ベアトリス・フラワーチャイルド

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベアトリス・フラワーチャイルド
性別 女性
声優 釘宮理恵
デザイン ひろやまひろし
初登場作品 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
テンプレートを表示

概要[編集]

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』に登場する、エインズワース家ドールズの一人。

略歴
元は一般人であるが、周囲からいじめを受けているところをジュリアンに助けられ、以後は彼に好意を持ち、彼と出会った公園で告白をするも、第四次聖杯戦争における惨劇により重傷を負う[注 1]。直後にジュリアンの手によってドールズにされるが、本来の記憶の大半とジュリアンへの恋心を喪失してしまう。
本編では子ギル戦の直後に登場し、疲弊していたイリヤスフィール・フォン・アインツベルン達を一蹴し、美遊・エーデルフェルトを連れ去る。
「美遊世界」に移動したイリヤと現地で合流した田中と二回に渡って戦う。その後も肉体を置換されたイリヤのぬいぐるみを拾うなど、何かとイリヤと関わることが多い。
バーサーカーのクラスを継承したライダーのクラスカードを使ったイリヤとの戦闘で、『悉く打ち砕く雷神の槌』の発動にバゼットの『斬り抉る戦神の剣』によってトールの神核を貫かれるが、概念的守護で致死的な攻撃を無効化した。
だが、ミョルニルの制御を行うために必要であったトールの神核が破壊されたことで、ミョルニルの制御が不可能となり、暴走を引き起こしてしまうが、このまま全ての記憶を失うことを良しとしないイリヤによってクラスカードを強制排出されてしまった。
人物
残忍な性格で、相手を滅多刺しにして死なないのを見て高笑いする等、非常に嗜虐的。感情の起伏も激しく、スマイルで挨拶した一コマ後にいきなり攻撃をすることもザラである。
こんな性格の為エインズワース家でも浮いているようで、エリカには怖がられている。そのため、部屋には「友達」のぬいぐるみが沢山置いてある。だが、愛情表現として首を捥ごうとするなど、かなりズレている。
マスターであるジュリアン・エインズワースに入れこんでいて、自作の抱き枕や等身大シーツ等が部屋に置いてあるなど、その様子はアイドルオタクを髣髴とさせる。
かなり粗暴でぶっ飛んだ性格ではあるものの物事の理解はそれなりにできる方であり、「自分も含めた全員はエインズワースの神話を達成する為のキャストでしかなく、自分もただの敵役である」ということもはっきりと認識している。
ドールズになる前は引っ込み思案で周囲からもいじめられている小学生であり、ジュリアンに助けられた事で彼に心酔するようになった。
「ベアトリス・フラワーチャイルド」の名前も自分で考えたもので、自分の本名は自分でも嫌いなのでジュリアンにもそう呼ぶように頼んでいた。
燃えるような赤毛は地毛で、昔はその事が原因でいじめられていたが、ジュリアンと出会ってからは隠さなくなった模様。
能力
非常に高い身体能力を持ち、普通に殴るだけでも人間を真っ二つに出来るほど(本人談)。また、「クラスカード・バーサーカー(2枚目)」を保有しており、限定展開・夢幻召喚も行使可能である。
元が一般人であることか電子機器に堪能で、フォトショップやら音声合成やらを使いこなす。ただし、ほとんど自分の趣味にばかり使用している。

クラスカード / 宝具[編集]

ここではベアトリスの固有の仕様や、作中での使用状況を記述する。

クラスカード・バーサーカー(2枚目)
限定展開
巨大な篭手「ヤールングレイプル」と力帯「メギンギョルズ」を纏った神腕を召喚する。
神腕
鉄の手甲と力帯を纏った巨大な右腕。
特別な能力は無いが、凄まじい怪力を誇り、乗用車を投げつける等の攻撃が可能になる。手甲は相手の攻撃を防げるが、防御力は現代のルーンによって加速、硬化、強化の効果を相乗された突きで砕ける程度。
スキルの説明からすると、メギンギョルズ自体には特に効果はない模様。
夢幻召喚
北欧神話の半神半巨人マグニと一時的に同化し、バーサーカーの宝具とスキル、身体能力を会得する。
その巨躯から生み出される怪力は人知を超えた神域のもの、ベアトリスの夢幻召喚ではかろうじて右腕のみが神腕と化す。篭手の下の腕もダエグのルーンが刻まれた毛むくじゃらなもので、手甲が付いている間は効果があったゴルゴーンの石化の毒と魔眼をレジストした。
父からその神核とミョルニルを継承している。ミョルニルを振るう代償として、真名解放の度に記憶を消費する。投擲しても使用可能。持ち主の意志で手元に飛んで戻ってくる。トールがミョルニルを扱うには力を倍加させる力帯メギンギョルズ、手を守る鉄の手甲ヤールングレイプルの二つの兵装が必要だが、マグニは両方とも破壊された状態でもミョルニルを平然と振るう事が出来る。
父の記憶からか「後退」に対して強い忌避感を持っており、回避にマイナス補正がかかっている。戦闘中に9歩後退した場合、狂化が一段階深くなる。狂化が一段階深くなると、額に埋まった石が角のように伸び、大きさは変化しないが左腕と両足が右腕と同じく毛むくじゃらのものに変化する。「黄昏の生存者」が発動すると服装が若干変化し、腰に猿のような形状の尻尾が生える。
宝具
悉く打ち砕く雷神の槌(ミョルニル)
ランク:A~A+
万物を破壊すると言われる神の雷を前方に放つ。
通常の電撃と異なり物理的な衝撃を伴ったそれは、物質と霊子に根源的な破壊をもたらす。
また、屋外では雷を呼び込むことで出力を向上させることができ、帯雷一段階で威力は倍増する。
万雷打ち轟く雷神の嵐(ミョルニル)
ランク:A++
帯雷二段階で使用可能。十数本の雷の柱を顕現させ、周囲に終末的な破壊をもたらす。
柱一本あたりの威力は『悉く打ち砕く雷神の槌』に劣るが、広域の殲滅力はまさに神の嵐と呼ぶにふさわしい。
雷の柱は質量を伴っており、周囲を走り動くことで全てをなぎ払う。
発動時の魔力凝縮は『悉く打ち砕く雷神の槌』の3倍にも及ぶ。
黄昏に響け父の雷葬(ミョルニル・ラグナロク)
ランク:EX
特定条件で発動する。以降ミョルニルは失われ、持ち主のステータスも変化する。ミョルニルは割れて、マグニはトールとは性質の異なる神霊となる。
気候、時間に関係なく空が黄昏に染まり、ミョルニル所持者の「生前の記憶」が雷となって降り注ぐ。周囲一帯が現代の法則や魔術基盤、物理法則すら成り立たなくなり神代のものに回帰させ、「神々の黄昏(ラグナロク)」としか形容できない終焉の光景を引き起こす。
発動中はトールの神核を失っており、雷神としての性質やミョルニルの所有権を失いトールの力を持たない半神マグニとなっているため、ミョルニルの暴走を止められず、自らも雷に打たれる。ミョルニル所持者の生前の記憶を雷として放出しているためか、打たれるとその記憶を垣間見る。
その本質はミョルニルという父の生きた証をその記憶ごと空に還す。遺された者が先へ進むため弔いの儀式。故に宝具名は『黄昏に響け父の雷葬』。
死はただそれだけで悲しい。けれど、その死を悼む者がいたのなら繋がりは消えない。たとえ肉体が滅んでも、記憶から消えてしまったとしても思いは残る。黄昏(おわり)の先を行く子らへ残した父親(トール)の最後のメッセージ。
スキル
黄金の先駆けグルファクシ
「黄金の鬣」を名に冠する、荘厳たる名馬[注 2]。空を駆けるグルファクシの残した軌跡は、さながら雲海に轟く雷の様であったと言う。
騎乗スキルが失われているため使用不可。
力帯メギンギョルズ
効果なし。使用者の力を倍加させると言われる帯。
だがアースガルズではありふれた、ただの帯だったとか。ベアトリスは効果があると思い込んでいる。
召雷:A
空の見えるフィールドでのみ使用可能。継承スキル。
雷雲を起こし、雷を落とす。主にミョルニルを帯電させるために使用。そのまま攻撃に用いることも出来るが、命中精度は低い。
神性:E-
高位の神霊と巨人族とのハーフであるため本来ならばA~B相当であるが、黄昏により失われている。
天性の肉体:A
生まれながらにして完全な肉体を持つ。
生後三日目にして巨人フルングニルの足を軽々と持ち上げたというマグニのそれは、まぎれもなく最高位のもの。
Aランク以下の物理的・霊的・精神的弱体を無効化する。
黄昏の生存者
死亡判定時に自動発動。父より継承した『トールの神核』がダメージを肩代わりすることにより、致死の攻撃を一度だけ無効化できる。
ミョルニル及び継承スキルは失われる。
怪力:A+~A++
黄昏の生存者発動後、A++へ変化。
クラスカード・バーサーカー
ギリシャの大英雄ヘラクレスと繋がったカード。
上記の2枚目のバーサーカーを使う前はこちらを使用していたとか。

関連[編集]

マグニ
彼女が使用するバーサーカーのサーヴァントカードが置換する英霊。雷神トールを父に持つ、北欧における半神半巨人。
伝承ではトールが巨人と戦って打ち倒した際、絶命した巨人の腕の下敷きになっていたところを生後数日のマグニにあっさりと助けられたとされている。
また、神々の黄昏を生き延びた後、倒れたトールの武器であるミョルニルを見つけて受け継いだとも言われている。
半神半巨人という特異な境遇故か、夢幻召喚した際には鉄の手甲の下が手足が毛むくじゃらで棘が無数についた異様な姿へと置き換わっていた。
上記のようにミョルニルを発見して自分の物にした際にトールの神核も受け継いでおり、それを媒介にミョルニルを行使している。このため、「使用者を即死させる」類いの攻撃を受けてもトールの神核が壊れるだけでマグニの神核は失われないが、ミョルニルを制御できなくなってしまう。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
『ドライ!!』以降に登場。エインズワース家の一員。

人間関係[編集]

イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
美遊を取り戻しにきた彼女と幾度となく戦う。
最後には自分自身を完全に喪失する所を助けられたことと、自分でも確信が持てないでいたジュリアンへの恋心を肯定されたことで和解した。
田中
よくわからない相手。いくら甚振っても死なない為、嗜虐に陶酔しつつも訝しんでいる。
ジュリアン・エインズワース
仕えている主人。上記のようにアイドルオタクじみた熱愛感情を抱いているが、彼からは歯牙にもかけられていない。
ドールズとなる前から若干好意を抱いていたようで、回想シーンでは「樹理庵」と穂群原学園での仮の名前で呼んでいた。
実はドールズになる前、小学校に通っていた頃からの付き合いであり、いじめっ子から助けられた事で好意を抱くようになっていた。
エリカ・エインズワース
仕えているお嬢様。粗暴な振る舞いの為か、怖がられている。
彼女自身も敬意などなく、美遊に拒絶されて不安定になっていたエリカに追い打ちのような言葉を吐いていた。
アンジェリカ・エインズワース
エインズワース家の同僚。堅物なため、あまり馬が合わないらしい。
仲間意識もまったくなかったようで、敗北した際は躊躇なく見捨てた。
子ギル
相性の悪い相手。使用するカードのせいで「天の鎖」の神性特効が働き、メギンギョルズでも引きちぎれない拘束を受ける。
その一方で、鎖を伝導させる形で電撃を直接叩き込めるため、打つ手が全く無くなる訳でもない。
衛宮士郎 (美遊世界)
バーサーカークラスカードを使って交戦した相手。
圧倒的な性能差で終始優勢だったが、逃走した衛宮士郎を追わずにジュリアンに慰めてもらうべく帰ろうとした所み、背後から螺旋剣をブチ込まれて爆発四散。「十二の試練」の効果で蘇ったものの魔力切れで夢幻召喚は強制排除され、カードを回収する暇も無く這々の体で逃げ帰ったとのこと。
アーチャー
かつて衛宮士郎が使用していたカード。後にこのカードを核としたクロによって妨害された際、「クズカード」と罵倒する。
回想シーンまで含めても直接の面識はないはずなので、第五次聖杯戦争で交戦している疑惑があり、後にヘラクレスのバーサーカーカードを現在のカードの前に使用していたことが明らかになり、その際に交戦した可能性が高まってきていた。
上述どおりこのクラスカードの使い手との戦いは、「十二の試練」がなければ粉々になっていたであろう結果に終わっている……そりゃ恨み骨髄であろう。
遠坂凛ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト
敵対していた相手。彼女としては殺すつもりだったが、アンジェリカの手で精神を置換されてメイドになった。
服を破り捨てられた挙げ句「サイズが合いません」と駄目出しされたり、エリカと勘違いされて「かわいがり」じみた遊びをされて「よく見たら可愛くありません」と追い打ちされたり、秘蔵のジュリアン様グッズを処分されたりと散々な目に遭わされるが、暴力を振るうと精神置換が解けてしまうためストレスを溜めまくっている。

名台詞[編集]

「いえッスあいどゥー! ちゃーんと覚えていてくれてベア子うれちー! そんじゃァご褒美にー」
「Dieプレゼント♥」
二度目の戦いでイリヤ相手に名乗りを上げる。目を><の字にして横ピースまでキメてノリノリである。
その次のコマではあっという間に戦闘モードに切り替わっているのだが。
「どんだけイジっても腕一本千切れねェ!!なにこれもしかして無限に遊べるんじゃねェ!?キャハハハハハハハ」
「もっと泣いてみせてよォ!!」
抵抗のできない相手を滅多刺しにして面白がる凶悪性。初めて痛みに反応した田中に歓喜し、更なる拳を振るう。
「…はン!! 超キてるよ やっぱたまんないね カード持ち同士の戦い まるで…」
「神話の中にいるみたいじゃん!?」
キャスターのカードを夢幻召喚したイリヤに対抗する為に、バーサーカーのカードを夢幻召喚する。
「消し飛べ 元素の塵まで」
悉く打ち砕くミョル─────雷神の鎚ニル!!!」
『神音魔術式・死の花嫁』五発同時一斉発射を前に、宝具を解き放つ。
イリヤはキャスターのクラスカードで対抗しようとするものの、顕現したひとつの神話体系の頂点を相手にするには、「たかが魔術」ではあまりにも分が悪すぎた。
「たっだいまぁー!! ジュリアンさまはぁーん!!」
「部屋空けちゃってごめんねぇー!! 寂しかった!? ねぇ寂しかったー!?」
自室のジュリアン様抱き枕(音声機能付き・自作)にハグしなからのたまったセリフ。
イリヤの中のベアトリス像が若干好転してきた直後にこの有様。当然、ドン引きである。
「世界なんて滅びればいいのに…」
上記のシーンの続き。テンションが上がりまくった直後に急転直下で鬱に入る。
単に躁鬱が激しいのか、人に見せられないことをやってテンションが落ちたのかは不明。というか考えたくない。
……後々考えると、ドールズに置換された際に「ジュリアンへの恋心」を一度完全に喪失している為に、自分の感情が本物であるか確信が持てていないのかもしれない。
「てめぇらあたしの友達をもてあそびやがって……ふざけんな!!
 特にそのクマっぽいのはまだ、ひともぎもしてねエのに!!」
凛とルヴィア(魂置換済み)に首を捥いだぬいぐるみとイリヤ(inぬいぐるみ)を捨てられそうになって。彼女にとっての友情って何なのだろうか。
「空中でイチャコラしやがって トンボかてめーらッ!!」
再会を喜び合うイリヤと美遊に攻撃しつつ。確かにトンボの交尾ってそんな感じだが、なぜそんな比喩が出てくるのだろうか。
「…………ずいぶん、さ」
「変わっちゃったよね。あたしも……キミ・・も」
「あの頃に戻りたい…なんて言ったら怒られちゃうかな。キミは、いっつも遠くを見てるもんね」
「…………でもさ、樹理庵くん、あたしは…ッ」
イリヤ達との決戦前夜。これが最後になるかも知れないと、言い残す事はないかと問いかけるジュリアンに対して。
いつもの「ジュリアン様」ではなく「キミ」になり、粗暴な物言いはまったく見られなくなっている。これが「置換される前」の、彼女の本音なのだろうか。

メモ[編集]

  • ファンからは「花子」(=フラワーチャイルド)と呼ばれることもあるが、普通にベアトリスと呼ばれることが多い。
  • アンジェリカと違って何故姓があるのか、姓があるとしてもなぜエインズワースではないのかなどは当初は不明であったが、後に本名は別にあり、本人がそれを嫌っているので自分が考えた名前である「ベアトリス・フラワーチャイルド」を名乗っている事が判明した。
    • 後にアンジェリカが、実は既に死亡していたジュリアンの姉「アンジェリカ・エインズワース」の人格を置換したドールズであったことが判明したため、ベアトリスについても「実は人格置換されていないのではないか?」など様々な疑惑が持ち上がっている。
    • 後に「置換される前」の人格と思しきものが登場し、ジュリアンのことを穂群原学園での仮の名前である「樹理庵」と呼んでいたため、まさかの一般人であった可能性すら出てきていた。さらに後に、ジュリアンとは同じ小学校に通っていた事が判明し、本当に一般人であることが明らかになった。
    • 彼女の本当の名前についてはまだ明かされていないが、ジュリアンの当初の呼び名が「■■」だったこと、ベアトリス・フラワーチャイルドの名前を聞いたジュリアンが呆れ半分で「阿呆」と返した事から、本当に「■■花子」である可能性も出てきた。……いくら小学生とはいえ「西洋の名前は名字が後で名前が先」ということを知らなかったのなら「阿呆」とも言いたくなるだろう。
  • 『Grand Order』では直接の登場はないが、偽織田信長の「食ってかかる感じの喋り方」を聞いたイリヤはベアトリスを思い浮かべていた。
    • ちなみにベアトリスを演じた釘宮理恵氏は『Grand Order』において織田信長を演じているため、いわゆる「声優ネタ」と思われる。
  • 寝る時はスケスケのネグリジェの下に、要所を細い革紐で隠しただけの服というある意味、全裸よりぶっとんだ服装になる。
    • もっとも、この格好の時はジュリアンへの妄想でハイテンションになる為、そもそも寝れないらしい………
  • 彼女が夢幻召喚しているカードは北欧の雷神トールであると目されているが、毛むくじゃらの右腕の存在や、戦帯メギンギョルズと篭手ヤールングレイプルを失っても尚ミョルニルを十全に操れることから、「実はトールではないのではないか?」という疑惑が増してきていた。
    • 実際、そのカードの正体はトールの息子である半神半巨人「マグニ」であったが、トールが退治した巨人の下敷きになってしまい、トールを含めた誰も持ち上げられなかったところを生後数日だったマグニが平然と持ち上げてしまったという伝承が残されており、トールを凌ぐ怪力の持ち主であった。
  • ベアトリスが『斬り抉る戦神の剣』を受けても死ななかったのは、彼女がダブルホルダーと呼ばれる二重神核状態であり、実質二つの命を持っていたため。またミョルニルの能力行使はトールの神核を通してしか扱えないため、『斬り抉る戦神の剣』は宝具の使用者をトールと判断して神核を破壊したものと思われる。結果として主であるマグニの神核は生き残った。このあたり解釈は美遊の『騎英の手綱』の時と同じようである。

話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. この時「体の感覚がない」と述べている程、胴体から下が瓦礫によって潰されている。
  2. 元ネタの北欧神話では、マグニが登場するエピソードでトールが打ち倒した巨人フルングニルの馬であり、その死体をどかしてトールを助けたことに喜んだトールがマグニに与えたとされている。

出典[編集]


リンク[編集]