スキル一覧 (や-よ)

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search

この記事ではFateで登場するスキルのうち、読みが「や」から始まるものから「よ」で始まるものまでを説明する。

スキル一覧[編集]

ヤコブの手足[編集]

ヤコブ、モーセ、そしてマルタへと脈々と受け継がれてきた古き格闘法。極まれば大天使にさえ勝利する。
伝説によれば、これを修めたであろう聖者が、一万二千の天使を率いる『破壊の天使』を撲殺している。
ルーラークラスのマルタが、宝具の真名解放時に「ああいう振る舞い」を成し遂げられるのも、このスキルあればこそ。
『Grand Order』では「自身に〔神性、悪魔、死霊〕特攻状態を付与[注 1]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
B マルタ〔ルーラー〕 ルーラー

野獣の論理[編集]

獣に変化したための戦闘思考。
搦め手は使えないが、迅速に相手を殺害するための思考速度が高速化する。
自己進化スキルと連携させることで敵を倒す速度がさらに増す。
『Grand Order』では「自身に回避状態を付与[注 1]&自身のクリティカル威力をアップ[注 2]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
B アタランテ〔オルタ〕 バーサーカー

矢避けの加護[編集]

飛び道具に対する防御スキル。
狙撃手を視界に捉えた状態であれば、どのような投擲武装であっても肉眼で捉え、対処できる。余程のレベルでないかぎり、このスキルの所有者に対して投擲タイプの攻撃は通じない。
ただし超遠距離からの直接攻撃、および広範囲の全体攻撃は該当しない。呪腕のハサンは「流レ矢の加護」と呼んだが、呼び方の違いだけで同じものだと思われる。
クー・フーリン〔オルタ〕は狂化されているため、通常よりランクダウンされている。
俵藤太は矢を含む投擲武器を中確率で自動回避する。
『Grand Order』では「自身に回避状態を付与&防御力アップ[注 2]」という効果のスキル。回避回数はA~Bは3回、Cランクは2回。
ランク 保有者 クラス 備考
A クー・フーリン〔キャスター〕 キャスター
B クー・フーリン ランサー
クー・フーリン (Prototype) ランサー
C クー・フーリン〔オルタ〕 バーサーカー
俵藤太 アーチャー

友誼の証明[編集]

敵対サーヴァントが精神汚染スキルを保有していない場合、相手の戦意をある程度抑制し、話し合いに持ち込むことができる。
聖杯戦争においては、一時的な同盟を組む際に有利な判定を得る。
『Grand Order』では「敵単体に中確率でスタン付与[注 1]&チャージを中確率で減らす」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
C ヘクトール ランサー

勇者大原則[編集]

一つ、勇者は無敵でなくてはならない。
一つ、勇者はハイテンションでなくてはならない。
一つ、勇者は大抵の落とし物を自由に使ってよい。
……等々、十の原則があるという。
スキル的には活劇漫画における、主人公逆転への前振りのようなもの。
そのターンのみ無敵になり、同時に精神力を高める。
勇者たるもの、多段宝具を凌いでNPを溜めるべし。
『Grand Order』では「自身に無敵状態を付与[注 1]&NP獲得量をアップ[注 1]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
EX エリザベート=バートリー〔ブレイブ〕 セイバー

勇猛[編集]

威圧、混乱、幻惑といった精神干渉を無効化する。また、格闘ダメージを向上させる。
ただし、バーサーカーとして召喚された場合は、その狂化によって勇猛さの意味を失っている。
アルケイデスの場合は令呪により身に宿る神の呪いを引き出された影響で著しくランクが低下している。
『Grand Order』では「自身の攻撃力[注 2]&精神異常弱体耐性アップ[注 2]」という効果のスキル。
『EXTELLA』では「K.O.数に応じて通常攻撃の攻撃力が上昇」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A+ ヘラクレス バーサーカー
アキレウス ライダー
フェルグス・マック・ロイ セイバー
B 呂布奉先 バーサーカー
E アルケイデス アヴェンジャー
アーチャー

愉快型魔術礼装[編集]

自称“ルビーちゃん”。正式名称は“マジカルルビー”。
宝石大好き魔法使いのお爺ちゃんが作った、魔法のステッキに宿る人工天然精霊。
並々ならぬ魔法少女へのこだわりで術者をサポートするものの、それ以外のことは頑として受け付けない。
自分さえ楽しければそれで良い、ゆえに愉快型。
『Grand Order』では「自身のバスターカード性能をアップ[注 1]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A イリヤスフィール・フォン・アインツベルン キャスター

愉快型魔術礼装(妹)[編集]

ヘンテコステッキの妹の方。正式名称は“マジカルサファイア ”。
ハイテンションな姉(マジカルルビー)に比べ、落ち着いていて理性的だが、やはり人工天然精霊の性かマスターを振り回し、面白おかしい事態を引き起こしてしまう厄介さはあんまり変わらないのであった。
なお、契約者のコスチュームはなぜか姉に比べてやや露出が多くなる傾向がある。
『Grand Order』では「自身のArtsカード性能をアップ[Lv.1~][注 2]&自身のクリティカル威力をアップ[Lv.1~](3回)[注 2]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A 美遊・エーデルフェルト キャスター

愉快な仲間たち[編集]

バニヤンの下にベイヴを初めとして規格外の猛者が集った逸話に由来するスキル。
バニヤンには彼女と同様の巨体を仲間が沢山存在している。これは偶然ではなくバニヤンが周囲に与える力により、強靭な肉体を得ていたとされる。
バニヤンの仲間や育てた作物が巨大なのはこのスキルの影響下にあるため。
『Grand Order』では「味方全体のBusterカード性能をアップ[注 2]&味方全体のクリティカル威力をアップ[注 2]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A ポール・バニヤン バーサーカー

弓矢作成[編集]

女神アールマティから授かった知慧たる「弓」の設計者であり作成者でもあるアーラシュは、材料さえあればたちまち弓と矢を作成する。
弓には物質的な材料が必要だが、矢であれば自らの魔力を削ることで作成可能。これによりアーラシュは無数の矢を断続的に放つことが可能となる。
『Grand Order』では「自身のNPを増やす&自身のHPを回復」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A アーラシュ アーチャー

夢幻の如く[編集]

強大な力と有り様の異質さゆえに常に世界からの修正力を受け続けている魔王信長の存在は虚ろであり、その霊基自体もおぼろな状態である。
『Grand Order』では「自身に無敵状態を付与[注 1]&自身の強化解除耐性をアップ[Lv.1~][注 1]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
B 魔王信長 アヴェンジャー

幼児退行[編集]

BBかけられた枷。無限に成長するキングプロテアを抑制する安全装置。
自らのレベルを戻し、肥大化した自己をリセットするもの。
使用すると、『ヒュージスケール』で得た成長がゼロになる代わりに、段階に応じたNPを獲得する。
『Grand Order』では「自身のスキルチャージを1進める&自身のNPを[増殖]状態の数だけ増やす[Lv.1~]&自身の[無限増殖]状態と[増殖]状態を解除【デメリット】」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
C キングプロテア (Grand Order) アルターエゴ

妖惹の紅顔[編集]

魑魅魍魎や魔性を惹き付けてやまない生来の美しさ。
このスキルのランクが高ければ高いほど魔性の者に浚われやすい。加えて神性を持ちあわせていれば、さらに付け狙われやすくなる。
『Grand Order』では「自身にターゲット集中状態を付与[注 1]&被ダメージカット状態を付与[注 1]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A 玄奘三蔵 キャスター

妖精契約[編集]

詳細不明。
『Grand Order』では「自身の弱体耐性をアップ&弱体付与成功率をアップ」という効果のパッシブスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァ キャスター

抑制[編集]

攻撃寸前まで殺気の一切を表に出さない暗殺者の秘奥。
Aランクともなれば、武器を手に握る瞬間まで殺気が窺えない。
『Grand Order』では「自身にスター集中状態を付与[注 1]&スター大量獲得」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A 荊軻 アサシン

鎧は胸に在り[編集]

飛び道具に対する防御スキル。
生前、銃弾飛び交う敵の眼前で悠然と酒をあおるも、全ての弾は謙信を避けて通ったといわれる逸話がスキルとなったもの。
強烈な自負心が事象操作に近い現象を起こし、弾の軌道すら歪めるため本人が当たると思わなければ絶対に弾が当たることはない。
ただし「本人に当たると思わせる程の気迫を込めた射撃」であれば加護を破る事は可能。
『Grand Order』では「自身に回避状態を付与[注 1]&自身のNP獲得量をアップ[Lv.1~][注 1]」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A 長尾景虎 ランサー

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 1.11 1.12 1ターン
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 3ターン

出典[編集]


リンク[編集]