ベディヴィエール

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索

ベディヴィエール[編集]

  • CV:能登麻美子(テレビアニメ版) / 三木眞一郎(PS2版) / 真殿光昭(PS Vita版) / 宮野真守(GoA、FGO

アーサー王に最後まで付き従った騎士。

略歴
円卓の中に名を連ねた、最古参の騎士の一人。アーサー王への忠義は本物で、王の輝きに魅せられ、「この王に剣を預け、力になろう」と邁進し、若輩の身でありながら王の近衛にまで登り詰めた。
ベディヴィエールは他の騎士たちと違い最後までアーサー王を信じていた。宮廷では孤立し、騎士たちからは疎まれ、民からは恐れられてもなお、私情を見せずに常に理想であり続けた王の事を誇りにさえ思っていた。近衛にまで上り詰めたのも、常に公平無私であろうとして誰にも本当の顔を見せない王の人間としての笑顔が見たかったためでもあった。だが他のどの騎士より身近に控えアーサー王の顔を見続けても、彼の王が笑う事などただの一度も無かった。祖国の統一を成し遂げ、栄光の中にいるはずの王が一度も安らかな顔を見せかった事に怒りを覚え、いつか王の顔に光が与えられることを願い続けていた。
カムランの丘の戦いでモードレッドと相討ちとなり、命尽きかけていた王を救うため、自分の傷も顧みずに救おうと試みる。自分たちの王は聖剣の導きある限り決して滅びない不死の王であり、呪われた戦場を抜けて清らかな場所に辿り着ければアーサー王の傷は癒えると信じ、彼女を白馬に乗せて駆け抜けた。
「此処で終わらせることはできない、それではこの偉大な王が報われないではないか」とアーサー王を救うため、王の体を森の大樹に預けて兵を呼びに向かおうとしたその時、目を覚ました王に自分に代わってエクスカリバーを湖の妖精に返還せよ、と命じられる。ベディヴィエールは王の命を破るという騎士にとっての大罪である事を知りながら、王を惜しむ余りに二度に渡って剣の返還を躊躇い、繰り返し「剣を捨てた」と嘘をつく。だが、その度にアーサー王から命令の実行を命じられ、もはや王の意志を変えることは出来ぬと悟り、王の終わりを受け入れて、三度目にして遂に剣を湖に投げ入れた。
剣の返還を為した事を聞き、最後の役目を果たしたアーサー王の最期を看取り、待ち望み続けた王が安らぎを得て眠る姿を見守り、騎士としての職務を全うした。
人物
端正な容姿から、女性と見間違えてしまいそうな美青年。
円卓一の人格者であり、常識人。他の円卓の騎士たちもアルトリアを最大の敬意と憧憬の念をもって慕っているのは確かだが、現在判明している3人は全員かなり極端な結論に達し、その忠義・信念・愛は結果的にアルトリアの破滅を招いている。
そんな性格なので、昔からいろいろ苦労したらしく、他の円卓の騎士と共に登場する度に苦労人的な立ち位置に立たされる。

セイバー (Grand Order)[編集]

Fate/Grand Order』では「剣士」のサーヴァントとして登場。

詳細はベディヴィエール (Grand Order)を参照。

登場作品と役柄[編集]

Fate[編集]

Fate/stay night
Fateルートで答えを得て安らかな眠りにつくセイバーを見届けて、このルートの幕を引く役回り。

その他[編集]

ちびちゅき!
剣道部所属。他の円卓の騎士たちと一緒で、剣道着を着てオロオロしている。
コハエース
ガウェイン、ランスロットと共に円卓勢として登場。

人間関係[編集]

生前[編集]

アーサー王
王。最後の瞬間までアーサー王が女性だと気づいていなかったが、安らぎを得た姿に王が少女であったことを確信する。
ガウェイン
同じ円卓の騎士。共に最後まで王に仕えた騎士だが、二人がアルトリアに望んでいる物は相反するものだった。
ランスロット
同じ円卓の騎士。愚直なまでに王に仕えた同志。しかしランスロットの忠義は運命の悪戯によって歪んだ方向に傾いていく。
トリスタン
同じ円卓の騎士。親友と言える程仲が良い。それゆえに、『Grand Order』では彼の変り様に憤りと動揺を隠せなかった。
また、礼装での説明文から、仲が良い故に他の騎士よりもフランクな扱いをしている様子で、「監視していないと真面目に仕事をしない」と業務態度についてはまったく信用していなかった。
モードレッド
同じ円卓の騎士。結果的に袂を分かつことになってしまったが、「王に人間としての顔を見せて欲しい」と願った者同士。
ベディヴィエールから見た彼女は、「口が悪く、態度が悪く、性根が悪いだけで、密かにいいところもある騎士」とのこと。
アグラヴェイン
同じ円卓の騎士。当初は彼を嫌悪していたが、後に彼が裏でどれほど奔走していたのかを悟って考えを改めている。
衛宮士郎
王に笑顔をもたらしてくれた人物。ベディヴィエールにとって遥か未来の人間であり、当然お互いに知る由もないが、それでも感謝している。

ちびちゅき![編集]

蒼崎橙子
こちらの世界でも王を支える為に義手を新調してもらうが、「彼女の喜ぶギミック」と称してしゃもじへの変形機能を仕込まれてしまう。

名台詞[編集]

Fate/stay night[編集]

「――見ているのですか、アーサー王。
 夢の、続きを――」
Fate/stay night』Fateルートでのラスト。
永きに渡る戦いと重責から解放された王。王が果てのない青空の下で安らかなに眠りについた事を見届け、アーサー王に従った最後の騎士は、誇らしい気持ちのまま夢見る王を暖かく見守り続けた。

その他[編集]

「王は来てくれるでしょうか……」
ちびちゅき!』にて。
他の円卓の騎士たちと共に剣道部に入部し、竹刀を構え剣道着まで着て万全の態勢で王を出迎えようと待ち構える。セイバーは身内ばかりで入るのが物凄く億劫であったため、結局剣道部をスルーした。だが生前最後まで付き合ってくれたベディヴィエールとは顔を見せてあげても良かった気が……。
「またしてもアニメ化、おめでとうございます我が王!!」
コハエース』にて。
黒化しセイバーオルタになった王の手下として登場。直後、桜セイバーの神速三段突きでガウェイン・ランスロット共々纏めて葬られてしまうが、死に際でも王への忠義を忘れない。
因みにこの時のガウェインの死に際の発言は「え?もう午後!?」、ランスロットは「オルタたん ハァハァ」と色んな意味で酷い。こんな所でも差がついている。
「もしかしてあれ我が王なのでは?」
『コハエースXP』にて。聖処女の格好をしたセイバーを見て。
ランスロットは「ねーよ(笑)」、ガウェインは「我が王がフランス英霊とか(敵国感)」と失笑を買ってしまう。

メモ[編集]

  • Fateシリーズで担当声優が最も多いキャラクターである。初めて声がついたテレビアニメ版では女性声優の能登麻美子氏が演じており、それ以降のゲーム版ではアサシン役の三木眞一郎氏(PS2版)、柳洞一成役の真殿光昭氏(PS Vita版)が兼役で演じている。
    • テレビアニメ版とゲーム版で声優が異なるだけならともかく、PS2版とその移植作品であるPS Vita版ですら声優が異なる。PS Vita版ではそれ以外に新録されたボイスは存在しないので、PS2版収録の時点で既にボイスを録っておいたのだろうか……。
    • ドラマCD版『Garden of Avalon』以降は再び声優が変更され、ペルセウス役などを演じている宮野真守氏が担当することとなった。
  • アニメ『Fate/staynight』における能登氏はセイバー役である川澄氏の親友である。その為、スタジオの廊下を歩いていた能登を川澄が拉致して収録したという逸話が残されている。なお、本作の原画にはアヴァロンを携えたベディヴィエールという非常にレアな代物が存在する。後に『Fate/Grand Order』のシナリオを鑑み、アヴァロンを手にしたベディヴィエールの姿に感銘を受けるファンが続出した。
  • ウェールズの伝承では隻腕の騎士だったとされるものの、『Fate/stay night』本編では腕がマントで隠され、その後発売された『Fate/stay night Réalta Nua』サウンドトラックのジャケット絵では鎧姿の両腕が描かれていたが、『Fate/Grand Order』で正式に隻腕の騎士という設定となった。
    • ただし、以前も義手をつけていなかったかは不明であり、その点については今後の情報次第、というところではある。もし義手であった場合、片手で馬の手綱を取り、もう片手でエクスカリバーをしっかり携えている為、隻腕のハンデは全くない、超高性能な義手を付けていると言える。
    • 『ちびちゅき!』1巻時点で登場した際には義手設定が判明していなかったため普通の腕に描かれていたが、後に設定が明かされた為に4巻で再登場した際にフォローされた。
  • 原典となる数々のアーサー王伝説ではアーサーの臣下・円卓の騎士として相応の実力を持っているのだが、Fateシリーズにおいては優れた騎士ではあっても、円卓の騎士としては実力不足とされている。これは、Fateシリーズではあまり活躍の場がなかった騎士物語としてのアーサー王伝説の系譜を中心に採用しているからとみられる。
    • 実際、マビノギオンなどでは隻腕にもかかわらず槍の一突きが他の騎士の九倍の威力に相当するなど、他の騎士と同列の超人として扱われている。
      • その逸話から「本当はランサーが正式なクラスなのではないか?」という声も一部ファンから上がっている。
    • また、最初期のアーサー王伝説から名を連ねる人物であるため、彼もまた実在の人物であったあるいはモデルとなる人物が明確に存在したのではないか?と考える研究者も存在する。
  • 公式にて「アーサー王」以外で明確に、エクスカリバーを使用した数少ない英霊。その能力こそ当初は伏せられていたが、宝具発動の際に僅かながら伏線が張られていたりした。

脚注[編集]

リンク[編集]