女神。 そんな面倒くさい『隠れ愛して欲しい属性』なので、気を許した相手にはとことん尽くし期待をかけ続ける重い女神。
金星の女神の話によると「宇宙は宇宙でもブラックホールなんじゃない?」とのこと。
聖杯にかける願いは特にないが、それを通じてパールヴァティーに嫌がらせできればいいな、とは思っている。
報われない愛に、都合良く愛の取り持ちに使われることに疲れている。 「はいはい、ぜんぶ私のせい、私のせい」 そんな役回りに疲れて、斜に構えているのがカーマの現状。
マスターなんて彼女にとってみれば玩具にすぎない。基本は冷めた目で、その無様な生活を観察している。
軽蔑、呆れ、そして退屈。それらがすべて入り交じった、明日には出荷されるブタを見るような目でマスターを眺めている。
だがそこで絶望してはいけない。
カーマは興味のないものはそもそも見ようともしない。
彼女がマスターを見つめているのは、感心やら期待やらの裏返しなのだ。
このマスターはどんなダメ人間なのか、どこまで滑稽で憐れな様を見せて自分を楽しませてくれるのか。
どこまで私 (自分) を嫌わずにいてくれるのか。そんな希望をカーマは無自覚に持っている。
辛抱強くこの女神の悪趣味さと鈍くささに付き合っていれば、いずれ、悪の中に埋もれたわずかな善性── 『依り代の少女』の中で眠っている、恥ずかしがり屋だが一生懸命な少女の心に触れられるかもしれない。
能力
射られたものに情欲を呼び起こす、さとうきびの弓と花で飾られた矢を持っている。
第二再臨からは、巨大なヴァジュラを使用する。
生まれながらに完成した愛の神であることを表すスキルとして『愛神の神核』を持っており精神と肉体の絶対性を維持する効果を有する。精神系の干渉をほとんど緩和し、肉体の成長もなく、どれだけカロリーを摂取しても体型が変化しない。
一方で、愛の神としての『愛するという行為に必要な姿に変じることができる』という特性もこのスキルには含まれており、『変わりたくない場合は変わらないし、変わりたい場合には変えられる』という肉体的・外見的な 自由度を象徴している世の女性垂涎のスキル。
ただし現状では依り代の枠を飛び越えて姿を変化させることはできない。性別くらいならば可能であるらしい。

別クラス/バリエーション[編集 | ソースを編集]

アヴェンジャー[編集 | ソースを編集]

カーマが水着に着替えた姿。

詳細は「カーマ〔アヴェンジャー〕」を参照。

ステータス[編集 | ソースを編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
アサシン 主人公 (Grand Order) D B+ B A+ B EX 対魔力:A
騎乗:A
単独顕現:C
愛神の神核:B
女神の恩恵:B
身体無き者:EX
マーラ・パーピーヤス:EX

宝具[編集 | ソースを編集]

愛もてかれるは恋無きなり(カーマ・サンモーハナ)
ランク:C
種別:対人宝具
レンジ:2~10
最大捕捉:1人
愛の神カーマの本来の宝具。
カーマが所有している、サンモーハナと呼ばれる花の矢。
刺さったものに恋慕の情を呼び起こす効果があるが、トラウマがあるため、基本的に他人のためには宝具を使いたがらない。
恋もて焦がすは愛ゆえなり(サンサーラ・カーマ)
ランク:C
種別:対人宝具
レンジ:2~10
最大捕捉:1人
『身体無き者』『惑わす者』としての性質が強く表れている、第三再臨以降の状態での宝具。
その喪われた肉体そのものが、愛の矢であると解釈される。

真名:カーマ[編集 | ソースを編集]

カーマ。カーマデーヴァとも呼ばれる、インド神話における愛の神。
ひたすら修行に集中していたシヴァ神に対して、その妻である女神の想いを気付かせるために矢を射(させられ)た逸話が有名。
かつてターラカという魔神が神々を苦しめていた。それを倒せるのはシヴァとパールヴァティーの子だけであると知った神々だったが、そのときシヴァは修行に集中するあまり、パールヴァティーにまったく目を向けていない状態であった。
これに困った神々はカーマを派遣し、シヴァに情欲の矢を撃つことで夫婦の愛を取り戻させようとした。
だがカーマの行為にシヴァは激怒し、第三の目を開いてカーマを焼き殺してしまったという。
万物を、すなわち宇宙を破壊する神であるシヴァの力を直接その身に受け、灰とされてしまった。
シヴァは『宇宙の破壊』を司るものだとされる。
その第三の目、『宇宙を焼く存在』としての力を直接に受けて灰=無=身体無き者となってしまったカーマは、逆説的に 宇宙たる資格を得た。
『そうである力』によって、自分自身のかたちが同種の無と化してしまったことによる、無辺際の領域との概念的同化。すなわち『身体無き者』としてのカーマは宇宙という概念と繋がり、『シヴァの宇宙』そのものとなった。


カーマは別名マーラと呼ばれ、同一存在の別側面であるとされる。カーマ/マーラとして一括りに語られることも。
マーラの語源は「殺すもの」とされており、「魔」「魔羅」「魔王」などと訳される。
仏教においては六欲天の第六天、他化自在天に住まう「第六天魔王波旬」である。
マーラは釈迦が菩提樹の下で悟りを開こうとした際、様々な邪魔を行なってそれを阻止しようとした。
美しい三人の娘を送り込む(自身が変じたとも)、火の円盤を投げつける、岩石や武器を降らせる、怪物達に襲わせる、豪雨や嵐……
しかし釈迦は投げられた円盤や武器を花に変じてしまい、悟りの阻止はできなかった。


シヴァの邪魔をするカーマ、釈迦の邪魔をするマーラとして示されるように、「修行者を邪魔するもの」としての位置づけである。
カーマ/マーラは愛という概念の良否を同時に表している神だとも言えるのかもしれない。


マーラはFateにおいては「愛神カーマと同一視される別の神性」という扱いである。
この悪魔はシヴァ達が基本的に監視しており容易に表に出られない、影響を強めることが出来ない神性とのこと。
しかしインド異聞帯にてマハーバーラタの時代でアルジュナがシヴァを含めた一帯の神々を全て吸収してしまう。


神霊パールヴァティーは間桐桜の光の部分を依代として受け入れ疑似サーヴァントとして成立させるがその過程で桜の悪側面は切除されてしまった。
神霊カーマ/マーラにあるのは"人間を堕落させる方向性"としての権能だけである。
残った桜の闇の部分にそのほんの一端の分霊が惹かれ一体化、疑似サーヴァントとして成立する。
もとより存在が不安定であったカーマ/マーラだが彼女の運命性と一致する事で強固な霊基を獲得することになった。


カーマは宇宙の肉体を得たが、それは同一存在の魔王であるマーラが無辺際の領域 (宇宙) の力を手に入れたことに等しい。
『宇宙と繋がった欲望の魔王』が、『宇宙と繋がった愛の神』に等しいという最悪・災厄。カーマは『愛と欲望の宇宙的氾濫』という災害を内包する存在となり人を滅ぼす獣の幼体となる資格を獲得する。
七つの人類悪の一つ、『愛欲』の獣、ビーストⅢ/R(殺生院キアラ)は既に顕現した。それに連鎖するように。『自分にすべての愛を向けさせる』その獣とは方向性が真逆な、しかし同じ愛欲の、『自分がすべてに愛を与える───即ち、すべての (本来、愛しい人に向けられる)愛を奪う』獣の幼体として、カーマ/マーラは顕現する。


彼女は基本的にはカーマ寄りの経歴であるが釈迦を邪魔をした事などマーラとして経歴も部分的に持っている。
また間桐桜としての経歴は基本的に持っていないがパールヴァティーに悪側面として切り捨てられた記憶は実感として持っており善性のみで構成された「光に満ちた自分《わたし》」に嫌悪感を抱いている。


本来のカーマは愛された神であるが大元のほんの一側面でしかない疑似サーヴァントのカーマ/マーラは愛されなかった神である。
地上に愛が少ないのは全て愛の神《おまえ》が、魔王《おまえ》が悪いと決めつけられ、報われない愛の取り持ちに使われ失敗した責任を負わされる。
そして最期には灰にされて殺された。
これより彼女は
カルデアに勝利し敗北したビーストⅢ/Rにマウントを取る。
ビーストⅢ/Lとして完全に羽化をし無限の愛を与え全力でみんなに仕返しをする。(大嫌いな人間たちを上から目線で、踏み躙るように、無限無尽に愛する)
以上を目的として世界に顕現した。


やがてその計画は失敗に終わり春日局、パールヴァティーによって空の彼方まで飛ばされる。
内面概念宇宙(インナースペース)の恒星に引かれ落ち炎に焼かれ灰になろうとしていたカーマを彼女によって焼かれたことで侵入したキアラが憐れみ、掬い上げ同じ獣性を持つ者の情けとして主人公とカーマとの間に縁を繋げカルデアにて召喚される事となる。


関連[編集 | ソースを編集]

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

Fateシリーズ[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order
期間限定イベント『徳川廻天迷宮 大奥』に伴い期間限定でガチャに追加。イベントガチャ限定サーヴァントであり、恒常的な入手手段は現状ない。

その他[編集 | ソースを編集]

ちびちゅき!
第一再臨のロリモードで初等部所属。
なお、年齢を自由に変えられるので初等部から高等部までどこに所属しても問題ないとか。

人間関係[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order[編集 | ソースを編集]

主人公 (Grand Order)
自分と契約した酔狂なマスター。パールヴァティーに似た善性に苛々するも、目で追ってしまう存在。
キアラ同様、隙を見せたら堕とそうと思っているが、当面は壊れて欲しくない玩具。
殺生院キアラ
『徳川廻天迷宮 大奥』での経緯もあり、見て見ぬ振りをしようと決め込んでいる。
BB
同じく「間桐桜」を根本に持つ少女。愛で生き方を大きく変えたという面でも同じであるが、生まれた世界も育った過程も異なりその結末は正反対に近い。
同じ場所にいるのはお互いバグのようなものであり極力近づかないようにしている。
メドゥーサ
依代の少女の聖杯戦争のパートナーであったサーヴァント。
現在、疑似サーヴァントであるカーマはパールヴァティーと同じくその記憶を封印しているため思い出す事は出来ないが気になってしまう存在。
メドゥーサ自身も今の居場所で笑えている彼女を陰ながら見守っている。
織田信長織田信長〔バーサーカー〕
何故か第六天魔王を名乗っているため「自分のファン?」と首を傾げている。
ガネーシャ
父親と母親への因縁を利用して嗾けようとしたが、断られてしまった。
アシュヴァッターマンアルジュナ〔オルタ〕
シヴァ神に関連する人物であるため、露骨に嫌っている。
ナーサリー・ライムジャック・ザ・リッパージャンヌ・ダルク・オルタ・サンタ・リリィポール・バニヤン
パールヴァティーの幕間の物語では、子供の姿で彼女達に混じってレモネードを売っていた。
また、彼女達の言動からすると、大人の姿でも接触しているようで、「自分はその妹である」という設定で通しているようである。
ヴリトラ
期間限定イベント『栄光のサンタクロース・ロード』で共演。
カルデアのインド関係者その他に嫌がらせする為に協力を申し出るものの、それが「愛」に当たってしまうことについては若干嫌がっていた。
アルジュナ
期間限定イベント『栄光のサンタクロース・ロード』で共演。
エピローグにて、「オルタの自分にプレゼントをしたかったのでは?」と余計なちょっかいを出してしまい、弓を向けられるハメになってしまった。
カレン・C・オルテンシア
期間限定イベント『カルデア・ビター・バレンタイン2021』で出会った相手。
同じ愛の神ということでライバル意識と「仕事を押し付けることができる」という意識でマウントを取ろうとするが、逆にやんわりと上回られ、ブチ切れてシミュレータで戦うことに。
過去のイベント同様に宇宙属性を持っていたためにゴッドバズーカの直撃が大惨事になってしまった。
清少納言
期間限定イベント『カルデア・ビター・バレンタイン2021』で、上記のカレンに会おうと無理矢理小脇に抱えられて連れていかれた相手。
あまりの無茶苦茶っぷりに呆れかえっており、「おばかさん」と冷たい態度をとっている。

ちびちゅき![編集 | ソースを編集]

黒桐鮮花
葛木先生の素行調査をしたい彼女から、ハニートラップ役として依頼を受けた。
葛木宗一郎
上記の依頼を受け、籠絡するべく策を講じた。
スルト
クリスマス回でオフェリア・ファムルソローネの放っていたラブコメオーラがムカついたのか、「キリシュタリア・ヴォーダイムのクリスマスプレゼントを交換して彼女に持っていけ」と嫌がらせじみたアドバイスをしていた。
遠坂凛
依り代になっている少女の姉。
「遠坂神社」でお神籤を書くアルバイトをしており、カップルにとって気まずい内容を書いた挙句「繰り返し引くから売上アップ」と丸め込んでしまった。

生前?[編集 | ソースを編集]

シヴァ
依頼を受けてパールヴァティーのために彼の修行をやめさせようとした結果、炎で燃やされて灰になってしまった。
パールヴァティー
上記の経緯もあって非常に嫌っている。愛にうんざりしている自分に対して夫とラブラブなのも気に入らないようである。
カーマは悪の側面としての依代の少女でもあるが
善の側面としての依代の少女であるパールヴァティーが一体化するにあたって良くないものとして切り捨てられた為、自虐しながらも光に満ちた自分を嫌っている。[出 1]
ラーマ
クリシュナ系列に転生先として実は少し関わりがあるらしいが疑似サーヴァントとしての今生のカーマはそれを意識しない。

その他[編集 | ソースを編集]

間桐桜
自身とパールヴァティーの疑似サーヴァントとしての依代となった人物。
「二人の神の依代になれるなんて、どれだけ聖杯に運命を狂わせられたのだろう」と同情的。
『ちびちゅき!』のクリスマス会では幼少時の彼女に対し、他人事とは思えなかったのか珍しく姉にプレゼントを渡す手伝いをしていた。

名台詞[編集 | ソースを編集]

イベント[編集 | ソースを編集]

「1本のペットボトルを回し飲みしたり、イヤホンを片方ずつ耳に嵌めて聞いたり……?」
「え、そういうのでいいんです? プラトニックすぎません?」
「逆に恥ずかしくなってきますよ私。校舎裏とか体育倉庫とかに行かなくていいんです?」
幕間『愛/堕落はいつでもあなたの側に』で、主人公が恋人としたい潜在的願望を覗いた際の台詞。
過去様々な人間を堕としてきたカーマにとって、性的欲求がない健全な恋愛観はあまり馴染みがないことがわかる。
「貴方は、私のような愛の神のことをどう思っているんです?」
「情欲の矢を放ち、人間たちの中に愛という不確かなものを行き来させる、あるいは魔と同義の存在のことを?」
同上。まともな仕事のできない、歪んだ愛の神をサーヴァントにしている、酔狂なマスターさんへの質問。
カーマの方もそんなマスターをどう思っていいのかわからず、この際互いのことをはっきりさせようと踏み込んでいる。
(はぁ。今更ながらに理解しました。なんとなくわかったような気がします)
(漂う善性だけでなく、私にとって、存在感の大きさが似たようなモノなんですね)
上記『迷っているときに背中を押してくれる神様』『大事な一歩を踏み出す勇気をくれる神様』という清廉とした回答を聞いて。
そのストレートなところがパールヴァティーにそっくりだと、彼女の名前を口にしてようやく得た答え。
パールヴァティーは『神としての私』、マスターは『ここにいるサーヴァントとしての私』の根源に関わる存在ゆえに、目で追ってしまうし、忘れられないし、無視もできない。
「私は貴方を無間の愛の中に飲み込んでしまうかもしれません。」
「覚悟しておいてください。」
「私みたいな面倒臭い愛の神は、背中を押して一歩踏み出させるどころか」
「二度と這い上がれない堕落の断崖に、能天気で危機感のない貴方を突き落とす隙を。」
「ずうっと、ずうっと、窺っているんですからね……?」
同上。能天気な彼/彼女への忠告でもあり、マスターをずっと見続けているという脅し・宣言。

マイルーム[編集 | ソースを編集]

「え?そもそも愛とはなんなのか、ですって?
そんなこと口にするのも嫌です。考えるのも嫌です。
それくらい、私は愛というものに倦んでいます。
そんなに興味があるなら、貴方が私に教えてくださいよ。
愛に疲れ絶望しているこの私に、もし愛の素晴らしさなんてものを思い出させてくれたら……
……いえ、なんでもありません。
とにかく、もう完全に貴方は私の中なんです。絶対に逃げられない。
それだけは、忘れないでくださいね……マスター」
「第3臨&絆Lv5」の台詞。
愛を知りすぎ、愛に近すぎて愛に倦んだ神は他人を愛することは出来ても自分だけは愛せなかった。
その神はこの宇宙に星屑のように溢れているのに、自分の中にだけ存在しないその幻が誰かの手で与えられる時を待っている。
もし誰かが愛の素晴らしさを教える事が出来たのなら、愛される事を知らない彼女の中にも、いつかは───

メモ[編集 | ソースを編集]

  • 再臨の度に体型が大きく変化するサーヴァント。服装やモーションが再臨段階で大きく変化するキャラは珍しくなくなったが、体型の成長レベルの変動を行うサーヴァントとなると、類例は現状諸葛孔明〔エルメロイⅡ世〕のみだろう。加えて彼女の場合はボイスセットも3段階それぞれに一通り用意されているというかなり大規模なキャラ実装。
    • 召喚時は幼女だが、第一再臨では十代の少女、第三再臨では爆乳な上にキアラより露出度が高い女性となる。
      • ....にしろ、妹にしろ、姉妹揃って扇情的な姿になる。ちなみにイラスト担当のReDrop氏はそれまでに「ドスケベ礼装」という通称を賜ったイベント限定概念礼装を数多く手がけていた。
      • なお、中国版では修正が入ったのだが、「どこが修正?」、「日本版よりエロい」と言われている。
  • 暗黒面を出した桜、通称「黒桜」を依代とした疑似サーヴァントについては、同じ桜の疑似サーヴァントであるパールヴァティーが「桜の光の面のみを使って暗黒面は削ぎ落した」と発言していた事から、いつか実装されるのではないかとプレイヤー間では噂されていた。
    • ユーザーの予想としてはパールヴァティーの別側面であるドゥルガーやカーリーが候補として挙げられていた。なお、カーマの存在は当初からスキル名などで関連をほのめかされていた。
  • サーヴァントとしてのカーマの性別は、少なくともゲームシステム上では明確に「女性」とされている。しかし復刻正月イベント「雀のお宿の活動日誌(閻魔亭繁盛記)」では性別:女性でありながらフリークエスト「お手伝い 男湯掃除」に出撃出来たりホワイトデーイベント「アイアイエーの春風(魔女と愉快な仲間と新しい冒険)」でも同じく男性サーヴァント限定イベントボーナスを得られていた。その一方でバレンタインイベントではチョコの受け渡しの両方が出来る性別不明サーヴァントとは異なり女性サーヴァントとして「カーマから貰う」ことしか出来なく、性別に関する扱いが一定しておらず二転三転しているように見えていた。
    • これに関しては当初は詳しい言及がなく単なる設定ミスの可能性もあり得たが、諸般の考察では「カーマは元々は男性神である」事から男性として活動する事も可能な存在なのではないか(なので男湯に入る事も可能)、と言われていた。こちらはゲーム内プロフィールの「マーラ・パーピーヤス:EX」の項目にて別側面であるマーラの逸話により肉体の性転換の可能性が仄めかされていたのも考察の根拠だったが、2020年5月2日に発売された「Fate/Grand Order materialⅧ」にて詳細が公開されたクラススキル「愛神の神核:B」によりそれが可能であることが判明した。
    • バレンタインチョコが「カーマから貰う」事しかできない事についての言及は未だ無いが、そもそもカーマというサーヴァントがビーストⅢ/Lから生じたものである事を考えると、「カーマにとって愛とは与えられるものではなく与えるもの」であるためと考える事ができる。

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 表記の性別・身長・体重は基本状態のもの。クラススキル「愛神の神核」により相対する者の好みに応じて、肉体を年齢感と共に変化させる事ができる。
  2. 「徳川廻天迷路 大奥 終幕-2」にてカーマのキアラに対する二人称が「アナタ」となっており普段の丁寧な口調もタメ口となっている。

出典[編集 | ソースを編集]

  1. 『パールヴァティー体験クエスト』,『徳川廻天迷路 大奥』二幕其の四『対面』より。

リンク[編集 | ソースを編集]