レオナルド・ダ・ヴィンチ〔ライダー〕

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ライダー
真名 レオナルド・ダ・ヴィンチ
グラン・カヴァッロ[出 1]
性別 少女体
身長 144cm
体重 36.5kg
出典 史実、Fate/Grand Order
地域 2017年・南極
属性 秩序・善
隠し属性
一人称
声優 坂本真綾
デザイン 下越
設定作成 桜井光
レア度 ☆5
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集]

騎兵」のサーヴァント

略歴
『Fate/Grand Order』では、レオナルド・ダ・ヴィンチの手によって虚数潜航艇シャドウ・ボーダーのナビをするために作成される。
「序/2017年」でラスプーチンの手刀を霊核に受け、レオナルド・ダ・ヴィンチが消滅した後に目覚めて起動。
シャドウ・ボーダーでカルデアから脱出する時に同行し、異聞帯を巡る旅に出た。
プレイアブルキャラとしては『Fate/Grand Order Arcade』で初登場、後に本家にも実装された。こちらでは小学生風のブレザーを身に纏っており、ランドセル状のバックパックやローラースケートを身につけている。
人物
レオナルド・ダ・ヴィンチが事前に用意しておいたスペアボディ。バックアップ。元の姿を幼くしたような少女の姿をしている。
『Fate/Grand Order』では第ニ再臨からメイド服を、第三再臨から純白のドレスを着る。『Fate/Grand Order Arcade』ではヘッドホンを付けた学生服の様な衣装を着ている。
ダ・ヴィンチと基本的に同じだが、少しだけ少女性が強くなっている。言葉遣いも柔らかく、女の子的な語尾が混ざることもある。
相手への対応やセリフの根底には『教師として、知恵者として上から諭す』のではなく、『これから万物を学ぶものとして教えてもらいたい』という生徒的なニュアンスが含まれる。「御本を読んで!」とせがむ少女のように。
ダ・ヴィンチは他の英霊たちと違い、サーヴァントとなっても探究心・向上心の塊だった。死者の夢であろうと、彼は現代(いま)を生きる者だったのだ。小ダ・ヴィンチもその在り方は変わらない。彼女も自分にできる最大限の成果を獲得しようと日夜走り回っている。とはいえ、出力が落ちている今の自分への不満・不安はある。「私は、前の私のように出来ているかな?」と口にするのはその表れ。
いかに前のダ・ヴィンチからすべての記憶を受け継いでいても、それは小ダ・ヴィンチが経験した事ではない。だからこそ彼女は憧れている。『オリジナルの自分が、カルデアのスタッフと共に過ごした一年』に。そして、同時に焦がれてもいる。それに匹敵する思い出を、その功績に対して胸を張れる成果を、自分は残さなくっちゃ、という責任感と共に。
シャドウ・ボーダーで生体ユニットとして中央電算機メインフレームになっている間はアナウンスで会話する。
能力
低コストだが、低出力の低ランクサーヴァントで、戦闘能力はほとんどない。
シャドウボーダーのナビをする人工サーヴァント。ダ・ヴィンチの頭脳がなければボーダーの機能は十全に発揮されないため、ボーダー移動時には生体ユニットとして中央電算機メインフレームとなりシステム管理を行っている為、基本ボーダーから離れられない。制御管に座ると会話ができなくなる。
後方支援面では前の彼女より万能度は落ちているが、英霊のエーテル体用の回復ポッドや霊基外骨骼用追加オプション「オレルスボード」、観測装置と通信中継器を兼ねた魔術礼装式ドローンなどを作成するなど健在。
シャドウボーダーの設備を利用しての情報管理や修理改造、霊基外骨骼の点検などでメンバーをサポートしている。
戦闘時にはローラースケートで駆け回り、背中のランドセル型バックパックから「ウルティモマニピュレーター」なるアームやビームやミサイルで攻撃し、切り札に小型戦車を呼び出して戦う姿を見せる。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
ライダー 主人公 (Grand Order) D D B A A+ B 騎乗:B
陣地作成:C
オーバーホール:E
黄金律(体):EX
アクセルターン:B
星に夢を:D
騎乗:B
陣地作成:C
道具作成:A
黄金律(体):EX
アクセルターン:B
オーバーホール:B

宝具[編集]

境界を超えるもの(ビューティフル・ジャーニー)
ランク:B
種別:対界宝具
レンジ:どこまでも
最大捕捉:だれであれ
虚数潜航艇シャドウ・ボーダーに乗り込み、目標がどこであれ虚数空間の海を通じて到達し、猛スピードで突撃、嵐を超えて新天地に駆け抜けていく「ぜんりょく☆まっすぐアタック」。
本来は人と国、文明と歴史、世界と空間を隔てる壁を越え、さらなる新天地、まだ見ぬ知識に相まみえるための移動手段である。
『Grand Order』では「自身のArtsカード性能をアップ[注 1][注 2]&敵全体に強力な攻撃[Lv.1~]&味方全体のNPを増やす」という効果のArts宝具。
『Grand Order Arcade』では「プロトボーダー」なる戦車を召喚し、砲撃を叩き込んでいる。

真名:レオナルド・ダ・ヴィンチ[編集]

ダ・ヴィンチによって鋳造された人造英霊。真名はグラン・カヴァッロ(レオナルド作による未完の馬の彫像、『巨大な馬(Gran Cavallo)』より)。
万能の天才レオナルド・ダ・ヴィンチが第二次グランドオーダーにそなえて鋳造しておいた分身。
万能鞄から展開するウルティモマニピュレーターで戦う純真可憐なハイブリット・サーヴァント。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
第二部開始と共に登場。カルデア残党およびノウム・カルデアの技術顧問となる。
後に4周年記念キャンペーン開催に伴い期間限定サーヴァントとして実装された。
Fate/Grand Order Arcade
ライダークラスのプレイアブルキャラとして『Fate/Grand Order』に先駆けて実装された。
マンガで分かる!Fate/Grand Order
ノウム・カルデア側にしか登場しないので、あまり出番はない。

その他[編集]

ちびちゅき!
生徒役。大きい方のダ・ヴィンチと仲良く発明に精を出していた。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

ロマニ・アーキマン
「前任者」の同僚。そのためか若干他人行儀であり「ロマン」ではなく「ロマニ・アーキマン」とフルネーム呼びである。
ゴルドルフ・ムジーク
カルデアの新たな所長。
自身が再起動してからの付き合いのためかフランクで、たびたび漫才を繰り広げている。
シオン・エルトナム・ソカリス
ノウム・カルデアが再編された後の仕事仲間。
同じ技術者同士で仲が良く、礼装を共同開発したりもしている模様。
ビリー・ザ・キッド
ロシア異聞帯では彼の拳銃を改造して性能を大幅に上昇させていた。
始皇帝
中国異聞帯ではシャドウボーダーを鹵獲されたのを皮切りに、デザインをパクられて粗悪品を量産されたり分解&再組み立てを(ネジを余らせて)雑に行われたりと神経を逆撫でするような事を繰り返された為にかなり印象が悪い。
彼の幕間の物語でも、裏でいろいろ手を回していたことについて「主人公を泣かせたら許さない」と釘を刺していた。
レオナルド・ダ・ヴィンチ
自分の創造主であり「前任者」。
その事にコンプレックスがあるのか、何かと「前の私と比べて上手くやれているか」と比較することが多い。その一方でマイルームでは「後継機の自分の方が出来る事が多い」と若干対抗意識を露にしている。

マンガで分かる!Fate/Grand Order[編集]

マンガで分かるランサーちびっこ王国のアーチャーマンガで分かるキャスターマンガで分かるセイバー
出所不明の彼女達について、何者か[注 3]の依頼を受けてダヴィンチちゃんが製作した。
理由は「彼女達の取り回しで尺稼ぎしてFGO弄りを載せないようにする」というろくでもないものであった。

名台詞[編集]

Fate/Grand Order[編集]

メモ[編集]

  • プレイヤーからの通称は「チビンチちゃん」もしくは「ロリンチちゃん」。中身は特にロリキャラと言う訳でもないが。
  • マイルームでのオリジナルの発言と、「操縦者」であるという状況証拠からライダークラスである事は有力視されていたものの、プレイアブルキャラとしては派生作品である『Fate/Grand Order Arcade』で先行実装されるという経緯を持つキャラ。
  • 小学生風のファッションやローラースケートは、担当声優の坂本真綾氏が主題歌を歌っている『カードキャプターさくら』の主人公である木之本桜が元ネタではないかと囁かれている。
  • 『Grand Order Arcade』で宝具として使われている「プロトボーダー」のデザインは「シャドウ・ボーダー」と同じく、ヒライユキオ氏が担当している。[出 2]
  • 設定では低級サーヴァントとして扱われているが『FGO』に実装された際のレアリティは最高の星5であり、コストや戦闘力もそれに見合ったものとなっている。ウルティモマニュピレーターの分を加算したデータなのだろうか。

話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. 1ターン
  2. オーバーチャージで効果UP
  3. おそらくはマンガで分かるライダーマンガで分かるアサシン。ただ、利益は平等に四等分と言っているので、もう一人誰か居る可能性が高い。

出典[編集]

  1. レオナルド作による未完の馬の彫像、『巨大な馬(Gran Cavallo)』より
  2. 2019年1月16日19:17 Twitter ヒライユキオ

リンク[編集]