間桐雁夜

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索
間桐雁夜
読み まとう かりや
初登場作品 Fate/Zero
声優 新垣樽助
身長 173cm
体重 55kg
誕生日 3月22日
血液型 AB型
性別 男性
イメージカラー 青緑
特技 文書作成
好きな物 小旅行
写真撮影
苦手な物 豪奢なもの
天敵 間桐臓硯
遠坂時臣
テンプレートを表示

概要

間桐の魔術師第四次聖杯戦争バーサーカーのマスターとして参戦する。

略歴
第四次聖杯戦争当時の間桐家当主・間桐鶴野の弟であり、正当な間桐の魔術師ではない。
魔術の資質そのものは兄より優れていたものの、間桐の魔術を嫌って家を出奔した過去を持つ。出奔中はフリーのルポライターとして生計を立てていた。
遠坂時臣の妻、とは幼馴染であり、関係が疎遠なものとなってからも彼女とその娘たちの幸福を願い、愛しく想っていた。
そんなある日、葵の口からが間桐へ養子に出されたと知る。自身が間桐の継承を拒んだことにより桜が犠牲になったことに絶望した彼は、償いのため11年間戻らなかった間桐の家に戻る決意を固める。
間桐臓硯と交渉の末、間桐のおぞましい魔術から桜を解放することを交換条件に自身をマスターとして聖杯戦争に参加するよう要請。桜の解放、間桐へ桜を養子に出した時臣への憎悪を糧に、自身があれ程嫌悪していた魔術の鍛錬を受け、マスターとしての資格を得る。
一年間の魔術回路を補う刻印虫の影響で半死半生となり寿命は一か月ほどになったが、自分の命は桜と葵の母子のために使い捨てようと聖杯戦争に臨む。
初戦時は時臣自身に引導を渡すのは後に回しまずは聖杯戦争から脱落させて挫折の屈辱を味あわせてやると考え、真っ先に自身のサーヴァントに時臣のサーヴァントを殺すよう命じた。
倒せたわけではないが、アーチャーと互角に張り合ったという事に憔悴しながらも彼は心の内で時臣と臓硯に嘲笑を浴びせた。
時臣と対峙した際は桜を間桐に出した理由を問いかけたが、愛娘の幸せを願ったまでのことだと言う返答が理解出来なかった。そして「凡俗」という言葉が雁夜の脳に反響した。笑わなくなった桜、凛や葵と戯れている姿、あの母子たちの姿を凡俗と切り捨てるのかと。姉妹が「根源」を目指して争おうと幸せだと語る魔術師の思考を理解出来ないし理解したくもない彼は怨敵に攻撃を仕掛ける。だが時臣に彼が敵うはずもなく傷一つ付けれず燃やされ落下した。その後、信用しきれなかったが言峰と手を組み、時臣と決着をつけるべく教会に向かい用意された舞台に上がらされる。
協会での一件後も聖杯があれば桜を救える。そのために今日までずっと痛みに耐えてきたと痛みに耐える。他にも何かあった気がするが、思い出そうとすると痛みが襲うため考えてはいけない理由があるのだろうと察した。致命的なほど大事な事柄が破綻していると違和感を感じても痛みに中断される。
バーサーカーが敗れた後は、壊れた身体に劣らず精神も摩耗しきっていたが「桜を救う」という一心だけで間桐邸に戻って桜の前で最期まで譫言を呟きながら満ち足りた笑顔を残して死んでいった。
人物
感覚的に一般人で、魔術師の非情・矜持を受け容れられない。しかし、だからこそ極々平凡な幸福を貴いものとし、尊んでいる。
幼馴染の禅城葵に好意を寄せていたが、魔道の家として一際醜悪な間桐に彼女を近づけたくないという思いから、あくまでも親しい幼馴染として振る舞っていた。また、時臣のプロポーズに対して笑顔を浮かべる彼女を見て、自分よりも時臣を選んだ方が葵は幸せになれると信じ、その想いを胸に秘めたまま自身は身を引くなど奥ゆかしい人物でもあった。
一方で常に優雅たる時臣に羨望と嫉妬の感情を積み上げており、葵を幸せにしてくれるという期待を裏切られたことが引き金となって憎悪を発露。
葵の幸福を願い、彼女の娘を解放する為に聖杯戦争に参加するが、それが彼女の愛する夫を殺すことにも繋がっているという矛盾には気付いていない。
能力
兄である鶴野より優れた才能があったがこれまで魔術鍛錬を全くしていなかったため、寄生させた刻印虫による擬似的な魔術回路を用いる。この回路拡張により魔術回路の数だけならばそれなりの術者として通用するだけの物を手に入れており、臓硯からの手解き(と呼べるものかは定かではないが)により、蟲を使役する魔術を使う。
使い魔として臓硯から与えられた「視蟲」などを用い、切り札は牛骨すら噛み砕く肉食虫「翅刃虫」の大群使役。翅刃虫かは不明だがキャスターの呼び出した海魔の一匹を蟲で倒し凛を助けるなどそれなりに使いこなしているが、蟲は炎に弱いため、時臣相手にはすこぶる相性が悪い。
また、身体に宿した刻印虫が宿主の身体を蝕むため、サーヴァント召喚前の時点で頭髪は残さず白髪になり、肌は死人のような土気色に変色し、左半身は一度麻痺して感覚が遅れ、顔の左半分は硬直して左目は視力を失い、不整脈も日常茶飯事、固形物が喉を通らないためブドウ糖の点滴で賄うなど、近代医学の見解からすれば既に生体として機能するのがおかしいあり様を魔力で延命している状態。
魔術の使用や魔力の精製は刻印虫の活性化による肉体への負荷・破壊を意味するため、魔術行使の際の肉体への負担・痛みは他の魔術師の比ではない。また、戦いの決着が着く前に体内の刻印虫に食い潰される可能性も充分にある、真の意味で「死の危険と隣り合わせ」の魔術師。その上多大な魔力を消費するバーサーカーを抱えている為、戦闘中は苦痛に苛まされ精神的・肉体的余裕すらも削られ、埠頭での戦闘後はマンホール一つ動かすのに小一時間かかるほどに体力を失うなど消耗の度合いは並ではない。
臓硯や綺礼から強運と評され、事実、実力に反して聖杯戦争終了時まで生き延びる。しかし、顛末を見るに更なる不運を呼び込むタイプのようである。

登場作品と役柄

Fateシリーズ

Fate/Zero
自身の身代わりとなり間桐に囚われた桜を救い出すべく、余命を捨てて聖杯戦争に参戦。バーサーカーという諸刃の剣で牙をむく。
Fateゼロカフェ~Fate/Zero Cafeに集う英霊達~
時臣に嫉妬してはそのリア充ぶりに臍を噛み、バーサーカーの暴走に引きずり回されては死にかけ、しょっちゅう「ゼロカフェ」裏手のゴミ捨て場に落ちているところを綺礼に回収されている。固形物が食べられないのは本編同様のため、カフェでもスープ系のメニューしか頼めない。
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
劇場版アニメにて、ライダーのカードを夢幻召喚して衛宮士郎と戦っていた。
おそらくは第四次聖杯戦争で死亡して、ドールズとしてジュリアン・エインズワースに使役されているものと思われる。
Fate/Grand Order
イベント「Fate/Accel Zero Order」にて、「在り得たかもしれない第四次聖杯戦争」を戦った。
『Zero』では救いの無い最期を迎えた彼だったが、今回は「ギルガメッシュの撃破」「桜の救出」という二つの悲願を見事に達成し、生き延びることに成功。
ボロボロの体を維持していた蟲が消えたため後々死ぬ可能性が高く、更に右手も失いはしたが、彼の破綻しだした思考に待ったをかけてくれる存在と関われたことにより救いのある最後となった。

Fate関連作品

とびたて!超時空トラぶる花札大作戦
三流ルポライターとして家に引きこもったまま脳内で作った旅行記で糊口をしのいでいるダメ人間。時臣を逆恨みして腹を立てては毎度血反吐を吐いている。色々な煩悩を抱えつつも結局は桜のためにと思い立って聖杯温泉を目指す。

その他

戦車男
序盤でちょっとだけ登場。公共の場で女の子に迷惑をかけるダメ人間で補導のエキスパート。幼女+怪しいメット男と同居している。
ちびちゅき!
初等部教諭。幼い桜や凛を教える立場になったことでテンションが上がってしまい、興奮すると虫が湧く。
それでも、時臣より教師としての適性は上。

人間関係

Fate/Zero

間桐桜
遠坂からの養子。続柄としては義理の姪。
彼女を間桐から解放し、葵の元に帰すために聖杯戦争に参加する。
絶望と諦観で精神を麻痺させて自分を護っている境遇の子に希望を与えることは絶望という心の鎧を奪って心身を壊させる行為だと思い助け出そうとしていることは言わなかった。
間桐臓硯
表向きは父親。自ら傀儡となり聖杯戦争で勝利する代わりに、桜を解放すると約束させた。
間桐鶴野
兄。間桐家に戻ってからも関係は断絶している。
間桐慎二
甥。第四次聖杯戦争以前に面識があったかは不明。
遠坂葵
三歳年上の幼馴染。誰よりも幸せになってほしい女性。
思いを寄せていたが、時臣が彼女を幸せにしてくれることを信じて身を引く。
遠坂凛
葵の娘。一緒に遊んであげたり、プレゼントをあげたり、と昔は非常に親しい付き合いをしていた。
遠坂時臣
恋敵。聖杯戦争では桜を外道の手に委ねた元凶として付け狙う。
バーサーカー
召喚したサーヴァント。魔術師として劣る雁夜が勝利するため、召喚式に付与した「狂」に招き寄せられた「狂ってしまいたかった」英霊。
『とびたて!超時空トラぶる花札大作戦』では、「カリヤ」と呼び捨てにする、魔力量や人間性にズバッと駄目出しをするなど、自らのマスターを遠慮なくディスりまくっているが、本質的に同じ属性のダメ人間である。
言峰綺礼
一応、「命の恩人」であり「協力者」と呼べる。だが彼との出会いは、雁夜にとって破滅の前触れであった……。

プリズマ☆イリヤ

ライダー
夢幻召喚したカードの英霊。

Fate/Grand Order

イスカンダル
『Fate/Zero』ではバーサーカーを彼に変装させたくらいしか縁がなかったが、コラボイベント『Accel Zero Order』では成り行きから彼の陣営に同行する事になる。
最後には彼に自分自身の抱えていた矛盾を諭され、当初の誓いを思い出した。

その他

ケイネス・エルメロイ・アーチボルト
本編では出会ったこと自体なかったが、『とびたて!超時空トラぶる花札大作戦』のランサー陣営が主人公のストーリーで遭遇する。
行き成り彼の薄い頭髪を斬りつけようとしたバーサーカーを窘め、きちんと謝罪するが、時臣以上に貴族主義的な魔術師であるケイネスと雁夜はかなり相性が悪く、結局戦闘に突入する。
アイリスフィール・フォン・アインツベルン
本編ではバーサーカーに攫わせただけで、面識は有っても話したことなどない。だが『とびたて!超時空トラぶる花札大作戦』では、彼女の御淑やかな雰囲気と豊満な胸を見て「西洋の葵さん、いや別次元の葵さん」と呼び、「聖杯が新たな出会いを自分に勧めているのでは?」と勝手な妄想に走り始める。その上、彼女が人妻である事を知ると……。
本編での彼は妄執によって正常な思考を失ったとはいえ、最後まで一途な思いを貫こうとしていた事を思うと、もう雁夜おじさんの株は大暴落である。
ウェイバー・ベルベット
やっぱり本編での面識など無いが、『戦車男』で共演。葵さんに髪色が似ているという理由で襲い掛かるが、戦車男に撃退される。

名台詞

Fate/Zero

「……じゃあ、遠坂さんちの葵さんと凛ちゃんを連れて、おじさんと桜ちゃんと、四人でどこか遠くへ行こう。また昔みたいに一緒に遊ぼう」
「ああ、きっと会える。それはおじさんが約束してあげる」
雁夜は自由がきくほうの腕で桜を抱きしめ約束する。本当はあと数日で救ってやれるそれまでの辛抱だと伝えたかったが、失敗する可能性と桜の心身を考えてあえて言わなかった。
「今の桜ちゃんにとってはね、希望を抱くことさえ、辛い責め苦にしかならない。
 だから……あの子の代わりに、葵さん、貴女が信じて、祈ってくれ。俺の勝利を、桜ちゃんの未来を」
「いつかきっと、この公園で、また昔みたいに皆で遊べる日が来るから。凛ちゃんも、桜ちゃんも、もとの姉妹に戻って……
 だから、葵さん。貴女はもう泣かなくていい」
彼が当初抱いていた「桜の未来を取り戻す」「葵さんが泣かずに済む世界にする」という理想を言い表した台詞。しかし時臣を失うことが何よりも葵を苦しめ泣かせることになるとは気づいていない。理想の成就と自分の中に澱む時臣への昏い感情が両立しないことに目を背け続け、雁夜は破滅へと転がり落ちていく。
「俺のサーヴァントは最強なんだ!」
凛を探しに来た葵に、聖杯戦争を勝ち抜く決意と共に言った台詞。
原作ではそれ以上のものではなかったのだが、アニメ版は得意げな顔で右手の令呪を掲げているのがガッツポーズを決めているように見え、そのシュールさから散々ネタにされることとなった。
一応公式の『アインツベルン相談室』でもザイードやランスロットが雁夜のポーズを真似ている他、花札でも桜にイントネーション込みでネタにされている。
「そいつが――そいつの、せいで――」
「その男さえ、いなければ――誰も不幸にならずに済んだ。葵さんだって、桜ちゃんだって――幸せに、なれた筈――」
葵に時臣を殺害したと誤解され「間桐」への憎悪を露わにされ詰め寄られた彼は、彼女の夫であり、凛と桜の実父である時臣の存在自体を否定する言葉を返してしまう。
このとき、雁夜はわけがわからずいた。この女は一体誰なのか。どうして葵そっくりの顔と声で自分に増悪と殺意を向けてくるのか。なぜ時臣が既に死んでいるのか。
何も分からない彼は言葉を返すのが精一杯だった。だがこの発言が葵の地雷を踏み雁夜は完全なる破滅と崩壊へと叩き落される言葉を「最愛の女性」から受けることになるのだった。
「俺、に、は――」
「俺には……好きな……人が……」
自分のすべてを否定された言葉を否定しながら女の喉を締め上げる。黙らせないと今日までのすべてが無意味になる。
彼女のために今日まで痛みや苦しみに耐えてきたのにそれを否定されるなど許せなかった。狂気だけが彼に残された最後の救済の砦だった。
「あああぁああアアアァあああァあああ……ッ!」
気づかなければまだ救いがあったというのに結局、雁夜は土壇場で気づいてしまった。
最愛の女の面影によく似た女が、最愛の女そのものだと。すべてを失った彼は本能で礼拝堂の外へと逃走した。なお、この出来事を雁夜は憶えていない。
「桜――助けに来たよ。もう、大丈夫だよ――」
この言葉を告げられる日を雁夜は待ち望んでいた。そして以前した約束通り、葵や凛と再開して皆で揃って遊ぶ。
今日までの苦しみや痛みは報われた。だから後悔はない、命を懸けた甲斐はあった、欲しかったモノは全部手に入れた――と雁夜は満ち足りた笑顔で息絶えた。

とびたて! 超時空トラぶる花札大作戦

「ふう、これで今月のコラムも書き終わったな……困ったときは旅の話にかぎる。机から一歩も動かない脳内旅行は楽でいい。魂が堕落する」
珍しくルポライターとしての仕事中。…が、いくら半身不随とはいえ相変わらずのダメっぷりである。
「俺とヤツの違い、それはブランド品だと気づいたんだ。くそ……時臣のヤツ、ミラノ製の特注品とか気取りやがって!」
「俺だって負けないぞ。洋服のブルーマウンテンで二着セットのスーツを買ってやる!もちろんフード付きのな!」
外見に気を使うようになっただけでも立派な進歩だが、やっぱりちょっと安っぽい。そしてフードは外せないのか。
「桜ちゃん、おじさんと一緒に温泉に行こう!
 何も恥ずかしくないからね!」
桜を気遣っての言葉なのだが、文だけ見るとただの変態です。
「安心して俺に付いてきてくれ! 俺の花札スキルは最強なんだっ!」
本編セリフのセルフパロディ。
ちなみに声優さんのボイスは「最強なんだぁぁぁぁーーっ!!」というくらい気合いの入ったものになっている。
(いい……あの長い髪、お淑やかな雰囲気、豊かな胸、甘い声……
 まるで西洋の葵さん、いや、別次元の葵さんだ……!)
ということは10年後の桜も…いや、言うまい。
「な、なんだって……!? 既に人妻だと言うのか!?
 な――尚更いいな!」
アイリを西洋の葵のようだと見惚れる中、桜から彼女がリア充(既婚者)であると指摘されて。
ひたすらダメ人間なおじさんは直後、桜に殺虫剤を浴びせられました。
「桜ちゃんを見捨てたおまえに、俺を非難する資格はない!
 これでも、桜ちゃんはうちの最大戦力だ!」
花札勝負に桜を連れ回している件について、時臣に咎められた際にこの啖呵を切る。これほど情けない啖呵があっただろうか…
「決まっている。
 桜ちゃんの胸が葵さん並に……いや、それ以上のナイスバディになるよう願わせてもらうのさ!」
最終決戦で、時臣に聖杯温泉で「桜の為に一体何を願うのか」と尋ねられて。
シリアスな空気の中で、ドヤ顔をしながら堂々と言い放つ。時臣もこの天才的な閃きには「その手があったか!!」と衝撃を隠せなかった。
……余りに馬鹿過ぎるおじさん達だが、この願いは後に現実のものとなる。
「よし、決まった!
 願いはこの先、桜ちゃんに幸福な出会いが訪れること、だっ!」
見事勝ち抜いて辿り着いた聖杯温泉の脱衣所で。葵との幸福な生活、臓硯の抹殺など様々な思惑の中で最終的に彼が選んだ願い。
それは10年後、確かに成就することになる。
「遠坂……時臣ィ! 殺す!
 お前を殺して俺が凛ちゃんの授業参観に行く!」
時臣ルートで敵として出てきた雁夜の第一声がこれ。この作品の雁夜は本当にダメ人間である。
「き、貴様だけは許さない……葵さんの料理を食べ残し、あまつさえポイするなど……ッ!」
同上。道を譲ってくれるなら葵の手料理(まぁ一度ポイした残飯だが)を分けてやると言われ。
完全に見下されているというのに怒る点はここである。

その他

「くっ、俺の中の黒き力がまた暴れだして……こんなところで暴走したら大変なことに……かぁっ、抑まれ、抑まれよぉおおお。」
アンソロジードラマCD『間桐家の試練』より。臓硯が語った本人が黒歴史として封印していた中学時代の雁夜の一幕。また、臓硯が保管している当時の雁夜が書いたノートのタイトルは「昏き闇の魔剣士雁夜 邪神覚醒編、血塗られた堕天使編、漆黒の邪眼編」と完全な厨二病全開なタイトルである。
「遠坂時臣、お前は俺の獲物だ……積年の思いの全てを貴様の体にぶつけてやる。貴様の体を蹂躙しつくしてやる。
 やってやる、やってやるぞ!楽しみだ、今から興奮がおさまらないぜ!」
同上。臓硯から課せられた嫌がらせという名の修行が一段落し、夕日に向かい打倒時臣を高々に誓う。しかし、この発言を聞いてしまった葵にあらぬ誤解を与えてしまう。

メモ

  • 歴代間桐の一族において、屈指のガッツと反骨精神を持つ男。間桐の魔術を醜悪と憎み、臓硯の傀儡になることを命をかけて拒んだその意志と行動は快挙といえる。
    しかし臓硯からしてみれば、いかに彼の魔術回路が長男よりマシだったにせよ、自由意思を奪ってまで次代頭首に仕立て上げるほどの手間には釣り合わない程度の素養だったため、長男の子に賭けた。日々怯えながら惨めに暮らしている分には看過してやるつもりだったが、間桐らしくない英雄的自己犠牲を払おうとしたことが臓硯の癇に障った。
  • 長男よりマシと言われる魔術の素養も、所詮は枯れかけた間桐の家柄。さらには聖杯戦争に向けての鍛錬期間はほんの一年である。魔術師としての実力は、他のマスターたちに敵うべくもない。
    遠坂時臣衛宮切嗣ケイネス・エルメロイ・アーチボルトといった面々は言うに及ばず、魔術師としては平凡、と言われる言峰綺礼や、非才とまで言われるウェイバー・ベルベットも、単純な修行期間で言えば雁夜を上回っている。せいぜい、雨生龍之介が一般人と変わらない、という程度。
    このため、彼がまともにサーヴァントを召喚しても、マスター補正で能力に大きなマイナス影響を与えることが目に見えていた。そのために臓硯が課したのが、「狂戦士」のクラスで得られる能力増幅である。
    • ……というのは表向きの理由で、彼はともかく臓硯には最初から優勝を狙う気などなく、制裁の一環として、彼を苦しめるために「狂戦士」を押し付けたのが本当のところ。
      ただ、能力はともかく適性の方は俄仕立てのマスターとしては大したものだったらしく、最終的に魔力の枯渇で敗退するものの、聖杯戦争終盤までバーサーカーの法外な魔力消費に耐え抜いたのは称賛に値する成果だったと言える。
    • 元々、サーヴァントとしてのランクはA以上なのは間違いないバーサーカーを狂化し、更に常時発動型宝具を垂れ流し状態で耐え続ける。という状態は、最上級のホムンクルスでもない限り干からびて死ぬだろう狂気の沙汰。
  • 幼少期から禅城家と交流を持ち、葵と幼馴染になったのは、実は禅城家の優秀な遺伝特質に気づいていた臓硯のセッティングによるものである。が、彼が魔道を嫌悪したことと、横から割り込んだ時臣によって爺の企みと雁夜の恋は水泡に帰した。
    • 仮に企みが成功していたにせよ、彼としては葵(もしくは葵との間に儲けた子)をあの蟲蔵に放り込むなど断固反対であっただろうし、せめてもう少し間桐の魔術体系がまともなものであれば、彼も大人しく家を継いで時臣と恋の鞘当てを演じる気になったかもしれない、とされている。
    • 慎二が見せた間桐の悪性は魔術への執着に端を発していたが、彼の場合は「葵への恋慕」がスイッチだったと言えるかもしれない。
  • 彼の初期死亡シーンは原作者によりボツが出されたのと、読者に「この娘は黒がデフォか」という誤解を与えてしまうのでは?という作者の判断により自重され、現在のものになった。元はロリ黒桜、爆誕、という構想だったという。
  • 雁夜の体は危篤状態にあり、刻印虫の精製する魔力で動いていた。そのため本来ならバーサーカーの暴走で刻印虫が死滅した時点で彼の命も尽きるはずなのだが、何故か市民会館から間桐家まで戻れた。それは奇跡と言える出来事で、臓硯も雁夜は死んだと思っていた。また彼が邪魔されず桜の元まで辿り着けたのは、臓硯が火災現場に行っていたため行き違いという偶然のおかげという運が良いのか悪いのか分からない人物である。
  • バーサーカーとは意志疎通が出来ないので本編では会話も無い。その為か彼はバーサーカーは闘う為に必要な武器として扱っている。
    会話が無いので互いにどう思っているかは不明だが、アインツベルン相談室でバーサーカーは彼のことを職務放棄(家督放棄)、ストーカー、貯金ゼロ、思い込み、殺害未遂・ロリコン、法治国家においてやってはいけないことをほぼ完遂している困った御仁と語っており、あまり好印象は持っていない模様。花札でも彼と会話をしたが、魔力供給量が少なすぎるとボロクソに言ったりしている。だが嫌ってはいない模様。
    一方で、人妻に対する抑えきれない恋慕や複雑な内面と狂気、歪んではいるが元々善良ともいえる人柄や目的など、かなり共通点がある。
    中でも一番厄介な共通点は、足掻けば足掻くほど、より自分を含めて周りを不幸な状況に追い込んでしまうところ。こうした精神の共通点もまたバーサーカーを引き当てた要因と思われる。なお、アニメでは臓硯が聖遺物を用意するシーンが追加されている。
  • 時臣との再会と令呪の再預託を条件に、言峰と一時協力したが彼の場違いな表情に、不気味さを感じていた。それでも彼を頼った辺り、彼がどれだけ間桐家を信用してないかが伺える。
  • 花札によると着用しているフードはワゴンセールで購入したらしい。
  • 本編では感情的に暴走している印象が強いが、花札でランサー陣営と遭遇した際、ケイネスの魔術師としての思考を嫌悪しながらもバーサーカーを宥めたりと割と落ち着いた言動で対応している。時臣や葵が関わらなければそれなりにまともなのかもしれない。
    • 実際、一般人としての感性を持ち魔術師思考をおかしいと考えるためか、二次創作などでは常識人としてのポジションに立たされることが多い。
    • その一方で葵への恋慕や桜を救うためという戦いの動機が拡大解釈され、いい年して中二病に冒されていたり、人妻フェチだったりロリコンだったりと、どうしようもないダメ人間として扱われることも多い。というか公式でもギャグ寄りの作品では大抵残念なキャラとして扱われている。

話題まとめ

「雁夜おじさん」人気
アニメ放送に伴い、新規ファンが増えた代表的なキャラクターの一人。
奈須氏が分析するところによると、「『争いの根絶』を掲げる切嗣や、『根源の到達』を悲願とする時臣に対し、彼の『少女を救うために戦う』という点が感情移入しやすく、大義のために戦うよりもわかりやすいから」らしい。
武内氏のコメントは、「雁夜は主人公っぽく描かれているんですよね。桜を救いたいという思いと、時臣への鬱屈した思いを内包したダークヒーロー的な感じに。だからこそ、視聴者の間でも人気が高いんでしょう」。
原作者である虚淵氏曰く、「すごいいい人っぽいんですよね、地の文がないから」「(アニメで雁夜の人気が出たのは)絶対私のアンチの陰謀だと思ってる(笑)。後々ひどい目にあうから、今のうちに善人であるかのように印象操作しておいて、『おのれ虚淵!』という評価を誘い出す陰謀だよ(笑)」「確かにいちばん動機はまともではある。表向きは(笑)」とのこと。
アニメのキャラクターデザインにおいて、雁夜の「異形」がかなりマイルドなものにされたのも一因かもしれない。アニメの監督であるあおきは「元々こういう(彼のような)一番になれないキャラが好き」とのことで、実際彼が絵コンテを担当した二期21話(教会のシーン)は原作ファンの間でも評価が高いようだ。結果だけ見ると彼のしたことはあまり状況を良くはしていないのだが、アニメが終了しても人気が続いているのを見るとある程度彼の苦悩も理解されているのかもしれない。

リンク