メルヴィン・ウェインズ

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
メルヴィン・ウェインズ
性別 男性
声優 平川大輔
初登場作品 ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
テンプレートを表示

概要[編集]

創造科バリュエに所属する「調律師」。

略歴
ロード・エルメロイⅡ世とは時計塔における古くからの友人で、かつて第四次聖杯戦争に参戦するため日本へと旅立つウェイバーに飛行機のチケットを用立てた。
「case.魔眼蒐集列車」では魔眼蒐集列車に搭乗し、「case.冠位決議」ではウェインズの宗家であるトランベリオのために働いているそぶりを見せている。
人物
三大貴族の一角、トランベリオの分家の出という血筋と色素の薄い整った容姿を具えながら、生来の体の弱さから少し動いたり喋ったりしただけで血を吐いて死にかける奇怪な生き物と化している。
ウェイバー・ベルベットの古くからの友人であり、第四次聖杯戦争に参加する以前より彼を知っていて、ウェイバーがロード・エルメロイⅡ世の名で世に知られるようになって以降もなお、頑として本来の名前を呼び続ける数少ない人物。
ただし自称『親友』ではあるが必ずしも『味方』ではなく、ウェイバーの難儀するさまを傍から堪能したがる悪質な愉快犯の面も持つ。
能力
バイオリンのように見える調律器を用いて魔術刻印の稼働効率を格段に向上させる技を持つ。

登場作品と役柄[編集]

Fate[編集]

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
「case.魔眼蒐集列車」で登場。

人間関係[編集]

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿[編集]

ウェイバー・ベルベットロード・エルメロイⅡ世
古くからの友人。
バルザーン
アニメ版第一話で彼の手によって幽閉されていた。
友人であるウェイバーと一緒に逃げようとした際に彼の望みを聞き、一緒にバルザーンの計画を叩き潰した。

名台詞[編集]

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿[編集]

「いいからどきたまえ! 私が用があるのはライネス・エルメロイ・アーチゾルテただひとりである――おぼぉぉぉぉぉ!」
『魔眼蒐集列車』上巻幕間。親友が魔眼蒐集列車に乗ったことを聞きつけ、事の真偽を確かめつつ文句を言うためにライネスのもとを訪う。初登場、即吐血。これが彼のクォリティ。
「うむ! あの聖杯戦争でも最近の事件でもこの身体ゆえに不遇をかこっていたが、ここしばらくは調子が良くてね。数日の外出ぐらいは問題ないさ!」
「当然、我が家の全力を尽くして、魔眼蒐集列車レール・ツェッペリンの招待状を譲り渡してもらったとも! 私ひとりでも、ウェイバーの泣きべそくらいは記録してやらなくてはね!」
『魔眼蒐集列車』上巻幕間。嬉々として親友を追う宣言。その様は「ライネス以上に悪質な知能犯であり、フラット以上に自覚的な愉快犯」とすら評されるレベル。
「……うんうん。危うく凍え死ぬところだった。早くママに言って、温めてくれる女の人を集めてもらわないと。……ああ、今度はヒスパニックがいいなあ。いや、抱き心地だとロシア系も捨てがたい。いやいやいやいや温めてもらうなら、情熱的なラテンが一番かも。女性は皆天使だけれど幸せの形はそれぞれだよね」
『魔眼蒐集列車』下巻第一章。イヴェットとグレイから即コンマ秒でクズ認定された節操のないセリフ。
「……馬鹿だねえ」
「相変わらず、何ひとつ変わらない馬鹿のままだねえ。君にはもっと楽な生き方がいくつもあるだろうに」
『魔眼蒐集列車』下巻第一章。倒れ伏す友を案じる。
「だけど、人でなしには人でなしの矜持がある。それが愉しそうだと思えたなら、たとえ親だろうが自分自身だろうが、きっちりかっちり最後の最後までベットすべきだ。でなしに自分だけ安全圏にいるようじゃ、そいつはもはや人でなしでさえなくて、ただの卑怯者チキンに堕ちるだけだよ」
『魔眼蒐集列車』下巻第四章。なぜ師匠にそこまで肩入れできるのかをグレイに問われて。「他人の堕落や失墜に愉楽を感じる人でなし」の矜持。
「だったら、そのときウェイバーの名前を呼ぶ相手がいないと寂しいじゃないか」
『魔眼蒐集列車』下巻終章。グレイから「なぜ師匠を本名で呼ぶのか」を問われての答え。「ロード・エルメロイⅡ世」の名はいずれは他人に譲られるべきもの。それが行われた時に、親友が名無しでは寂しい、と語る。
「面白い話を聞けるなら、いつでもママの財布から金を出すぞ」
アニメ1話。十年前、ウェイバーから出資の話を確認されての一言。誰が聞いても「お前の財布じゃねぇのかよ!」とツッコミを入れてしまう名台詞。そして、この言葉がウェイバーの運命を動かす。
「死体はひどい有様だったそうだ。魔術刻印はほとんど回収できなかったらしいよ。もったいない」
アニメ1話。ケイネス先生の最期の有様をウェイバーに語る。
「セイバーの英霊って聞いたなぁ」
アニメ1話。ウェイバーに「誰がケイネス先生を殺したんだ」と訊かれての返答。
「君、なんか変わった? 童貞捨てたとか」
アニメ1話。ウェイバーの変化に思わぬ疑惑をかける。その疑惑にはどこぞのお姫様(幼少期)も興味津々であった。
「冗談言うな。わたしの不健康ぶりは承知のはずだ」
「それに、こんな面白いモノを特等席で見なきゃ損だろう」
アニメ1話。バルザーンに策略をかけようとするウェイバーに対して、早めの逃亡を促そうとするも、ウェイバーからは嫌なら一人で逃げろと返される。それに対する返答。
「うふふふふ…あはははは! いいともさぁ! 担保は無い、保証も無い! そこで金を貸す理由はただひとつだ!」
アニメ1話。バルザーンのもとから逃げおおせた帰途、空港でウェイバーに「借りた金は返せないが、先生を喪ったエルメロイ教室を買い取りたいから金を貸してくれ!」と無茶を言われての返答。
「わたしたちは親友だ!」
「親友になるんだ! ウェイバー!」
アニメ1話。上述の続き。ただひとつの金を貸す理由。エルメロイ教室買い取り資金出資の最初の条件。
ウェイバーからは「オマエ何言ってんだ!?」と正気を疑われた。
「今の言葉はわたしを感動させたよ!」
「いいとも、親友なら催促は最大限待ってやるとも!」
アニメ1話。ある意味でこの感動と友情は、のちのエルメロイ教室を産み出したピースのひとつであったとも言える。

メモ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]