2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

アルターエゴ

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索

アルターエゴ(Alter Ego)とは、自我から別れた別人格。

概要[編集]

哲学においては他者の持つ自我の事である。オルターエゴとも。
通常の聖杯戦争には存在しないエクストラクラスだが、クラス名だけを意味しない。

サクラファイブ[編集]

BBから作られた上級AI達。

“完全なAIには不要”…ではなく、『もうコントロールできない』[出 1]と危惧して切り離した愛憎、快楽、純潔、渇愛、慈愛の五つの感情から作られたアバターであり、その属性に縛られた違法霊基である[出 2]
作り出す過程で複数の女神のエッセンスを集め、モザイクのように複合した切り貼り霊基。その性質上、生まれながらにして違法の塊であり、縁なき者にとっては人ならざる殺戮人形に等しい存在とみなされる[出 2]

BBによって生み出されたアルターエゴたちは女性の扇情的な身体部位をシンボライズしている。リップは胸、メルトは脚。残りのアルターエゴたちは目、唇、背中[注 1][出 3]

BBは人間のように、自分の目的のために世界を変革しようと、時間の概念のない月の裏側で自己改造を繰り返し、とあるマスターが5回戦を終えるまでの間、虚数空間でひたすらレベルアップを試み、エンジンを付け足すように『身の丈に合う筈のない』増築を繰り返して巨大構造体となった。サクラファイブはその過程でうまれたものであり、肥大化していく自我や機能を整理・分離し、自らのアシスタントにしようと目論み、結果として五体のアルターエゴが誕生した[出 1]

BBの感情から作られた彼女たちには魂があり、すでにBBとは違う生命体として活動している。ムーンセルにおいて魂の作成はそう困難なことではない。なぜなら、魂の設計自体は既に解明されており、むしろ魂という「筐」の中に自意識が宿るかが重要である[出 4]
BBのアルターエゴたちは不完全なコピー形式から生まれ、その欠損を埋めようと足掻く事でBBとは違う独自の自意識を獲得したわけであるが、オリジナルであるBBがもつある感情だけは共通して受け継いでいる[出 4]

タマモナイン[編集]

玉藻の前によってもとの一尾に戻る際に切り離した八つの尾が実体化し、それがそれぞれに神格を得て分け御魂として英霊化したもの。

『EXTRA CCC』での玉藻の前のEDで主人公を助けるためにキャスターはレベルアップを重ね、厳しい仙人修行も難なく終えた事で九尾状態になり、その力でムーンセルを征服した。
だが、彼女はその増えた尾をどうするのかと考えたところを、マスターと再会した事でそれぞれの尾が権利を主張し出し、増えた尾を切り離して虚数空間に封じ込めることになった。

だがその切り離された尾それぞれが「タマモナイン」としてアルターエゴとなり、SE.RA.PHをハック。正常稼動区域は3%を切り、首都圏は2Dドットに書き換えられてしまう。
タマモナインはSE.RA.PHを九等分して独立国家とした。それぞれの国で主義主張、フェチズムと弱点属性・有利属性は違うが、市民に選択の自由はない。

関連人物[編集]

これまで登場したのは以下12人。

名前 登場作品 作成元
パッションリップ
(FGO版ページ)
Fate/EXTRA CCC
Fate/EXTRA CCC FoxTail
Fate/Grand Order
BB
メルトリリス
(FGO版ページ)
Fate/EXTRA CCC
Fate/EXTRA CCC FoxTail
Fate/Grand Order
ヴァイオレット Fate/EXTRA CCC FoxTail
キングプロテア Fate/EXTRA CCC FoxTail
カズラドロップ Fate/EXTRA CCC FoxTail
タマモキャット[注 2] Fate/Grand Order 玉藻の前
殺生院キアラ Fate/Grand Order ビーストⅢ/R
メカエリチャン Fate/Grand Order エリザベート=バートリー
メカエリチャンⅡ号機 Fate/Grand Order
蘆屋道満 Fate/Grand Order 不明
沖田総司〔オルタ〕 Fate/Grand Order 沖田総司
シトナイ Fate/Grand Order イリヤスフィール・フォン・アインツベルン

Fate/Grand Order』では、既存クラスとなったタマモキャット以外はエクストラクラスとして扱われ、バーサーカー、フォーリナーを除く全クラスの攻撃を通常値で受け、ライダー、キャスター、アサシンに対して与えるダメージ増加、バーサーカーとは互いに弱点を突き、フォーリナーには攻防共に有利、セイバー、アーチャー、ランサーに対して与えるダメージが低下という相性。

メモ[編集]

  • CCC最初期案では、第一階層のボスは赤ランサー、第二~第六階層のボスはサクラファイブ、第七階層のボスはBB黒幕という構成だった。まさにサクラ地獄。
    しかしゲーム本編に登場したのはパッションリップとメルトリリスの二人に留まり、「お蔵入りになって良かったような、残念のような」とのこと[出 3]
    • ちなみにサクラファイブという名称自体は『EXTRA material』で語られていたが、後に『Fate/EXTRA CCC FoxTail』で正式に登場。それに伴い、没となったヴァイオレット、キングプロテアは日の目を見ることとなり、最後の一人であるカズラドロップも後に満を持して登場した。『Fate/EXTRA CCC FoxTail』ではレオが命名しており、凛はセンスのなさに突っ込んでいるが、一方で主人公は「桜の同型機の分身だけあってどれも花の名前」らしい事に注目している。
    • Fate/Grand Order』と『Fate/EXTRA CCC』コラボイベント『深海電脳楽土 SE.RA.PH』にてその名称に言及。実装されたメルトやリップに加え、残りのアルターエゴの属性である感情について触れられている[出 2]。さらに、パッションリップの幕間の物語ではサクラファイブ全員の名称が出ている[出 1]
  • 『Grand Order』ではBB以外のアルターエゴも増えているが、クラスの該当キャラとしては蘆屋道満の登場まで『Fate/EXTRA CCC』での初登場キャラ、あるいはそれを基盤とした派生キャラのみとなっていた。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. 予測される対応としては、ウツボカズラがモチーフで口元の描写が多いカズラドロップが「唇」、登場シーンで目のアップが多いキングプロテアが「目」、一見メドゥーサ繋がりで目がシンボルのようだが背面が危険すぎるヴァイオレットが「背中」であると思われる。
  2. サーヴァントとしてのクラスはバーサーカー

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 幕間の物語「サクラ迷宮/M」
  2. 2.0 2.1 2.2 『深海電脳楽土 SE.RA.PH』第二幕「滑落のコッペリア(2/5)」
  3. 3.0 3.1 「Fate/EXTRA用語辞典-サクラファイブ」『Fate EXTRA material』p.183。
  4. 4.0 4.1 「Fate/EXTRA用語辞典-アルターエゴ」『Fate EXTRA material』p.157。

リンク[編集]