間桐慎二

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索
間桐慎二
読み まとう しんじ
初登場作品 Fate/stay night
声優 神谷浩史
身長 167cm
体重 57kg
イメージカラー 群青
特技 名推理、探し物
好きな物 子犬、特権
苦手な物 無条件で幸せな空気
天敵 遠坂凛美綴綾子
デザイン 武内崇
テンプレートを表示

概要[編集]

衛宮士郎の友人で間桐桜の兄。穂群原学園弓道部の副部長を務める。クラスは2年C組(『hollow』では3年C組)。

ライダーのマスターとして第五次聖杯戦争に参加する。

略歴
魔術師の家系・間桐家に生まれるものの、一族は衰退の一途を辿っており、彼の代でとうとう魔術回路を失った。生まれながらに魔術回路を持たない慎二は、魔術師ではない一般人である。しかし、間桐の蔵書から魔術の知識を得ており、「特権階級」としての選民意識が強い。
士郎との馴れ初めは中学生時代。成り行きで文化祭の看板作りを周りから押し付けられて一人で作っていた士郎に対して、後ろで悪態を吐きながらも一晩付き添い(手伝いはしていない)、出来上がった看板を見て「お前馬鹿だけどいい仕事するじゃん」と素直に笑ったことがきっかけ。
以降は士郎を馬鹿にしながらも親しい友人として付き合うように成り、彼を利用しようとする人物に影で社会的制裁を加えたり、自分の家に招待したりと、ちゃんと(?)友人をやっていた。
彼にとって「使える奴」という評価は相手を認めているということ。士郎は彼にとって(自覚しているかどうかはともかく)ライバルであり、なくてはならない存在。ただしそれと好悪の感情は別であるため、容易に敵にも味方にもなってしまう。
第五次聖杯戦争において、戦いを嫌がった桜の代理マスターとして、ライダーを借り受け参戦。
この際、士郎が自分にはなることができない本当の魔術師であったことを知り、大きなショックを受ける。それでもライダーを得たことでかろうじて自尊心を保ち、本心から士郎に同盟を持ちかける。だが士郎に断られたことで逆上する。
なお、この手の小悪党のお約束か、セイバールート・桜ルートでは死亡するが、最後まで生き残る凛ルートでは聖杯戦争終了後に憑き物が落ちたかのように穏やかになり、桜とも良い関係を築けるようになった。基本的にセイバールートの流れに準拠した西脇だっと先生の漫画版でも生き残り、病室に花を生けてくれていた桜に「わざわざすまないな」と言っている。
だが、『hollow』では逆に桜より立場が弱くなっており、むしろ桜に対して恐れすら抱いている。半年の間に何があったのだろうか。
人物
気難しく、鼻持ちならない人物。成績は常に学年トップクラスにあり、弓道部の副主将を務めるだけの弓の実力を持つ。基本的には、努力が嫌いでありながら、なお高い能力を発揮する天才肌の人物。一般人としてであれば、十分な実力を持ち合わせている。
だが屈折した過去と、劣等感を刺激される人間が身近にいたことから歪んでしまった。
生まれつき魔術回路を持たない彼は、間桐の家にとっては「いらない子供」であったがそのことを中学時代まで知らなかった。なまじ他の面で優秀であり、「自分は他人より優れている」と自覚していたのに最も望む魔術の才能を持ち合わせなかったことから、鬱屈した感情を募らせていくこととなる。
桜に対しても、当初は遠坂家からもらわれてきた彼女に哀れみを感じ、多少のいじめをしつつも兄として可愛がっていた。しかし、中学時の時代のある時に、桜が魔術教育を施されている場面に出くわしたことで、桜こそが間桐の正式な後継者であり、自分がいらない子であったことを自分だけが何も知らずにいたこと、今まで哀れんできた桜に「……ごめんなさい、兄さん」と言われたことで実は自分こそが桜に哀れまれていたことを知ってしまう。
以降は慎二が自分の境遇を知ったことで開き直った父や祖父から空気のようにどうでも良い存在として扱われただけでなく、自分が欲しかった物を全て持っている桜からも哀れまれ続ける、慎二にとって「いっそ無視してくれれば良かった」とまで思いつめる苦痛の三年間を味わうこととなる。この自分の理想とする世界と自分のいる世界のギャップは彼の性格を大きく歪めることとなり、自分に謝り続ける桜に対して侮辱の代償に何をしてもいいと思い込んでいった。
良家の子ということで金回りが良いため、学園でも普通の女子には良くモテる。しかし同性や一部女子には受けが悪く、桜に対し日常的に暴力を振るっているため、感覚が麻痺し、女子に対して暴力を振るうことに抵抗が無い。
アクの強い人柄ではあるが、衛宮士郎、柳洞一成、間桐慎二の三人が揃うととてもバランスのいい友人グループになるのでは、と言われている(実際、球技大会や修学旅行では三人で行動している)。
様々な問題を抱えて歪んでしまってはいるものの、言峰綺礼のような真性の悪人ではなく、倫理観が欠落する魔術師でもなく、あくまでも一般人の感覚で聖杯戦争を戦っており、凛は彼を「人畜無害な存在」と評している。ただし、一般人であるがゆえに、サーヴァントの強大な力を自身の欲望のために悪用するような小人物でもある。
能力
聖杯戦争では、魔術の素養がない彼が活躍できる道理もなかった。だが知識だけは持ち合わせており、ライダーのマスターの時は影の魔術を行使するが、偽臣の書の力を借りた物に過ぎない。

ワカメ[編集]

彼の髪に由来する愛称(蔑称?)。
最早メーカー公認のネタであり、桜の日記帳にワカメのイラストが描かれていたり「トラぶる花札道中記」でMPがWP(ワカメポイント)になっていたり。
Fate/Zero』アニメ版で判明した父の間桐鶴野も同じくワカメ。設定資料で公開されている間桐臓硯も、髪型こそ違え髪質は同様に見える。髪がワカメであるのは間桐家の遺伝であるらしい。

間桐シンジ[編集]

『Fate/EXTRA』に登場する慎二。アバターの外見は同一だが、実際には別人。 詳しくは間桐シンジ参照。

間桐少佐[編集]

帝都聖杯奇譚』における慎二。陸軍所属で階級は少佐。
設定上は間桐慎二そのものではなく、間桐家が現代ほど落ちぶれる前の、まだ少しは魔術回路が残っていたころの間桐家の魔術師。

詳細は「間桐少佐」を参照。

桜の兄[編集]

プリズマ☆イリヤ ドライ!!』における慎二。

略歴
過去の時間軸において登場。
五年前の事件で既に死亡しており、その意識をエインズワース家の「置換魔術」で人形に置き換えして使役されている。
ジュリアンからの刺客として桜と士郎に対して襲撃し、士郎を守ろうとした桜を始末するが、士郎が夢幻召喚すると形勢逆転され圧倒。
その後は巨大化と見せかけたハリボテによる囮を作って士郎を背後から仕留めようとするが、その際に桜の形見であるマフラーが舞ってしまった事で士郎に察知され、逆に仕留められてしまう。その後は何が起きたのかを思い出し、士郎に自分を殺すように頼み、最期を遂げた。
人物
容姿は『stay night』の慎二とほぼ同一だが、本編と同様自己顕示欲が強い上に、前述のように「置換魔術」の影響からか明らかに正気が失われており、自分が何者なのかも見失いかけているが、士郎に殺害される間際にようやく正気に戻った。
能力
『stay night』の慎二と異なり、少なくともクラスカードを使用できる程度の魔力はある模様。
アサシンのカードを限定展開・夢幻召喚して使用するが、Fate本編同様に自己顕示欲の強い性格故か、使い慣れていない面を考慮してもあまり使いこなせていない。

クラスカード / 宝具[編集]

ここでは慎二の固有の仕様や、作中での使用状況を記述する。

クラスカード・アサシン
限定展開
先端に短剣が結びつけられた紐状の武器を得る。
夢幻召喚
英霊ハサン・サッバーハと一時的に同化し、アサシンの宝具とスキル、身体能力を会得する。
アサシンのカードに描かれたような服装に脊椎の欠片がくっついた頭蓋骨下顎部のようなマスクを装着し、右腕は失われて上述の紐状武器が無数にくっついているという悍ましい姿になる。この武器は腕そのものでもあるらしく、切り落とされても相手に巻き付いて動きを阻害し、増殖させて全身を覆って巨大化させることも可能。
脚にも包帯が巻かれているが、その下にも刃が縫い付けられていて武器として使用可能。
真名はまだ公開されていないが、基本的なデザインから推測されるものは「ハサン・サッバーハ」。宝具名称やその効果、右腕を主に伸ばしている様子を見る限り呪腕ハサンを思わせる。
亡奏心音(ザバーニーヤ)
アサシンの宝具。上述した紐状武器が縒り合わさって巨大な腕を形成し、敵の胴体を貫通して抉り抜く。直撃した間桐桜の令呪の形に刳り貫かれていたことから、何らかの特別な効果も存在すると思われるが、現時点では不明。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/stay night
主人公の友人でライダーのマスター。間桐の蔵書から魔術師の知識を得ているためか、採る戦略が外道であり、士郎や凛と敵対することになる。
Fate/hollow ataraxia
ほぼギャグキャラと化した。桜の影にビクつき、安らぎ求め港に行けばランサーに絡まれる、不幸の人。
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
『ドライ!!』以降に美遊の世界における彼が登場。
正気を失った様相で、アサシンのカードを用いて桜と士郎に襲いかかる。

Fate関連作品[編集]

フェイト/タイガーころしあむフェイト/タイガーころしあむ アッパー
地上最強のモテ男、慎二……あれ?
アッパーでは出番はあるものの個別のシナリオモードはなし。
氷室の天地 Fate/school life
本編の重要キャラとしては珍しく、比較的出番が多め。氷室鐘に弱みを握られるも、本人に自覚なし。
その後、沙条綾香に物理的に弱みを握られることに。

その他[編集]

TMitter2015
東京在住の大学生。光のカプさばおじさんに出会い、子供の頃にやっていたカプさばを通して闇のカプさば使いとの戦いに巻き込まれてゆくが……
Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚‎
スターシステムとして「間桐少佐」として出演。バーサーカーのマスター。
ちびちゅき!
冬木の「慎二」と『EXTRA』の「シンジ」の両方が登場。
冬木の「慎二」はドレイクにマスターと間違えられて連れて行かれ、後に人違いと判明しても一緒(?)に行動している。
カプセルさーばんと
敵マスターの一人。大昔のアイドルのような格好をしており、「天才カプさば使い」を自称しているが、実力の程はお察しの通り。

人間関係[編集]

冬木[編集]

間桐臓硯
祖父。桜ルートでは幾度となく失敗し、ライダーを消滅させかけたことで完全に見限られ、失敗作と罵られた。
間桐雁夜
叔父。『hollow』によると、慎二は彼が聖杯戦争に参加して死亡したことを知らないようである。
間桐鶴野
実父。特に絡みは書かれていない。
間桐桜
義妹。何かと辛辣な態度で接する。憐れんでいた彼女に実は自分こそが逆に憐れまれていた事実が彼を歪みに導いた。ルートによっては彼女の手で殺害される。『hollow』では立場が逆転し、彼女の怒りに震える日々。
ライダー
使役するサーヴァント。魔力供給は桜に担当させているもののやはり彼自身が完全な魔術師でないため、火力や装備面で能力を低下させている。慎二の命令に粛々と従っている彼女からも内心では嫌われている。
ギルガメッシュ
UBWルートで契約したサーヴァント。とはいえ、元々契約者が言峰である上に本人も馬鹿にしていた(つまり契約したと言っても単なる口約束に過ぎない)。色々と文句は言っていたが、流石の慎二もその迫力は怖かった模様。最後は当然のように使い捨てられた。
真アサシン
祖父臓硯が召喚したサーヴァント。本編では面識が無いまま終わるが、派生作では「坊ちゃん」と呼ばれそれなりに丁重に扱われている。
遠坂凛
以前に告白、振られるも諦めず気を惹こうとアプローチを繰り返す。そしてベアナックルでコンビネーションをお見舞いされる。
衛宮士郎
付き合いの長い友人。『stay night』の開始時点では、とある事件をきっかけに関係が冷え込んでいる。『hollow』では友人(と言うより、腐れ縁)関係に戻りつつある。
柳洞一成
反りのあわない知人。『hollow』では士郎を巡って三角関係を展開する。
美綴綾子
弓道部主将。天敵であるとされるが、『stay night』本編で二人が絡む直接的なエピソードは特にない。
沙条綾香
『氷室の天地』にて興味本位で言い寄るものの、彼女からは相手にされなかった。
さらには賭け勝負で負けた挙げ句頭を丸刈りにされ、黒魔術師である彼女に「髪の毛」を大量に握られたことで脅されるハメに。
言峰綺礼
UBWルートで保護を求めて駆け込んだ。その先でライダーを罵り、自分の負けを正当化する言い訳を延々と吐く醜態に内心呆れるが、本人は気付いていない。その後、駒としてギルガメッシュと組ませる。
バゼット・フラガ・マクレミッツ
ドラマCDで競演。メイドとして雇うものの、あまりにもダメすぎる為に正論だが嫌味な指摘を繰り返した。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!![編集]

ジュリアン・エインズワース
彼からサーヴァントカードを受け取り、聖杯戦争に参加する。
「ジュリアン様」と不遜な慎二にしては珍しく様付けで呼ぶが、死後の人格置換で弄られた結果であり、素の状態ではそんな行為を心底嫌悪していた。
間桐桜
Fate本編通り妹だが、年の差が元より5年分プラスされている。このため、才能に嫉妬して辛く当たることはあってもFate本編程には凄惨なものにはならなかったとのこと。
人格置換の結果精神が破綻したことにより、狂気のままに手にかけてしまった。

ちびちゅき![編集]

繰丘椿
レクリエーションで相手をする。幼い頃の桜に印象が似ているとのことで感情移入していたが、怖い保護者に睨まれる羽目に。

その他[編集]

ペルセウス
生前のライダーを殺した英雄で、ライダーが「成功したシンジ」と評するほど慎二に似ているらしい。

名台詞[編集]

Fate/stay night[編集]

「は、はは、あはは。あはははははは!見たか衛宮!これが僕とお前の力の差だ!」
彼の三下っぷりを際立たせる台詞。
「僕は、許されるのか……?」
漫画版のオリジナルシーン。
自分を憎んでいると思い込んでいた桜に助けられ、憑き物の落ちた彼は日常に戻っていく。

Fate/hollow ataraxia[編集]

「おまえ、馬鹿だろ」
かつて文化祭の準備を一手に引き受けてしまう士郎を見ての一言。馬鹿にしつつも愚直な士郎の姿は慎二にもどこか眩しく見えたのだろう。二人の友情はここから始まった。
「そ、それをおまえが唆すから僕と爺さんが養鶏所のチキンみたいに震えなくちゃいけなくなるんだぞ……!
 ああもう、とっくに我慢の限界だよ!なぁ衛宮ぁ、桜を助けたんなら僕たちも助けろよぅ!」
上の台詞から半年後。
全ての牙を抜かれ、食事時の視線にすら耐えられないほど磨耗した間桐家の人々であった。……もっとも、桜が作った料理を残したり、ついクセで嫌味をいってしまう事を怒られているので、自業自得である。
「……フ。素人だね。その考え、地獄を見たコトのないヤツのスイートさサ。本当の恐怖ってのは奪う事より与える事なんだって知ってるかい?」
黒くなった桜に、身も心もやつれてしまっていた。ただ桜の名誉のために言っておくと、ほとんど彼の自業自得である。
「どうよ衛宮、桜の出番の多さに対して僕三回だぜ?」
「もともと僕ぁ陰湿な性格なんだね。正しい間桐の血を引いてるんだね。爺さんも父親も、父親の弟も、こーゆー風にはじっこで悩んでるのがお似合いなのね」
メタ台詞で暗黒面をのぞかせる慎二。
「しかしなんだね。まさか衛宮と二度も卒業の話をするとはね。」
衛宮の家で、駄弁り合う男子高校生二人。趣味は合わないけど、長く続いている腐れ縁。
聖杯戦争中からは想像もできないほどに穏やかな顔で、どこにでもいる高校生らしい姿。士郎からすれば、こっちが本来の彼なのだろう。

フェイト/タイガーころしあむ[編集]

「ヒィ! お、おかしいじゃないか! これが死にかけた奴の戦闘力か!?
 ら、ライダー!ライダー!! 命令だ! ボーッとしてないで、コイツをなんとかしろ!」
葛木ルートにて、既に満身創痍状態の葛木宗一郎に真アサシンともども撃破された直後。
『stay night』本編以降の慎二は基本ギャグキャラだが、各人が本編以上に真面目な葛木ルートでは久しぶりにその屑っぷりを見せつけてくれる。

氷室の天地 Fate/school life[編集]

「美しさは罪!微笑みさえも罪!私を愛さない人はいない!」
市民マラソンのコスプレ部門で、圧倒的な女性票を獲得して優勝。陸上部から一本取った。なお、慎二が勝者となったのはこれがシリーズ初である。
なお余談だが、この台詞の元ネタはアニメ『パタリロ!』のエンディング曲「美しさは罪」。ただこの曲、アニメの内容と相まって同性愛を強く示唆したものなのだが、そんな喜び方でいいのか慎二。

プリズマ☆イリヤ(平行世界)[編集]

「そうだよ僕こそが間桐家の正式な後継者 名前は間桐…マトウ……
 …………………………………………なんだっけ?」
『ドライ!!』平行世界にて、桜の兄を名乗り士郎と対面して。この時点ですでに慎二が正常ではないことがわかる。
「射精の百倍気持ち良かったぜ!? お前もやってみろよォ!!」
「妹を殺した気分はどうだ」と士郎から怒りを向けられて。
この時点で妹の為に正義を投げうつ決断をしていた士郎にとっては到底看過できる言葉ではなく、当然激怒した。
余談ではあるが、Fateシリーズの長い歴史の中で唯一、桜を殺害したシーンである。
さらに余談ではあるが、このシーンは回想であり、士郎がイリヤや美遊達に語り聞かせているはずである。いったいどのような言い方で上記の内容を説明したのであろうか。
「………………………疲れたな………………………」
「もう十分だ…殺してくれ 衛宮」
致命傷を負わされ、全ての記憶と人格を取り戻し、疲れ果てて士郎に介錯を求めた時にて。
この時の慎二はアサシン状態ではなく、慎二本来の、かつ疲れ切った穏やかな表情をしていた。
「……その感触を覚えておけ お前はこれからも いっぱい…殺すんだろう?
 僕はもう…ごめんだ 先に……地獄で待っててやる…」
上記から士郎に介錯をされた直後の最期の言葉。
「もうごめんだ」ということは、上記のように妹を殺したことは彼の本心としては堪え難かったのであろうか。

メモ[編集]

  • 制作サイドに愛されているキャラの一人。
    「ギャグでこそ輝く逸材」という扱いを受けており、慎二が絡むとそういうエピソードの構想がはかどるとかなんとか。
    • そのためか『CCC』ではメルトリリスから「喜劇の王」や「人に指を指されて笑われる時だけ輝ける存在」という批評を受けている。
  • 聖杯戦争中は、マスターとなれたことで増長し、ハイになっているため、普段より割り増しで傍若無人な性格になっている。普段の慎二は、あそこまでひどい人間ではない、とされている。
  • 奈須氏いわく、「誰かが横で太鼓持ちをしてあげれば、いい感じで回るような男」。武内氏いわく、「ちょっとうざいホームズ」。でも実際にはそんな人物には恵まれず、歪んでしまった。
  • ケチャップはデルモンテに決めており、桜が買った生協のケチャップの味を見直したが認めない。
  • Fate/Zero』の頃は留学の名目で海外に出されており、不在。
  • 運動能力はそれなりに高く、『氷室の天地』で行われたセパタクローではポイントゲッターになっていた。
    • また、弓道部副部長は実力でなったものであり、士郎にもその腕は高く評価されている。
  • 『hollow』にて、卒業後は間桐を出て上京することを明かした。魔術師への憧憬や劣等感は完全に無くなったようである。『Fate/complete material III』によれば、「根は変わりませんが、憑き物(魔術への執着)が落ちたので、気難しく、口うるさく、人並み以上に頭の回転がいい、困った人として楽しく生きていくでしょう」とのこと。
  • ライダーの能力を慎二と桜で比べると、全体的に桜のほうが高いが実は運だけは彼の方が高い。
    • 『EXTRA』で契約したライダーの幸運もEX(規格外)と破格で、素の能力かもしれないが彼の影響を受けていると思われる。(もっとも本編の慎二とは能力からして別人設定なので一概に比較はできないが)
  • 桜ルートの没案には、士郎が慎二と組んで黒桜に立ち向かうシナリオがあったらしい。
  • アニメ版『Fate/stay night[UBW]』でギルガメッシュの『王の財宝』に収納された上に射出されるという快挙(?)を果たす。英雄王の選定眼に認められたことを考えるとある意味凄い。
  • 『stay night』とは別世界線を舞台にした『氷室の天地』では綾香に頭を丸刈りにされており、その後同じ髪型のカツラを渡されている。蒔寺に「ギルティクラウン」と命名されたそれは極めてズレにくく、着用してもそれと気づかれない程の質の高さ。極めて丈夫にできているため、冬木局地地震(第五次聖杯戦争最終局面に対する世間一般向けの説明)時に「家具が倒れた際に頭を打ち、直接見ていた妹からも死んだと思われるほどの多量出血をした(世間一般向けの説明)」際にもカツラのおかげで入院程度で済んでいる。…件のシーンの真実を知っているプレイヤーは苦笑必死な展開である。
  • 『EXTRA』シンジのシリーズを重ねるごとの成長が評価されてゆく一方、冬木慎二の残念ぶりが増した感もある。『EXTRA』シンジは実年齢8歳ということもあり「8歳児と同レベルの精神面って……」と前作からネタにされていたが、『CCC』に至ってはシンジの急成長ぶりによりさらに水をあけられてしまった。
  • 『プリズマ☆イリヤ ドライ!!』における平行世界の慎二は自らが「慎二」だと名乗ることすらできない状態にあり、元の世界でも慎二は登場していないため初登場時点だと厳密に言えば本名は不明である。……雑誌掲載時は煽り文で堂々と名前が書かれてしまっていたが。
    • 上記の通りエミヤを夢幻召喚した士郎と激突し、囮を使って撹乱し背後を取らんと行動したのだが、その際に膨張増殖で巨大化。もちろん、その時点で読者にはそれが囮のダミーとは気づかない。結果として、この囮は読者らから「増えるワカメ」と呼ばれる事に。
      • というか、作者ひろやまひろし氏自らこの回のコンプエース巻末の作者コメントコーナーで「少ページで申し訳ありません。ワカメが増えて……。」とネタにしていた。
  • 『Grand Order』に直接登場してはいないが、同作序章のアニメ『First Order』で、メドゥーサ〔ランサー〕に石化された人々の中に「誰かに似ているが、あえて誰かとは言わない石像」として彼と同じ顔の人物がいる。

話題まとめ[編集]

リンク[編集]