ビーストⅢ/R

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索

ここでは『Fate/Grand Order』におけるビーストⅢ/Rについて説明する。
Fate/EXTRA CCC』での殺生院キアラについては「殺生院キアラ」を参照。

ビーストⅢ
真名 ビーストⅢ/R
初登場作品 Fate/Grand Order
声優 田中理恵
性別 女性
デザイン ワダアルコ
テンプレートを表示

概要[編集]

『Fate/Grand Order』におけるキアラ。
七つの人類悪の一つ、『快楽』の理を持つ第三の獣のうち、『愛欲』を担う片割れビーストⅢ/R

略歴
『EXTRA CCC』とは異なり、山の外からやってきた医者の治療で回復。山に囚われる事なく下山し幸福な学生時代を送った。
年齢は不明だが、礼拝堂に残されていた記録が正しければ、2017年の時点で25歳。
その後持ち前の善性で様々な人々を救うが、成果を上げながら金銭を取らないキアラの方針を快く思わなかった既得権利団体の攻撃を受け、徐々に居場所を失う[1]
最終的に海上油田基地セラフィックスに流れ着き、教会で人々の悩みを聞き、解決するセラピストとして勤務するようになった。
仏教徒の身なのに西洋の教会をあてがわれた時には呆れたものの誠心誠意自らの職務に務めていたが、2017年1月に時間神殿から逃亡しセラフィックスを活動拠点に定めたゼパルに隠れ蓑という形で取り憑かれ、魔神の手先としてセラフィックスを支配する為の傀儡となってしまう。
そんな中、ゼパルが数多ある並行世界から最も優れ、なおかつ特異な運命にあった『月世界』――月の裏側と呼ばれた虚数空間でムーンセルを手に入れたキアラを見つけ出し、これと同期させられた事で脅威的な能力が引き出される。この結果セラフィックスはSE.RA.PHに変換され、キアラも『EXTRA CCC』の自分と同じ運命を辿ることになってしまう。即ち、己の快楽の為に周囲の人々を徹底的に踏み台にするという運命のもと、彼女は人知を超えた脅威に転ずることとなった。
最悪の魔性に目覚めたキアラは精神を病んだセラフィックスの職員達を本格的に自らの狂信者に変え、自身を操っていた筈のゼパルさえ逆に支配する魔人となる。さらにSE.RA.PHに残されていたとある機構を利用し、聖杯戦争と称して大量のサーヴァントを召喚。延々と殺し合いを続ける彼らを栄養源にする事で、いつしか『愛欲』の理を持つ獣、ビーストⅢとして成長してゆく。
この過程で『EXTRA CCC』のキアラに取り込まれたアルターエゴを分離させ手駒として利用するが、これが後に彼女が敗北する事となった最大の要因のひとつとなる。
そんな状態のSE.RA.PHから発信されたSOSを聞きつけてレイシフトして来た主人公には、当初は既に故人であるマーブルの遺体を隠れ蓑として「マーブル・マッキントッシュ」として振る舞い、共に行動していた。終盤、唯一の生存者であるアーノルド共々エミヤ・オルタの銃撃に遭うものの、彼を強引に自身の味方として取り込む。主人公がそのエミヤ・オルタを倒した事で、ついにその本性を現した。
彼女の最終目的はSE.RA.PHと一体化し、地球の内核に到達して星と同化、これを以て人類救済を成すというもの。
この計画を阻まんとした主人公達を一度は圧倒するが、BBの90秒分の時間逆行によって取り逃がす。実は一度キアラと戦い敗れるも命からがら一人逃げ延びていたメルトリリスの報告を受け、BBが密かに作っていた秘密兵器、アンチR-18フィールド『Wisdom Hold Intelligence Powered』───メルトちゃんデスwhipの力を借りて再挑戦した主人公たちの前に敗北。主人公の勝利を認めながらもSE.RA.PHから主人公たちを切り離し、単独で地球の核へと潜行し始める[2]
だが、ここまでの展開を予見していたメルトリリスがパッションリップとの合体宝具「ヴァージンレイザー・パラディオン」で捨て身の追撃を敢行、この直撃を受けて致命傷を負い肉体の崩壊が始まる。
しかしなおも諦めず、全てを出し尽くして満足に動けないメルトリリスを捕縛し、彼女の霊基を乗っ取った上で主人公を消し再起を図らんとする[3]も、死んだとばかり思っていたエミヤ〔オルタ〕の不意打ちの銃撃に妨害され失敗。それでも崩れる腕でメルトリリスを捕まえようとするも、その行動が遅れた隙を突かれアーチャーたちによってメルトリリスをワイヤーで離脱させられてしまう。その巨体では浮上もかなわず、そのまま鉄の塊のように沈みながら分解されていき消滅した。
そんな散り際に臨み、同じ『快楽』から生まれながら、快楽に沈んだ己自身と快楽の湖面から飛んだメルトリリスとの違いを見つけようと、自分もまたアルターエゴとして一時の召喚に応じる顛末を受け入れるのだった。
人物
セラフィックス職員となった当初のキアラは紛れのない聖人であり、自身の人格を書き換えたゼパルからも「偽りなく聖女」「救世主の器を持ってさえいた」と評されていた。この魔神の干渉がなかったら慎ましやかだが幸福な人生を送り、セラフィックスのような小さなコミュニティにおいて、最後まで人々に敬われるに足る人物であることは[4]確かだっただろう。
しかしゼパルの手により自由意思を剥奪された上善性を封じ込められ、ムーンセルのキアラと同期させられたことでそれと同様の魔性と化してしまい、全てが暗転してしまう[5]。その後の彼女は狂乱状態に陥ったセラフィックスの人々をみて悦に入ったり、SE.RA.PHで召喚されるサーヴァントのマスターを死体がすり切れるほどに悪夢を見せる形で酷使するような悍ましい性格へと変貌する[6]
彼女は「人間を愛する」と心の底から語り、救いたいとも述べていたが、変貌したキアラにとっての「人間」とは自分だけであり、それ以外の人間は人の形をした獣か虫に過ぎない、と認識する自己愛の怪物になってしまった。
彼女は誰よりも"人間"を愛し、そのために他の全ての命を利用する。だが本来なら救世主にもなれる資質の全てを自分への愛だけで使い潰し、有り余る慈愛も、心を癒す言葉も、美しく見える真心も、全て自分のためだけに使っている。変貌後はその外見が未だ聖母のようだと周囲が誤認したに過ぎない。
ビーストとなった動機も、ゼパルが持っていた時間神殿での戦いの記憶が彼女には夢のように映ったため。「自分も星の数ような英霊たちに責められ殺されたい」と願ったが、人の身はおろか魔神の身となってもその願いが叶えられない…という常軌を逸した物。
一方で善性を封じられた影響なのか、CCCにおけるキアラと比較すると他者に対する言動に悪意が目立ち、かなり往生際が悪い。他、学生時代から年上扱いされていたことを気にしていたらしく、年増呼ばわりされるとムキになる。
能力
ビーストとして未だ蛹である為自由に動けないという制限、加えてSE.RA.PHに依存していたことから、単独個体の強さに関しては『EXTRA CCC』のキアラには及ばなかった。
しかし、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚…五感全てを誘惑し、一つでもその色香に惑えばたちまち相手を妄信的な信徒にする魅了スキル『万色悠滞』や魔性菩薩化するスキル『五蘊黒縄』を有する他、ビーストとしてのスキル『獣の権能』『ロゴスイーター』によって知性体を問答無用で溶かすため、欲望ある生命の悉くに勝ち目はない。
実際に初戦では主人公に協力したサーヴァントを瞬く間に全滅させ、その後の会議でロビンフッドやBBからは「サーヴァントが100騎いても太刀打ちできない」「現状ではビーストⅢを倒すことは困難」と評されていた。
SE.RA.PHのいくつもの防衛機構の一つであるセンチネルに植えつけられたキアラの因子KPをすべて消去して、ようやくキアラの全能に翳りができる。KPを消去された彼女の姿は、魔性菩薩としての姿から翳りが出た部分を魔神柱の部品で埋め合わせたようなものとなっている。

別クラス / バリエーション[編集]

アルターエゴ[編集]

ビーストⅢ/Rが力の一部をアルターエゴとして残したもの。

詳細は殺生院キアラ〔アルターエゴ〕を参照。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
ビーストⅢ - C EX B EX A EX 獣の権能:A 万色悠滞:EX
ロゴスイーター:EX
ネガ・セイヴァー:A
カルマ・ファージ:EX

宝具[編集]

スカーヴァティー・ヘブンズホール
際限ない物量の魔神柱を体内に飼育するこのビーストは、現実にできた“天の孔ヘブンズホール”と言われている。
この第三魔法の亜種の具現はブラックホールのように超重力で相手を引き寄せはするものの、その本質は廃棄孔であるとされる。
『人間が善き行いをする時、持っていては都合の悪いもの』。“天の孔”はこの身勝手な人間の悪性情報―――『この世全ての欲』を受け止め、広がり続ける。
紛れもなく醜悪な淀みだが、社会においてこの孔はなくてはならない機構であり、知性活動が行われるかぎり規模を拡大していく。人間にとってあってはならない、おぞましい欲望を溜め込みながら。

真名:ビーストⅢ/R[編集]

随喜自在第三外法快楽天を名乗る新しい天(かみ)。
その正体は『快楽』を優先する自己愛の塊であり、その過程で他人の人生を利用・食い物にし、破滅させる人畜災害。
愛は良いものであり、欲も良いものである。だが『愛を快楽に』してはいけない。
本来、愛と欲は切り離して考えるべきもの。しかし人を愛し、人を悦ばせようとした救世主の魂が第三魔法に至った時、殺生院キアラは人ならざるものに変生した。
地上のすべての動物を快楽によって救い、またその快楽の受け皿になって最高の救済を求め。七十億の命をただ自分一人のために使い、絶頂を迎えようとしたもの。その先の目的も、満足する果ても知らず、ただ快楽のみで“人間”を救おうとしたもの。
以上の本性をもって彼女のクラスは決定された。快楽天なぞ偽りの名。
其は個人が到達した、人類を最も端的(最短)に救う大災害。
その名もビーストⅢ/ラプチャー。七つの人類悪の一人、『愛欲』の理を持つ獣である。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
ビーストクラスのラスボス登場から、間髪入れずアルターエゴクラスとしてプレイアブル化という衝撃の登場を果たした。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

魔神ゼパル
セラフィックスを活動拠点に定めた彼によって取り憑かれた上に善性を封じ込められてしまうが、その結果、セラフィックスの職員は正気を失ったのみならず、ゼパルも逆に彼女に乗っ取られるという結果を招いた。
小指先しかない意識はその状態で解放されれば消滅するという事実に発狂し、魔神としての誇りをかなぐり捨て彼女への隷属を望んだが、キアラはゼパルをいとも簡単に捨てていった。
この魔神は悲惨な末路を迎えたものの、その発端となった行為によりセラフィックスもまた最悪な方向に動き出した(しかも結局『Grand Order』のキアラも同様に犠牲者の一人になった)ため、BBによる「因果応報」の評を否定することは出来ない。
マーブル・マッキントッシュ
セラフィックスでの同僚。
生前の関係は不明だが、どこかの時点から彼女の皮を被り、彼女のふりをして行動していた。
アーノルド・ベックマン
セラフィックスでの同僚。
事件発生時は(おそらくセラピーを通じて)彼を背後から操ってコミュニティのリーダーに仕立て上げ、集団のカルト化を裏から押し進めていた。
合流後は沈んでいた彼を励ましたら調子づかせてしまったり、癇癪を起こした彼に暴力を振るわれたりと、共に惨劇へと沈んでゆくことになる。
パッションリップ (Grand Order)メルトリリス
『EXTRA CCC』では彼女たちを取り込んでいたが、『Grand Order』の『深海電脳楽土 SE.RA.PH』においてはムーンセルのキアラの中に取り込まれたリップやメルトをサルベージし、センチネルにした。
マーブル・マッキントッシュの皮を被って主人公達の仲間になった際は、アルターエゴということで強く怯えており、仲間になった後も警戒心は解けなかった。……というフリをしていた。
BB/GO
リップやメルト同様、月世界のキアラの中に取り込まれていた彼女をサルベージし、聖杯戦争の管理を任せた。
だが、彼女には嫌われていたため、自身の討伐を目標とするムーンセルから送り込まれたBBと知らぬ間に代替されていた。
エミヤ〔オルタ〕
彼のプロフィールにていずこかの世界のキアラが彼を失墜させた原因であることを示唆されており『深海電脳楽土 SE.RA.PH』ではさらにそのことについて踏み込んでいる。
一度は不意打ちで仕留め、そのまま傀儡にして主人公一行と力尽きるまで戦わせたが、最終的には満身創痍で再起した彼に土壇場で一杯喰わされ、共に海の藻屑と消えながらも断末魔を上げて悶え苦しむ自身を嘲笑われる。
主人公 (Grand Order)
ビースト時、メルトリリスの認識上に於ける1周目の戦いで彼女を庇った所を殺害する。この時はメルトリリスの添え物扱いで大して意識していなかった。
ガウェイン
助けてもらった人。その点については感謝しているが、「マダム」呼ばわりには傷ついている。
恐らくビーストⅢ/Rしての本性により、人知れず溶かしてしまったと考えられる。

その他[編集]

殺生院キアラ
『EXTRA CCC』での自分自身。

名台詞[編集]

Fate/Grand Order[編集]

戦闘[編集]

「和光同塵、真如波羅蜜。慈悲です、戯れといたしましょう」
殺生院キアラ時の戦闘開始の台詞。
「眼には色を、耳には言葉を」
「口には蜜を、鼻には香を」
「そして肌には昂ぶる熱を。んっふふ……ははははうふふふ」
殺生院キアラ時のロゴスイーター使用の台詞。上から一回目、二回目、三回目。
「うふふふふ」
被ダメージ時の台詞。殺生院キアラ、魔性菩薩の両方とも同じ。
「堕ち行く先は殺生院、あぎとの如き天上楽土。一寸の虫にも五分の魂と申します。ふふ、ふふふ。もはや何人なんびとも私からは逃れられません」
魔性菩薩時の戦闘開始の台詞。
「あら、どうしましたか?」
「可愛らしいこと」
「可愛がってあげましょう」
魔性菩薩時の攻撃時の台詞。
「どこまで逃げても掌の上」
魔性菩薩時のスキル使用時の台詞。
「それでは皆々様、済度の日取りでございます。──天上解脱、なさいませ」
「万色悠滞、蓮の華に御還りなさい。」
魔性菩薩時の宝具使用時の台詞。

マテリアル[編集]

『目を開ければ、そこは無限に続く肌色の平原。
 魔性菩薩の手のひらの上。
 果てしなく遠い地平線の彼方でキアラは微笑む。

“人類とはみな未熟な獣。
 欲を食べ、欲に溺れ、
 欲に溶ける泡沫の実なのです―――”

 その獣性を菩薩の如く受け止める女神であれば、
 誰が、どうやって、この巨大な愛を、
 無限の愛を拒めよう。
 大悟も解脱もその指一つで随喜自在。
 行き着く先は殺生院、顎の如き天上楽土』
マテリアルに記述された文章。

イベント[編集]

「―――それは、羨ましかったのです。
 だってずるい。
 あんな、あんな―――
 あんな素晴らしい光景が他にあったでしょうか?
 ゼパル様が持っていた記憶―――
 時間神殿での戦いが、わたくしにはもう夢のようで。
 ゼパル様が。ゲーティアが。
 いえ、あの時にあった全てが、とても―――
 とても、気持ちよさそうで。
 いつしかこう願うようになりました。
 わたくしもあんな風に責められたい。
 星の数のような英霊たちに殺されたい―――」
キアラが人類悪になった、余りにも常軌を逸した理由。
人の身、魔神の身では叶わないからビーストになったという理解しがたい行動は、主人公を絶句させるには十分なものだった。
もはや聖母としてのキアラはどこにもなかった。
「この世に人は私だけ。
 私以外の人間はすべてケダモノ。
 私はそのように育てられました。
 そのような世界で生きたのです。
 私を悪と断じたのはごく少数の希少種だけ。
 ですが、そういうヒトに限って―――
 あのように、人間社会から逸脱した罪人とされました。
 私のような悪を処断しようと努めた者を、
 自分たちの利益にならないからと排斥する―――
 そのようなケダモノ達が人間だとでも?
 それでは無銘の英雄たちが、あまりにも報われません」
パッションリップから悍ましい自己愛の怪物と糾弾されるも、それを肯定した。
彼女の世界において、人間はキアラ自身だけであり、他の人間を人間とみなさない。そして、自分のような悪を処断しようとした無名の英雄を排斥した人々たちをケダモノと嘲笑った。
だがその時、その言葉を聞き流すわけにはいかないと死に果てたはずの男が立ち上がった。自分ではなく、無銘の英雄を排斥した人々――彼が本当に守ろうとしていた者たちを虚仮にしたのだから。
「いや、いやです、こんなのいや!やり直し!やり直しを求めます!だって、だって―――だって本当に、私」
まだ満足して無いのにぃぃぃいいい!あともう少しだったのにぃぃぃいいい!
自分の快楽を最優先するが故に反撃を許して絶頂を阻止され、海底に沈んでいく際の断末魔。
こうして、愛欲を司る獣は再び恋によってその目論見を破られたのだった。
(……でも、愉しかったのは紛れもなく
 何が違ったのでしょう―――
 私と彼女。快楽に沈んだわたくしと、
 快楽の湖面から翔んだ、あの―――
 ……ああ、そうですね
 その疑問こそ、私に与えられた罰ならば……
 彼女のように、アルターエゴになってみる顛末も、
 有り得るのかもしれませんね―――)
今際の際。自己愛で人類悪に変生した女は、恋に羽ばたいた少女の一撃と、死に体の男の一射によって海底に沈んだ。
彼女はその疑問の答えを得ようとアルターエゴになることを受け入れるが……?
「なっ……! なにをもって、そんな根拠のない事を仰るのです!?」
「私が年上だなんて、それは見た目だけで判断した偏見というものです!」
「世の中には二十代のように見える十代がいましてよ!? その逆だってあると私は主張しますっ!」
受け入れようとした主人公から「年上おことわり!」と跳ねつけられて。口の悪いサーヴァント以外には、常に悠然として他者を弄んできたキアラにしては、珍しく感情を露わにして反論してくる。
学生時代のトラウマを刺激されたためか、ビーストではなく当時のまともな人間だったころの名残が垣間見える発言。

メモ[編集]

  • 『Grand Order』公式ひいてはゲーム中において、初めて主人公 (Grand Order)を殺害した"ルート"の存在が言及された人物。何があっても決して死亡する事は無いと思われていた主人公の死の可能性はプレイヤー達に大きな衝撃を与えた。
    • メルトリリスが捨て身の行動で時間を巻き戻し「無かった事」になったという事項も付属していたとは言え、今後のシナリオにおける主人公の生存性/運命力に陰りが出来たのは間違いないだろう。
  • その通称と肩書きから、プレイヤーからは「快楽天ビースト」(実在するR18雑誌名)等と言われている。
    • さらには出版元のワニマガジンもノリノリで、「召喚の触媒にどうぞ」とTwitterで宣伝していた。
  • ビーストⅢ/R時に使用されるスキル、「貪瞋癡の三毒」とは、仏教において克服すべき煩悩である貪欲(とんよく。むさぼり(必要以上に)求める心)、瞋恚(しんに。怒りの心)、愚痴(ぐち。真理に対する無知の心)の三つを指す。
  • セラフィックス事件はBBによって虚数事項として処理され、「無かったこと」になった。それに伴い、セラフィックスの職員は事件が終わった後、全員生還している。しかし、竹箒によると「ゼパルとキアラ、テメーらは駄目だ」とのことなので、キアラは消滅したままの可能性が高い[7]
    • 前述されている通り、FGOの世界におけるキアラは元々は救世主の資質を持った善性の人物だったので、ゼパルに歪められてしまったという意味では被害者の側面もある。故に、見方によっては消滅という結末に至ったのは不憫である。あくまで消滅したのは「魔性菩薩となったキアラ」であるという見方も無くはないが...
  • 『EXTRA CCC』のキアラが2032年に20代後半、こちらのキアラが2017年に25歳であるとすると、15年前後のズレがあることになる。産まれた年が違う、CCCキアラの年齢が実際はもっと上、あちらの肉体の死亡から聖杯戦争参加までに時間差があった等の理由が考えられるが、明言はされていない。

脚注[編集]

  1. だが本人はこの事について全く気にしておらず、その境遇を不幸とは感じていなかった模様
  2. この時、SE.RA.PH内の魔神柱の反応も虚数空間から溢れ出すほどに増大しており、時を待たず爆発増殖して海域一帯が魔神柱の雨で埋め尽くされかねない危機的状況であった。魔神柱を殲滅することは当然現実的ではなく、1秒の間に44本魔神柱を殺さないと間に合わないとされている。…ちなみにこのペースは冠位時間神殿の戦いで管制塔バルバトスが討伐される速度とほぼ同等だったりする。
  3. ただしメルトリリスのみならずパッションリップとBBのリソースを取り込んでも、ビーストⅢ/Rに変生したキアラ程の霊基には届かないものだった。
  4. 竹箒日記でも「ゼパルさえ現れなければセラフィックスの職員たちの荒れた心はキアラに癒やされていた」と語られている。竹箒日記2017/5/12
  5. セラフィックスの教会に残された映像に「他人を信じられない。自分だけが愛おしい。 良識も道徳も、腐った食べ物のように気持ち悪い」とキアラの変調が描かれていた。
  6. 残酷な夢に関しても70回を越えたあたりから数えるのをやめたと語っている。
  7. 竹箒日記2017/5/12

リンク[編集]