宝石魔術

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

概要[編集 | ソースを編集]

宝石などの鉱物に魔力を込めて行う魔術。
宝石は持ち主の念を溜めやすく、魔力を宿しやすい。中でも長く地中に眠っていた鉱石には自然霊が形成されやすく、属性を帯びた宝石はそれだけで簡易的な魔術刻印となる。火の自然霊が宿った宝石は、魔力を通すだけで燃えやすいというふうに。
基本的に宝石は使い捨て。威力は高いが、コストも高い。

宝石と魔術の関係性はメソポタミアや古代エジプトなど、人類の歴史とほぼ同時期に発生した宝石幻想に起因する。
もともと宝石は王の象徴で、錬金術や錬丹術で見られる様に不老長寿の薬としても用いられた。
表の歴史的にも大方意味を持つ書物で、取り分け七十二の鉱物について著述をまとめ、鉱物や薬剤としての説明だけではなくパワーストーンの源流となった書物「アリストテレスの鉱物書」や、あらゆる石を四元素と四つの基本性質、四つの液体によって区分したヒルデガルトの「自然学」などが有名。

エーデルフェルト家が使用するものは、厳密に言えば原典の宝石魔術とは異なり「魔力そのものの流動に宝石という媒体を使った、特殊なルーン魔術」。その魔術の本質は「価値を誇ること」ではなく、「価値を流動させる事」にある。

使い手[編集 | ソースを編集]

遠坂凛
宝石の中で魔力を流転させ、本来保存できないはずの魔力をストックしておき、宝石に宿った念に乗せてそのまま魔力を解放することにより魔弾として戦闘に転用する。
17年間休み無く織り上げた十の宝石が切り札。
遠坂凛 (プリズマ☆イリヤ)
『stay night』の凛と同じく宝石魔術を使う。
用意していた宝石8つを直列起動することで術式を構成した、「打ち砕く雷神の指(トールハンマー)」を使用した。
本人曰く「魔力の高速回転増幅路」。多重魔法陣に魔力をチャージし、一気に撃ちだす「砲台」。
作中では、過去最強と目される8枚目のカードを一撃必殺すべく、初撃での最大火力を叩き出す手段として選択される。
遠坂時臣
大粒のルビーを先端にはめ込んだ杖の魔術礼装を使用する。
遠坂永人
宝石翁の弟子ということで、宝石魔術の使い手と思われるが、詳細は不明。
ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト
宝石魔術を使うが、厳密に言えば原典の宝石魔術とは異なり「魔力そのものの流動に宝石という媒体を使った、特殊なルーン魔術」。
その魔術の本質は「価値を誇ること」ではなく、「価値を流動させる事」にある。 魔術詠唱には英語を用いる。
ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト (プリズマ☆イリヤ)
元の世界では英語で宝石魔術を扱うのに対し、本作のみドイツ語で宝石魔術を使用する。

関連[編集 | ソースを編集]

遠坂家
エーデルフェルト家

メモ[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]


出典[編集 | ソースを編集]


リンク[編集 | ソースを編集]