ジュリアン・エインズワース

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索
ジュリアン・エインズワース
別名 一義樹理庵(いちぎ じゅりあん)
初登場作品 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
声優 花江夏樹
性別 男性
デザイン ひろやまひろし
テンプレートを表示

概要[編集]

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤに登場する魔術師。魔術師一族であるエインズワース家の現当主であり、平行世界における聖杯戦争のルールマスター。

略歴
『ドライ!!』以降に登場。平行世界を越えて取り戻した美遊を聖杯とするべく手を尽くす一方で、美遊の友人となったイリヤに興味を持ち接触する。
当初は概念置換によりダリウス・エインズワースとして行動していたが、互いの総力戦の中で『破戒すべき全ての符』の力で置換魔術が解け、本来の姿を現す。
その後はもう偽装の必要も無いと開き直り、黒化英霊を大量に召喚し、聖杯戦争を強引に進めようとする。
かつては「一義樹理庵」の名で穂群原学園に通っており同校の生徒会長を務めていた。
人物
穂群原学園の制服を身にまとった、凄まじく目つきの悪い少年。
マナの枯渇とガイアの法則の大転換により袋小路に陥った人類を救済するべく、「ガイアの法則が転換した新世界に人類を残す」という目的の下行動している。
自身を正義と認識し、「物語」「俺の神話」など上から目線で、目的の為には手段を選ばない酷薄な性格。
また、他人も人類も世界も自分の物語の為の「材料」と言い切り、人の心を弄ぶことに躊躇いを持たない等かなりの外道である。
人間味が薄いように見えるが実際はかなりの激情家であり、感情を直接出さずに頭の中でいろいろ考えてから発言しようとする為、目のクマが濃くなり煮詰めたような言動になっているとのこと。
能力
エインズワース家の当主として、家伝の魔術である置換魔術を使いこなす。
平行世界の聖杯戦争における最重要アイテム「クラスカード」の創造・破壊も可能であり、限定展開・夢幻召喚した宝具を数多く行使する。
また、置換魔術の応用として自身の概念置換により、ダリウスや衛宮士郎など特定の人物に「なる」こともできる。
ダリウスになっている間はエクスカリバーの通常攻撃を素手で受け止める等異常なまでの身体能力に変貌するが、置換魔術のためなのかダリウス個人の能力かは不明。

宝具[編集]

クラスカードを用いて、複数の宝具を使用する。 非常に高い性能を持っているが、ギルガメッシュをして「こんな宝具知らない」と言われており、謎も多い。

三〇一秒の永久氷宮(アプネイック・ビューティ)
巨大な氷の壁で対象の周囲を遮断する結界宝具。内部は外気と遮断されているため、約5分で酸素が枯渇し窒息死する。
耐久性が高く、クロの『偽・偽・螺旋剣』の壊れた幻想でも貫けないほど。
なお、術者が内部に取り込まれると術者も窒息してしまうので、ある意味、自爆系宝具とも言える。
黒玉皇に顔は無し(オーソリテリアン・パーソナリズム)
詳細は不明だが、周囲の全員が地面に倒れ、起き上がれなくなった。
バゼットの見立てでは重力操作でも精神操作でもなく、概念的な干渉とのこと。
両立する螺旋の右手(シャドウハンド・オブ・コード)
無数の黒い手で拘束する宝具。アサシンのカードによって使用された。
地臥す夜鷹の千年渓谷(そらはちよりちはそらへ)
巨大な岩山を召喚し、防壁とする宝具。
正確にはジュリアンが使用したのではなく痩身の黒化英霊が筆かペンのようなものを地面に突き立て発動させた。
茨の宝具
正式名称は不明。アニメ版で使用された。
無数の茨が延びてイリヤを絡めとるものの、セイバーを夢幻召喚したイリヤに切り裂かれた。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
平行世界における聖杯戦争のルールマスターであり、敵陣営の黒幕。

人間関係[編集]

衛宮士郎
宿敵。美遊が「イリヤの世界」にやってくる前は穂群原学園で生徒会長をしており、士郎とも友人同士だった。
世界を救おうとする自分の前に、一人を助ける為に立ち塞がる行為に対して怒りと苛立ちを見せている。
だが、彼が絡んでくることそのものに怒っていたり、邪魔者と見なしている割に殺せる状況でも殺さないことが幾度となくあったりと、彼に向ける感情は非常に複雑である模様。
エリカ・エインズワース
妹。兄であり父として、唯一の味方として接する。
アンジェリカ
部下。特別な感情は持っていなかったようで、敗北してカードを奪われたと見るや躊躇無く見捨てた。
実は自分の姉「アンジェリカ・エインズワース」の人格を置換した存在であり、冷酷な対応なのはそのせいもあったのかもしれない。
ベアトリス・フラワーチャイルド
部下。アンジェリカ同様特別な感情は持っていないが、ベアトリスの方はそれを知った上で心酔しているようである。
ザカリー・エインズワース
実父。第四次聖杯戦争で死亡した彼の精神を人形に置換する形で操り、士郎に嗾けた。
ダリウス・エインズワース
同じ一族の人間。当初は概念置換によって彼になっていた。
言峰からは「ダリウスの息子」と評されているが、父親は上記のザカリーであるなど、不審な点が多い。
エインズワース全ての父。実は概念置換によって取り憑かれ、いずれ置き換えられてしまう。
美遊・エーデルフェルト
世界を救う為の道具としか思っておらず、衛宮士郎を人質に取って無理矢理言うことを聞かせている。
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
敵ではなく物語の登場人物として見なし、美遊を追いつめる道具として利用しようとする。
ギルガメッシュ
彼を初めとした英霊も道具としか思っていないため、カードと美遊を媒介に意志を具現化させたと見るや、即座に廃棄しようとした。
間桐桜
過去において同じ学校に通っていた後輩。
聖杯戦争が開始されるため彼女にサーヴァントカードを渡したが、士郎に対する心を見抜いていたのかギルガメッシュと偽ってどこにも繋がらない失敗作のカードを選択していた。
後に彼女と思しき黒い甲冑の少女が泥の中から現れるが、その際は壊れたような言動を繰り返す彼女を衛宮士郎のふりをしていいように操るという外道な行為をしていた。
間桐慎二
彼の人格を人形に置換する形で操り、裏切った桜と士郎の始末の為に差し向けた。
ケイネス・エルメロイ・アーチボルトアトラム・ガリアスタ間桐雁夜
第四次聖杯戦争で死亡した彼らを人形に置換する形で操り、士郎へと差し向けた。

名台詞[編集]

「この手でお前を消す」
ダリウスへの置換が剥がれ正体を現し、イリヤ達から奪った一枚目のキャスターのクラスカードを握り潰しながら述べた一言。
厳格そうな壮年からあどけない青年姿になった彼だが、その威圧感は父もかくやである。
「俺の神話にてめぇの役なんざねぇんだよ…」
幽閉から脱走し激闘の場に駆け付けた士郎に対し憎悪を込めて言い放つ。
「万にひとつ 両方を救う手があったとして…」
「世界と 美遊 それだけしか救えねぇんだよ…」
「争う意味が無い、皆を救いたいのは同じだし世界もミユも両方助かる道を一緒に探そう」と呼びかけるイリヤに対して。
その顔は決意の中に哀しみを感じさせ、彼も彼で何かを悔やんでいると伺える。
「…ひとつ教えてやる 俺は『嘘』には寛容だ 何かを隠したい…偽りたいという明確な意志がそこにあるからだ
 けどな…漠然と形だけ真似た何物にもなれねぇ『偽物』は嫌悪する ……以前までのお前の笑顔はそれだったんだよ
 今日のニヤニヤ笑いは心底気色悪くはあるが… 空っぽじゃねぇだけ 万倍マシってことだ」
過ぎ去った過去、美遊と本当の兄妹になることを誓い、よく笑うようになった士郎に対して。
ある意味、「衛宮士郎」という人間をこれ以上無く正確に捉えた言葉である。
「―――それが」
「人類全てに対する裏切りだとしてもか」
「この星に満ちた悲劇から」
「約束された滅びから」
「人類を救える可能性があるのに」
「個人の…たかがお前ひとりのくだらない感情で」
「全てを無にすると言うのか」
過去編、大空洞にて聖杯戦争のゲームマスターとして士郎を待ちかまえて。敵となり悪となり「妹を返してもらう」と言い放った、かつての親友に対して「正義の味方」として「人間として正しい在り方」を説く。だが、それを叫ぶ彼自身の表情もまた、苦渋に満ちていた。
「……笑えねぇ」
「笑えねぇんだよ」
「そんなものはな………」
「最低の悪なんだよ…!」
上記の続き。士郎に、と言うよりも自分自身に言い聞かせているような、魂を絞り出すが如き哀しき叫び。それを見て士郎もまたジュリアンの苦悩を知る。
だが、それでも士郎は美遊を救うために歩を進める。そんな親友を実力行使で止めようとすれば出来たはずなのに、ジュリアンはそうする事ができなかった。

メモ[編集]

  • 「正義を志向する」「父の意志を継ぐ」「マイナーな魔術を極めた結果常軌を逸した域に至る」など、衛宮士郎と共通点が多い。
    • 穂群原学園の生徒会長であり、魔術師の家系でかつては士郎と友人関係だったという、柳洞一成間桐慎二の要素を併せ持っている。
      • 実際、キャラクターコンセプトは、「柳洞一成間桐慎二を足して二で割って、ストレスの中で煮詰めたような感じ」だとか。
    • 置換魔術により当初はダリウスへと自身を置換していたわけであるが、学生をしていた際に士郎のぎこちない笑顔が自然な笑顔になった事に対して「上っ面だけでは偽物」という旨を語っている等、エインズワースの置換魔術に重きを置く伝統故か、本物へ心から近付くことをこそ理想として掲げている様子が伺える。故に置換が剥がれた後でも彼のその振る舞いは「ダリウス・エインズワース」という思考を極力再現しており(稀に一人称が「俺」からダリウスの「私」になる)、「ジュリアン・エインズワース」という己の人格は置換魔術の影響か非常に希薄になっている可能性もある。さながら別世界の士郎が「正義の味方」という理想の末に摩耗していったように。
  • 原典不明の強力な宝具を使用しているが、本人の言動から、「新世界の人類用の神話を現在進行形で作っており、その「神話」を原典とした宝具を召喚してるのでは?」と推測されている。
    • この世全ての財を集めたはずのギルガメッシュが知らず、人類の英知そのものである『王の財宝』の中に存在していないという事実もそれを裏付けている。
  • 冬木市を飲み込んだ広がる闇の事件が作中時間で五年前、父ザカリーの死去も五年前と明らかな繋がりを感じさせる。
  • ダリウスになっている時はテンションが上がると狂ったように笑うものの、正体を現してからと過去編では一度も笑顔を見せていない。口癖に「笑えねぇ」がある事もそれを強調している。彼が心からの笑みを見せる時は来るのであろうか。

話題まとめ[編集]

リンク[編集]