スキル一覧 (く-こ)

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索

概要[編集]

この記事ではFateで登場するスキルのうち、読みが「く」から始まるものから「こ」で始まるものまでを説明する。

スキル一覧[編集]

クイックドロウ[編集]

射撃の中の早撃ちに特化した技術。相手が抜いたのを見てから抜いても十分間に合ってお釣りが来る程度の腕前。
『Grand Order』では「自身のNPを増やす」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A+ ビリー・ザ・キッド アーチャー

蜘蛛糸の果て[編集]

詳細不明。
『Grand Order』では「スター10個以上で発動可能、自身のNPを増やす&自身の宝具威力をアップ[1]&スターを10個減らす」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
EX ジェームズ・モリアーティ アーチャー

クライム・バレエ[編集]

単なるバトルスタイル。
クラシックバレエに傾倒するメルトリリスが自らを再調整した結果、成立した攻撃スキルの数々。
もともとメルトリリスはBBの「奉仕欲求」「快楽」から作られたエゴであり、その本質は男性が保護欲をかきたてずにいられない病的で可憐な少女像――だった。
バレエに傾倒したのはそのイメージによるものと思われるが、相手の能力を奪い続けるスキルの影響か、現在の好戦的な性格になっている。
『Grand Order』では「自身に回避状態を付与[2]&スター獲得」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A メルトリリス アルターエゴ

クラックアイス[編集]

『id-es(イデス)』と呼ばれる、アルターエゴにのみ許された特殊能力。
スキル『魔眼』が進化して生まれた能力で、厳密に言うとサーヴァントのスキルではない。詳細は彼女の項目にて。
ランク 保有者 クラス 備考
EX ヴァイオレット -

グロウアップグロウ[編集]

『id-es(イデス)』と呼ばれる、アルターエゴにのみ許された特殊能力。
スキル『経験値ボーナス』が暴走して生まれた能力で、厳密に言うとサーヴァントのスキルではない。詳細は彼女の項目にて。
ランク 保有者 クラス 備考
EX キングプロテア -

くろがねの傅[編集]

かつて弁慶がそうであった、というエピソードの再現スキル。
そこにいるだけで、マスターの耐久力を向上させる。
ランク 保有者 クラス 備考
C 武蔵坊弁慶 ランサー

軍師の指揮[編集]

軍師系サーヴァントに与えられるスキル。自己を含めた軍としての力を最大限に引き出す。
A+ランクであれば、死を覚悟し命尽きるまで戦うことを決意した死兵に等しい力を持つ。
『Grand Order』では「味方全体の攻撃力をアップ[1]&与ダメージプラス状態を付与[1]&NPを少し増やす」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A+ 諸葛孔明〔エルメロイⅡ世〕 キャスター

軍師の忠言[編集]

軍師系サーヴァントに与えられるスキル。状況を把握、分析することでより味方側に正しい助言を与えることができる。
ランクが上がれば上がるほどその助言の正しい確率は向上し、A+ランクであればあらゆる不測の事態を含めても、100%敵中する。
これに対抗するには、あらゆる分析を打破するレベルの幸運、あるいはスキルを持つことが求められる。
『Grand Order』では「味方全体の防御力をアップ[1]&被ダメージカット状態を付与[1]&NPを少し増やす」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A+ 諸葛孔明〔エルメロイⅡ世〕 キャスター

軍神咆哮[編集]

身体に流れる軍神アレスの血を呼び起こす咆哮。
戦士として共に立つ味方は、軍神に率いられたが如く、その叫びに勇猛さを与えられる。トロイア戦争時、アマゾネスの軍勢の鬨の声は敵を震え上がらせたという。
彼女が憎悪を迸らせる、ギリシャ神話系の(あるいはそこに由来を持ち、似た匂いを彼女が感じる)英雄を前にした時―――この咆哮は、その命が潰えるまで途絶える事は無いだろう。
『Grand Order』では「味方全体のBusterカード性能をアップ[1]&自身に〔ギリシャ神話系男性〕特攻状態を付与[1]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A+ ペンテシレイア バーサーカー

軍略[編集]

多人数を動員した戦場における戦術的直感能力。自らの対軍宝具行使や、逆に相手の対軍宝具への対処に有利な補正がつく。
カエサルは生前に幾多の戦いを勝利に導いた知略と軍功がスキル化したもの。
『Grand Order』のイスカンダル、『コハエース』の信長は対城宝具に対しても補正を得られる。
ヘクトールは特に守戦において、高い戦術力ボーナスを獲得する。
ジル・ド・レェはジャンヌ・ダルクの補佐として幾多の戦功を挙げた。包囲戦のような攻勢に出ている場合、特にボーナス追加。
『Grand Order』では「味方全体の宝具威力をアップ[3]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
B イスカンダル ライダー
織田信長 アーチャー コハエースでのもの
アルテラ セイバー
ガイウス・ユリウス・カエサル セイバー
ヴラド三世 (EXTRA) ランサー
C+ ヘクトール ランサー
C ジル・ド・レェ〔セイバー〕 セイバー
ベディヴィエール セイバー

経験値ボーナス[編集]

戦闘によって得る経験値に何パーセントかの追加ボーナスが入る。
キングプロテアの『グロウアップグロウ』はこのスキルが暴走したもの。

啓示[編集]

"天からの声"を聞き、最適な行動をとる。魂が持つスキル。
『直感』は戦闘における第六感だが、啓示は目標の達成に関する事象全て(例えば旅の途中で最適の道を選ぶ)に適応する。
だが根拠がない(と本人には思える)ため、他者にうまく説明できない。
ゲーティアの場合、魂が持つスキルな為、ソロモン王の遺体に巣くったゲーティアには使用できない。
『Grand Order』では「自身に毎ターンスター獲得を付与[1]」という効果として設定のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A ジャンヌ・ダルク ルーラー
天草四郎時貞 ルーラー
B ソロモン グランドキャスター
ソロモン キャスター
- ゲーティア ビーストⅠ

芸術審美[編集]

芸術品・美術品に対する理解、あるいは執着心。
ジル・ド・レェの場合はごく低い確率で真名を看破できる。
アマデウスの場合は芸能面の逸話を持つ宝具を目にした場合、高確率で真名を看破できる。
『Grand Order』では「敵単体〔サーヴァント〕の宝具威力ダウン[3]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
B ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト キャスター
E- ジル・ド・レェ キャスター

外科手術[編集]

マスター及び自己の治療が可能。見た目は保証されないが、とりあえずなんとかなる。
120年前の技術でも、魔力の上乗せで少しはマシ。
『Grand Order』では「味方単体のHPを回復」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
E ジャック・ザ・リッパー (Apocrypha) アサシン

血脈励起[編集]

生前の巴が無意識に行っていた自己暗示の一種。
サーヴァントとして現界するにあたっては、鬼種としての力を一時的に増幅させるスキルとして定義されている。
『Grand Order』では「自身にガッツ状態を付与[4]&自身にHPアップ状態を付与<[5]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A 巴御前 アーチャー

気配感知[編集]

気配を感じ取ることで、効果範囲内の状況・環境を認識する。近距離ならば同ランクまでの気配遮断を無効化する。
エルキドゥは最高クラスの気配感知能力を持つ。大地を通じて遠く離れた場所の水源やサーヴァントの気配を感じ取ることが可能。
『Grand Order』では「敵単体のクリティカル発生率をダウン[1]&敵単体の回避状態を解除」という効果のスキル。強化後は「自身に回避状態を付与[3]」も追加。
ランク 保有者 クラス 備考
A++ エルキドゥ ランサー
A+

気配遮断[編集]

暗殺者」のクラス特性。
自身の気配を消すスキル。隠密行動に適している。完全に気配を断てばほぼ発見は不可能となるが、攻撃態勢に移るとランクが大きく下がる。
ジャックの場合、この欠点は「霧夜の殺人」によって補われ、「完璧な奇襲」が可能になる。
小次郎のDランク気配遮断は「透化」スキルからの派生。厳密には気配遮断スキル自体は有していないが、「Dランク気配遮断スキルと同等の能力がある」という意。
セミラミスもやはり自ら攻撃態勢に移行するとランクが大幅に下がるが、毒を忍ばせようとする場合はこの限りではない。
ハサン・サッバーハ (Fake)は世界そのものと同化し、攻撃に転じる瞬間だけA+となる。
サンソンはアサシンであるが、処刑人である彼に暗殺行為は不可能に近いためランクは低め。
カーミラは気配遮断のランクは低く、サーヴァントならば立ちどころに気配を察知するレベル。殺人が長らく発覚しなかったのは領土が広大だったため。
“山の翁”の気配遮断はかつて修得していたものの残滓であり、強力な呪いを帯びた剣士“山の翁”は、例え隠密行動判定を完全に成功させたとしても“これから殺す相手”に自分の存在を感知されてしまう。
マタ・ハリの気配遮断は「諜報」スキルにより失われている。
謎のヒロインXは本来はEXランクだが、本人の全否定により封印されている。
『Grand Order』では「自身のスター発生率をアップ」という効果のパッシブスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
EX ハサン・サッバーハ (Fake) アサシン
A+ ハサン・サッバーハ〔呪腕のハサン〕 アサシン
ハサン・サッバーハ〔百貌のハサン〕 アサシン
ジャック・ザ・リッパー (Apocrypha) アサシン
パッションリップ アルターエゴ
ハサン・サッバーハ〔静謐のハサン〕 アサシン
ステンノ アサシン
エミヤ〔アサシン〕 アサシン
風魔小太郎 アサシン
望月千代女 アサシン
A ファントム・オブ・ジ・オペラ アサシン
ヘンリー・ジキル&ハイド〔アサシン〕 アサシン
“山の翁” アサシン
ニトクリス〔アサシン〕 アサシン
加藤段蔵 アサシン
A- アサシン (Fake) アサシン
B 岡田以蔵 アサシン
荊軻 アサシン
クレオパトラ アサシン
C+ セミラミス アサシン
C 両儀式〔アサシン〕 アサシン
酒呑童子 アサシン
燕青 アサシン
D 佐々木小次郎 アサシン
シャルル=アンリ・サンソン アサシン
カーミラ アサシン
武則天 アサシン
E スカサハ〔アサシン〕 アサシン
- マタ・ハリ アサシン
謎のヒロインX アサシン

気配遮断(陰)[編集]

詳細不明。
『Grand Order』では「自身のスター発生率をアップ&自身の弱体耐性をダウン」という効果のパッシブスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A+ 刑部姫 アサシン

獣殺し[編集]

魔獣や野生動物に対する特攻。獣の性質を深く知るクー・フーリンは、獣の殺し方を知っている。
『Grand Order』では「自身に〔猛獣〕特攻状態を付与[1]」という効果のスキル。強化後は「スター集中度アップ」も追加。
ランク 保有者 クラス 備考
B++ クー・フーリン (Prototype) ランサー 強化クエスト後
B+

獣の権能[編集]

対人類、とも呼ばれるスキル。
英霊、神霊、なんであろうと“母体”から生まれたものに対して特効性能を発揮する。
ビーストⅡの場合、本体だけでなく、彼女から生まれた魔獣すべてに付与される。
ビーストⅢ/Rと殺生院キアラの場合、ビースト時はAだがアルターエゴに変化するとDランクに落ちるという。
『Grand Order』では「自身のクリティカル威力をアップ」という効果のパッシブスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A ティアマト ビーストⅡ
ビーストⅢ/R ビーストⅢ
D 殺生院キアラ〔アルターエゴ〕 アルターエゴ

圏境[編集]

気を用いて周囲の状況を感知し、また、自らの存在を隠蔽する技法。
極めれば天地と合一し、姿を自然に透け込ませる(透明化する)ことが可能になる。
李書文にとっては、気配遮断の代用にもなっている。ランサーとして召喚された場合、完全な気配遮断ほどには到達していない。
『Grand Order』では「自身に回避状態を付与[3]&スター集中状態を付与[3]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A 李書文 アサシン
B 李書文 (帝都聖杯奇譚) ランサー
神槍 李書文 ランサー

賢者の石[編集]

自ら精製した強力な魔力集積結晶、フォトニック結晶を操る技術。ランクは精製の度合いで大きく変動する。
ランク次第で様々な効果を発揮するが、Aランクともなれば擬似的な不死を任意の対象にもたらすことも可能。
『Grand Order』では「味方単体にガッツ付与[1]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A ヴァン・ホーエンハイム・パラケルスス キャスター

原初の一[編集]

アルテミット・ワン。星からのバックアップで、敵対相手より一段上のスペックになるスキル。
アルクェイドはマスターの勘違いにより全く機能していない。
ランク 保有者 クラス 備考
× アルクェイド・ブリュンスタッド バーサーカー 本来はEX

原初のルーン[編集]

北欧の魔術刻印・ルーン。ここで言うルーンとは、現代の魔術師たちが使用するそれとは異なり、神代の威力を有する原初のルーン―――北欧のオーディンによって世界に見出されたモノである。
スカサハは、 クー・フーリンに対して原初の18のルーンを授けたとされる戦士であると同時に強力な魔術師でもある。
ブリュンヒルデは、愛するシグルドにルーン魔術を伝えたとされる一流の魔術師である。本来は父たる大神から授かった「原初のルーン」を示すスキルだが、普段は力を抑制されている。Aランク以上の神性スキルを所持していない状態でスキルの真価を発揮してしまった場合、宝具の使用に制限を受ける上に霊核へと深刻なダメージが入り、やがて消滅する。
『Grand Order』ではスカサハは「味方単体のクイックカード性能をアップ[3]」、ブリュンヒルデは「敵単体のクリティカル発生率をダウン[1]&宝具威力をダウン[3]」、クー・フーリンは「自身のクリティカル威力アップ[1]&弱体耐性アップ[1]&NPを増やす」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
- スカサハ ランサー
ブリュンヒルデ ランサー
クー・フーリン〔キャスター〕 キャスター

原初のルーン(海)[編集]

詳細不明。
『Grand Order』では「味方単体のHP回復&被ダメージカット状態を付与[3]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A スカサハ〔アサシン〕 アサシン

幻術[編集]

人を惑わす魔術。精神への介入、現実世界への虚像投影などを指す。
マーリンの場合、精神世界における悪夢はもちろん、現実においても一つの村程度の虚像を軽く作りあげ、人々を欺く事ができる。
プレラーティの場合、人を超えて環境の方を騙す事も可能。
『Grand Order』では「味方全体に無敵状態を付与&味方全体のスター発生率をアップ[3]&敵全体のクリティカル発生率をダウン[1]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A マーリン キャスター
フランソワ・プレラーティ キャスター

献身の覚悟[編集]

自己犠牲さえ厭わない、愛する者への想い。
防御・回復系の魔術やスキルやアイテムの使用効果に対してプラス補正がかかる。
『Grand Order』では「自身の与回復量をアップ[3]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A アイリスフィール〔天の衣〕 キャスター

恋の追跡者[編集]

ストーキングのパワーアップスキル。夏の暑さが、清姫こときよひーの体内エンジンを加速させる。
咆哮する臓腑、加速する肺、吐息はニトロの匂いが漂い、相手が如何なる場所に存在しようとも超高々速追跡を開始する。
『Grand Order』では「敵単体の防御力をダウン[1]&敵単体の攻撃力をアップ[1]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A 清姫〔ランサー〕 ランサー

航海[編集]

船の操舵技術。海のみに特化しているため、馬や戦車は乗りこなせない。
アンとメアリーの場合、海賊として暮らしていただけにあってか二人共に天才的。
『Grand Order』では「自身のスター発生率を大アップ[1]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A アン・ボニー&メアリー・リード ライダー

甲賀流[編集]

詳細不明。
『Grand Order』では「自身に回避状態を付与[3]&自身のNPを増やす」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A 望月千代女 アサシン

紅顔の美少年[編集]

人を惹き付ける美少年としての性質を示すスキル。
男女を問わずに対しては魅了の魔術的効果を持つ。
対魔力スキルで回避可能。対魔力を持っていなくても抵抗する意思を持っていれば、ある程度軽減することが出来る。
『Grand Order』では「敵単体〔人型〕に魅了付与[3]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
B アレキサンダー ライダー
C 子ギル アーチャー

高速詠唱[編集]

魔術の詠唱を高速化するスキル。一人前の魔術師でも一分は必要とする大魔術の詠唱を半分の三十秒で成せる。
アンデルセンは魔術師ではなく作家なので、魔術ではなく原稿の進みに多少の恩恵がある。
アルキメデスは自身の修める魔術レベルは低いが、詠唱の速さは一流の魔術師に匹敵している。これは、正しく配置された思考の手順と常人離れした思考速度によるもの。
パラケルススは大魔術の詠唱を一工程で成し遂げ、加えて宝石魔術(具体的には賢者の石)を組み合わせて効率化を図っている。
ソロモンは高速ではあるが、心配性が災いしてか、たまにミスをする。
『Grand Order』では「自身のNPをすごく増やす」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A ヴァン・ホーエンハイム・パラケルスス キャスター
アルキメデス キャスター
C ソロモン キャスター
E ハンス・クリスチャン・アンデルセン キャスター

高速神言[編集]

神代(神が治めていた神話時代)の言葉。魔術を発動するとき一言で大魔術を発動させる、高速詠唱の最上位スキル。
呪文・魔術回路の接続を必要としない。区分としては一小節に該当するが、発動速度は一工程と同等かそれ以上。しかも威力は五小節以上の大魔術に相当する。
呪文自体が「神言」である為、詠唱の長さと威力が比例するという法則は適用外。故に本来ならばせめて凛のように相応の触媒を用意しておかねば実現不可能な、「大魔術をただの一言で発動させる」という行為を可能とする。
神代の言葉なので、現代人の舌では発音不能、耳にはもはや言語として聞き取れない。
メディアは神話においてなんの偉業も成し遂げていないため評価は低いが、魔術師としての技量は最高位と言える。
『Grand Order』では「自身のNPをものすごく増やす」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A メディア キャスター
メディア〔リリィ〕 キャスター
B ニトクリス キャスター

高速読経[編集]

詳細不明。
『Grand Order』では「自身のNPをすごく増やす&宝具威力をアップ[3]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A キャスター 玄奘三蔵

皇帝特権[編集]

本来持ち得ないスキルを、本人が主張することで短期間だけ獲得できるというもの。該当するのは騎乗、剣術、芸術、カリスマ、軍略、と多岐に渡る。
Aランク以上の皇帝特権は、肉体面での負荷(神性など)すら獲得が可能。
ロムルスは本スキルを有するにあたり、本来有していた高ランクの神性スキルを自ら封印している。
『Grand Order』では「自身の攻撃力アップ[1]、自身の防御力アップ[1]を確率で付与し自身のHP回復」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
EX ネロ・クラウディウス セイバー
ロムルス ランサー
A カリギュラ バーサーカー
オジマンディアス ライダー
クレオパトラ アサシン
B 武則天 アサシン

鋼鉄の決意[編集]

この世の地獄とさえ呼ばれた牢獄シャトー・ディフ(イフの塔)から脱獄し、復讐の人生を歩んだ鋼の精神と行動力とがスキルとなったもの。
痛覚の全遮断、超高速移動にさえ耐えうる超人的な心身などが効果となる。複合スキルであり、本来は勇猛スキルと冷静沈着スキルの効果も含む。
『Grand Order』では「自身に無敵貫通付与[3]&攻撃力アップ[3]&弱体耐性アップ[1]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
EX 巌窟王 エドモン・ダンテス アヴェンジャー

拷問技術[編集]

卓越した拷問技術。拷問器具を使ったダメージにプラス補正がかかる。
エリザベートとカーミラは捕まえた人間をアイアンメイデンに閉じ込めて血を絞ったり、 指折り器や拘束器具で苦しめて狂わせたり、時には思いついたように指や腕、首筋、乳房に噛みついてそれを食いちぎったりと、その残虐行為は多岐にわたる。
エリザベートの場合は対女性でさらにダメージ補正がかかり、カーミラの場合は若年の頃より遥かに経験を積んでいる。
『Grand Order』では「敵単体の防御力をダウン[1]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A エリザベート=バートリー ランサー
カーミラ アサシン
武則天 アサシン

コーチング[編集]

海辺のアルトリア・オルタは冷血のガヴァネス(女性家庭教師)でもある。
その厳しい教育と指導により、誤ったバトルスタイルを矯正する。スパルタな為、コーチされた者は多大なダメージを負う。
『Grand Order』では「味方単体のスキルチャージを1進める&味方単体のスター発生率をアップ[1]&味方単体のHPを減少」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A アルトリア・ペンドラゴン〔ライダーオルタ〕 ライダー

国王一座[編集]

ザ・グローブ。企画段階の宝具。
シェイクスピアの宝具『開演の刻は来たれり、此処に万雷の喝采を』のミニチュア魔術。
宝具と異なり、魔力の消費は然程ではない。戦闘能力を持たない影役者を召喚、自在に操作する。
影役者のセリフはシェイクスピアが決められるが、セリフの細かな部分(普段の口調や呼び掛けなど)は、真似た対象に自動的に追随するため、その点で露呈することはない。
論理では偽物と分かっていても、この魔術を打破するには強い精神力が必要となる。
『Grand Order』では「味方単体のNPを増やす&スター発生率をアップ[3]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
C ウィリアム・シェイクスピア キャスター

護国の鬼将[編集]

あらかじめ地脈を確保しておくことにより、特定の範囲を"自らの領土"とする。
この領土内の戦闘において、領主であるヴラド三世はAランクの「狂化」に匹敵する高い戦闘力のボーナスを獲得できる。
ランク 保有者 クラス 備考
EX ヴラド三世 (Apocrypha) ランサー

五停心観[編集]

殺生院キアラが開発した医療ソフト。
メンタルケアを目的として作られた電脳術式で、精神の淀み・乱れを測定し、これを物理的に摘出する事で精神を安定させる。
もともとは患者の精神マップを作り、これを理解するために作られた。
『Grand Order』では「敵全体のチャージを1減らす&敵全体の防御力をダウン[3]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A 殺生院キアラ〔アルターエゴ〕 アルターエゴ

コスモリアクター[編集]

輝けるセイバーだけに許されるコスモなリアクター。様々なものをリアクトしている。設定とか。
『Grand Order』では「自身のスター発生率をアップ」という効果のパッシブスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A 謎のヒロインX アサシン

コレクター[編集]

より品質の良いアイテムを取得する才能。価値あるものを蒐集し、また管理する能力。
レアアイテムすら頻繁に手に入れる幸運だが、本人にしか適用されない為、マスターに恩恵はない。
ちなみにEXとは規格外の意味だが、ギルガメッシュの場合はもはや「おまえのものは我のもの」状態で様々な財宝が彼の蔵にカウントされていく。
これは対象の財宝そのものを献上させる事もあれば、それの元になった"原典"を自分の蔵から見つけ出してラベリングし直す、という場合もある。
『CCC』では「戦闘終了時のアイテム入手率が上昇」という効果のパッシブスキル。
『Grand Order』では「自身のスター集中度を大アップ[1]」という効果のスキル。
『EXTELLA』では「エネミーを倒した時のアイテムドロップ率が上昇」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
EX ギルガメッシュ アーチャー
子ギル アーチャー

混血[編集]

人間以外のヒトの血が混ざっている。
マーリンは夢魔との混血とされ、夢魔としての特性を完全に受け継いでいる。
『Grand Order』では「自身に毎ターンNP獲得状態を付与」という効果のパッシブスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
EX マーリン キャスター

根源接続[編集]

「 」から生じ、「 」を辿るもの。両儀に別れ、四象と廻し、八卦を束ね、世界の理を敷き詰めるもの。
両儀とは太極図が示す陰陽の事。両儀式の呼称は数式の式、式神の式からつけられた。
即ち万能の願望機の証であり、このスキルを持つ者にとってパラメーターは意味はないものとなる。
『Grand Order』では「自身のバスター・クイック・アーツカードの性能をアップ」という効果のパッシブスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A 両儀式〔セイバー〕 セイバー

コンキスタドール[編集]

スペイン語で「征服者」を意味する。大航海時代、航海の果てに未開地を征服した者のスキル。未開の地への侵攻、支配、略奪、奴隷化などの手際を示す。
厳密には、航海の結果「アメリカ大陸」を征服した者こそをコンキスタドールと呼ぶ向きもあるが、その源流―――「スペインからの征服者」という概念を最初に発生させた者として、コロンブスはこのスキルをEXランクで有する。
『Grand Order』では「自身のBusterカード性能をアップ[1]&スターを獲得」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
EX クリストファー・コロンブス ライダー

コンビネーション[編集]

特定の人物と共闘する際に、どれだけ戦闘力が向上するかを表すスキル。
Cランクならば、どれほど苛烈な戦場でも目線一つで互いの行動を把握、最適な行動を取る。
メアリーとアンの場合、宝具も大きく影響を受けるスキルである。
『Grand Order』では「自身の攻撃力アップ[3]&スター集中度アップ[3]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
C アン・ボニー&メアリー・リード ライダー

脚注[編集]

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 1.11 1.12 1.13 1.14 1.15 1.16 1.17 1.18 1.19 1.20 1.21 1.22 1.23 1.24 3ターン
  2. 3ターン、2回
  3. 3.00 3.01 3.02 3.03 3.04 3.05 3.06 3.07 3.08 3.09 3.10 3.11 3.12 3.13 3.14 3.15 3.16 3.17 3.18 1ターン
  4. 5ターン、1回
  5. 5ターン

リンク[編集]