サンジェルマン

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search
サンジェルマン
性別 男性
初登場作品 Fate/strange Fake
テンプレートを表示

概要[編集]

リチャードⅠ世に仕え、宮廷魔術師的な立場で支えてきた、本人曰く「たかが貴族、ただの詐欺師」。

略歴
Fate/strange Fake』において、アヤカが睡眠中に見たリチャードの回想の中に登場。
間接的にリチャード一行を騙して荒野に誘い出し、過剰装飾した自動車とスチームパンク風の衣装という意表をついた登場で度肝を抜いた。
その後意気投合したリチャードに仕えることを宣言し、以降は宮廷魔術師のような立場から彼を支え続けたようだが、サンジェルマン自身は魔術師ではないとのこと。
人物
やたらとテンションが高く、自分の名前に強い拘りを持つ人物。
あまり相手の気持ちを考えずに喋り倒し、空気を読まない所があり、詐欺師のような言動と相まって非常に胡散臭い。
フランチェスカ・プレラーティ曰く、享楽主義者。
能力
一体どのようにして知って作ったのかは不明だが、明らかにオーバーテクノロジーな自動車や衣装を持ち込んでいる。
また、「アヤカが夢で見た、リチャードの回想シーンの中から、アヤカの存在を知覚する」という最早意味不明な行為をしでかしている。
高度な千里眼でも持っているのかもしれないが、本人の言葉を信じるなら、「魔術師でも、妖精でも、夢魔でも、吸血種でも、時間逆行者でも、世界を渡る魔法使いでもない」とのこと。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/strange Fake
アヤカが見た夢の中、リチャードの回想に登場した。

人間関係[編集]

リチャードⅠ世
生前、宮廷魔術師のような立場で支え続けた相手。
アヤカ・サジョウ
「アヤカが見たリチャードの過去」の夢の中から彼女の存在を感知し、メッセージを返した。
アレキサンダー
生前出会った事があるかのように語る相手。
彼曰く「マハトマを知っている」とのことだが、サンジェルマンは神智学ではマハトマの一人に数えられている為、本当に面識があるのかもしれない。
フランチェスカ・プレラーティ
彼女の発言が正しいなら、かつてギャフンと言わせた相手。

名台詞[編集]

「よくぞ聞いてくれた!私の名はサン・ジェルマン!サン・ジェルマンだ!サンで区切っても構わないが、気軽に繋げてサンジェルマンと呼んでくれたまえ。そう、サンジェルマンだ!サンジェルマンという名の享楽主義者が今、未来の偉大なる王の前に現れた!これは記念すべき事だよ?私にとってだがね!」
「私は過去の英雄譚をなぞろうとする君の道標であり、破滅を匂わせる警告者であり、終わりを告げる予言者であり、時には希望の枝を咥えた鳩となる事もあるだろう。それが君にとってのサンジェルマンという男の役割だ」
「残念ながら、私は魔術師ではない。妖精でも夢魔でも吸血種でも時間逆行者でもなければ、世界を渡る魔法使いというわけでもない。たかが貴族に過ぎず、ただの詐欺師だ、、、、、、、、、、、、、、、、、、
「だから私の名前など覚える必要はないし、すぐに忘れて貰って構わない。もう一度自己紹介しておこう。サンジェルマンだ。名前は忘れてくれていい、サンジェルマン……そう!サンジェルマンだ!サンジェルマン……名前は重要ではない、それがサンジェルマンという男だ。サン? オア、ジェルマン?」
生前のリチャード達の前に突如現れ自己紹介するシーン。奇妙なテンションで饒舌に語り、そしてこれでもかと言う程自身の名を繰り返すが、しかし名前は重要ではないと言う。破滅や終わりを謳いながら道標であり希望であると謳う。超越した存在ではないただの詐欺師であると謳う。彼は一体何者なのだろうか?
瞳の奥の君も、末永く宜しく、、、、、、、、、、、、、
「恐らくは遠い未来から覗き見している、人生の迷い子よ」
夢という形でリチャードの視点から過去を見ているアヤカを明確に認識しているかの様な言葉を吐く。

メモ[編集]

話題まとめ[編集]

不死伝説
彼に付き纏う噂の一つとして、「サンジェルマンは老いず、不死である」というものがある。
上記のようにリチャードに仕えてきたとされているが、サンジェルマンは18世紀、リチャードは12世紀の人物でそもそも時代がまったく違う。
これの由来は彼自身が語った「パレスチナでリチャード一世と出会ったことがある」という話であるが、それ以外にも「一切の食事をしなくても問題ない」「キリストに出会った事が在る」「ソロモンとも面識がある」など非常に胡散臭い話を語っている。
当然詐欺師呼ばわりされる結果となったが、「数十年の時を経た姿がまったく変わっていなかった」という証言もあり、結果として「サンジェルマンは不老不死である」とまことしやかに語られることになった。

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]