2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

スルト

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索
異聞帯のセイバー
真名 スルト
外国語表記 Surtr
初登場作品 Fate/Grand Order
声優 津田健次郎
性別 男性
テンプレートを表示

概要[編集]

剣士」のサーヴァント

略歴
『無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング』ではオフェリア・ファムルソローネクリプターになる前、コフィンの中にいた時に「遷延の魔眼」で大神の牢獄で世界が剪定されるのを待っている姿を視認した[注 1]
その後、オフェリア・ファムルソローネが北欧異聞帯で英霊召喚を行う際、遷延の魔眼を通じて術式に潜り込み、シグルドの魂と混ざり合い、肉体の制御権を全て奪い取り、オフェリアのサーヴァントとなった。シグルドの身体から魂を抜け出させ、大神の牢獄を外から破壊して肉体であるムスペルヘイムを解放し、真の炎の巨人王として顕現する為、自害しようとしたが、オフェリアの令呪によって禁じられる。
シャドウ・ボーダーが異聞帯に現れた際には、オフェリアの命令でボーダーを急襲し、ホームズの右腕を魔剣グラムで切り飛ばした上で死のルーンを刻み付け、ペーパームーンを奪い取った。
霊基強制再臨・限定解除第二段階でスカサハ=スカディの城で再びナポレオンを仲間にした主人公達と戦ったが、スカサハ=スカディの原初のルーンで主人公たちが全員捕縛され戦闘は終わった。
“炎の館”から救出されたブリュンヒルデを連れて主人公たちが訪れたスカサハ=スカディの城に繋がる大橋で、オルトリンデと共に主人公達と再び戦闘を行う。途中で霊基強制再臨・最終限定解除されるも、ブリュンヒルデの槍に霊核を貫かれる。それによってスルトの魂がシグルドから解放され、大神の封印を外側から解き、ムスペルヘイム───スルトの肉体が解放される。
解放後にカルデア一行と戦闘を行い、炎の剣で吹き飛ばそうとしたが、オフェリアの魔眼とオルトリンデの原初のルーンで一時的に復活したシグルドの『壊劫の天輪』によって炎を弾かれ、オフェリアを肩に乗せ、足元に近寄った巨人種を踏み砕き、近寄った氷の獣を瞬時に溶かしながら北の山嶺へと移動した。
スカディと空想樹の接続を強制解除させ、それに喰らい付いて枝も幹も根も呑み込むことで強引に再接続し、空想樹をリソースとすることで自らの霊基を再臨させ、失ったフェンリルの氷の権能を取り戻した。
その後、集落の存在する旧ヴェーネルン湖上に移動し、オフェリアに仕掛けた魂と意思を束縛する「悪竜の呪い」で魂を一体化させる。炎の剣を振るう。
人物
巨人種と呼べるかは不明だが、その巨体から巨人とは呼べる。
イヴァン雷帝のように物理的な災害ではなく、概念的な世界を滅ぼす災害。
見え方によって規模が変わる怪物である為、正確なサイズは測ろうにも計器が利かない。実際には山嶺程のサイズはない。
一種のシステムと言える存在の為、人格的には非常に未熟。世界が剪定されるのを待つ間に、自分の事を見つけてくれたオフェリアに病的に執着しており、それ以外の人間については男女含めてそもそも区別できていない。
フェンリルの氷の権能を取り戻すと、形態が氷炎へと変化した。
能力
シグルドと融合させられた事で剣士のクラスとなっているが、本来は神殺しの巨人であり、神霊級の存在。会話の際は魔術による意思伝達を行う。
聖槍ロンゴミニアドに匹敵する神造兵装『太陽を越えて耀け、炎の剣』を操る。
剣を使わずとも炎の力を扱え、その超高熱は耐火設計が仕込まれた霊基外骨骼を吹き飛ばすほどで、恒星とまではいかなくても、それに近い超高熱を秘める不気味さを持つ。
山嶺程のサイズはないにもかかわらず、一歩で氷雪の山を砕く。
ボーダーの観測機器では測り切れないほどの魔力を持つ。マシュ曰く大気中の散乱で光学的な欺瞞状態で、距離は観測機器や視認でも捉えられない。
ペーパームーンを用いる事で、空想樹を飲み込み、リソースとすることで自らの霊基を再臨させ、失ったフェンリルの氷の権能を取り戻した。

バリエーション[編集]

シグルド融合状態[編集]

オフェリア・ファムルソローネシグルドを召喚する際に遷延の魔眼を通じて術式に潜り込み、魂が融合した状態。本来のシグルドとは違い、赤色の瞳をしている。
シグルドが汎人類史のサーヴァントであるためか、霊基の構造パターンはカルデアのものと同じだが、フレームの色が微妙に違うという解析結果が出た。シャドウ・ボーダーに向けて強い呪詛の込められた魔力を向けていたため、敵性反応だとは分かっていた。
肉体の制御権は全てスルトが奪い取っているが、初戦で主人公 (Grand Order)の首を切り落とそうとした一度だけ抵抗している。
捕えるという器用な真似はせず、立ちはだかるものは全て切り伏せて殺す。

第一段階ですら、魔力はイヴァン雷帝クラスで、ロンドンの大聖杯アングルボダに匹敵する。魔力感知が阻害されているスカサハ=スカディの城でも強く感じる程の魔力。同じくサーヴァント特有の気配を感じ取れない環境でも、熱い寒気が伝わってくる。
シャドウ・ボーダーのゼロセイルを掴んで止め、持ち上げて投げ飛ばし、腰の短剣を防ぐだけでその重さにマシュが驚愕するほどの腕力を持つ。魔剣グラムを一度も振り抜かずに単に払うだけで、ほぼ短剣のみでマシュとホームズを圧倒した。神代の結界に等しく神鉄の城塞の域に近付いた多重結界を真名解放なしの魔剣グラムで容易く切り裂いた。原初のルーンも使用可能で、ホームズに死のルーンを刻み込んだ。
霊体化し、外部から気配遮断のバックアップを受ける事で、シャドウ・ボーダーの極めて性能の高い霊的レーダーによる探知能力を掻い潜った。 シグルドの神々の智慧を手にしており、その力を手にしたスルトはホームズが魔術的攻撃を駆使する英霊だと知っており、その知恵と反射、強靭な五体によって魔力投射を難なく躱した。

オフェリアの霊基強制再臨・限定解除第二段階で装甲と刃が増えた武装形態となり、英霊シグルドの手による魔剣グラムの本格使用を開始する。ただし、魔剣グラムは限定解除状態のため、真のグラムにはやや遠い。さらに触れていないにも関わらず霊基外骨骼が軋むほどに魔力が増大する。
霊基強制再臨・最終限定解除で仮面が外れて[注 2]眼鏡になり、魔剣グラムの発光色が変わり、真のグラムが解放される。放たれる魔力も桁が一つ二つ跳ね上がるため、英霊シグルドの全性能を発揮する事ができるようになる。
シグルドではなくスルトである為、ブリュンヒルデの宝具『死がふたりを分断つまで』で命を奪えなかった。また、ルーンを描かずに炎を出すことが可能[注 3]

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
セイバー オフェリア・ファムルソローネ ? ? ? ? ? ? ? 枝の破滅:A++
巨人外殻:A
怪力:B+++

宝具[編集]

太陽を越えて耀け、炎の剣(ロプトル・レーギャルン)
星の生み出した神造兵装。スルトの持つ炎の剣。
地表から神代という現実を剥ぎ取る装置としての役割を持つ。その力はロンゴミニアドに比肩する。
生命に対する優先権を有しており、形ある生物であれば神代の神でさえ滅ぼすとされる。
『Grand Order』では「敵全体に〔神性〕特攻攻撃&火傷付与[注 4]」という効果の宝具。

真名:スルト[編集]

炎の巨人王スルト。北欧神代のラグナロクの要たる神殺し。
炎の剣。黒き者。神々を殺し、やがて大地の全てを焼き尽くす者。
ムスペルを統べる者であり、旧くは巨人の諸王が一つ。煉獄ムスペルヘイムに住まう火の巨人達の王。
かつて北欧に於ける神代の終焉「ラグナロク」にて世界と神を灼き尽くした、終末の巨人。
北欧神代の破壊神にも等しい存在であり、彼を召喚する事は旧き神の召喚に等しい。
原初の巨人ユーミルの怒りの残滓であり、北欧神代を終わらせるための終末装置。
汎人類史では伝説からさえも消え失せた、原初の巨人に秘められた破壊者としての一面を最も色濃く受け継いだモノ。
火炎領域ムスペルヘイムは彼の肉体、即ち五体そのものであり、破壊の為に顕れる終末の炎。
人類史においてはカトラ山の大噴火として顕れた。
北欧異聞帯にあって唯一の灼熱を司る、火炎領域ムスペルヘイムの支配者にして破壊の化身。
あらゆる巨人を超越する体躯、あらゆる生命を蹂躙する炎熱。偽なる太陽に揺蕩う火炎こそを大本オリジナルとするモノ。
汎人類史の英霊シグルドの魂と霊核の影に潜んだ、真なる異聞帯のセイバー。
北欧を灼き尽くし、その先に人類の時代を訪れさせるよう運命に定められていた。
だが、スルトは自らが目にできない明日を拒み、運命に逆らって、北欧神代のテクスチャではなく、星の終焉を望んだ。
太陽を飲み込んで油断したフェンリルを喰らい、力を付けたスルトはロキを殺し、神々や巨人の王たちすらも灼き尽くした。
そして最後に太陽を失った空の穴にムスペルヘイムを繋げ、その物理的降下で惑星を灼こうとした。
だが大神オーディンの最後のルーンによって結界の牢獄に封じ込められ、すべてを灼き尽くす夢は失敗に終わった。
そして夢を果たせないまま、大神の牢獄の中で現実ごと世界が剪定される時を待っていた。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
Lostbelt No.2『無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング』でオフェリアのサーヴァントとして登場。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

オフェリア・ファムルソローネ
マスター。消え行く自分を見つけ出した唯一無二の存在であり、また「何も果たせずに終わろうとしていた」ことに共感し、非常に強く執着している。
シグルド
オフェリアに彼が召喚されたところに割り込み、肉体を乗っ取って行動していた。
ナポレオン
敵対するサーヴァント。オフェリアに愛を囁くことから「間男」とひときわ大きな敵意を向けている。
フェンリル
北欧異聞帯における過去のラグナロクにおいて、本来の歴史とは異なり彼を殺害して氷の権能を取り込んだ。

名台詞[編集]

Fate/Grand Order[編集]

「 クク 」
彼の特徴的な笑い方。台詞の頭に「クク」後ろに「オフェリア」と付けるだけでスルトの台詞に早変わり。
なお、巨人としての姿を顕している時の台詞はこのように前後にスペースを空けて(+カッコ書きありで)表記される。
「さて、どう殺すか。どいつから殺そうか。いやいや、やはり貴様か弓兵。口の減らん間男め。」
シグルド融合状態で、自分のマスターの婚約者を自称する敵のアーチャーを相手に、限定を一段階解除しながら。
一見すると軽口に軽口で返したように見えるが、彼の正体を知った上で見るとかなり本気で言っているであろうことが推測できる。
その直前にも「たとえ事故は起きてもマシュだけは殺さないように」というマスターからの注文に対して「マシュだけは」の部分を念押ししていたり、殺意の類が漏れ出したりしており、少なくとも彼の事は「事故」に見せかけて殺す気満々だったようである。
「さらばだ。炎にて終わる世界から視線を寄越す、ヒトの女」
「幾万の奇跡を越えて、幾億の偶然を越えて」
「もしも、再びおまえが俺を視たならば」
「その時は、我が“炎の剣”を披露してやろう」
――アナタの宝具を?
「星の終わりを」
オフェリアとの一時の邂逅にて。彼はその言葉通り、再びオフェリアの前に現れた。
「 オフェリア 」
「 星の終末を、共に、見よう 」
顕現後、呪詛によってオフェリアの自我を奪おうとしながら告げた言葉。
言い回しはどこかロマンティックであり、彼にとっては自分の在り方に従っているだけのことなのだが、言われた当人にとっても周囲にとっても傍迷惑極まりない。
「星よ、終われ。灰燼と帰せ。
太陽を超えて耀け、炎の剣ロプトル・レーギャルン』!」
宝具発動。魔力のみで構成された、地球上ではおよそありえない超高熱の"剣"は、流星の如く無慈悲に振り下ろされる。
それは、一つの神の代を終わらせた、黄昏の剣。
───俺は、絶望していたのだ
───運命への叛逆を試みておきながら。
───炎として、終末装置としての役割をも果たせず。
───剪定を待つ世界で燻りつづけるこの俺に。
───あの女は。
───そんな俺を、見つけた、のだ。
───見つけてくれた
───たとえ、偶然であろうと。
───たとえ、滅びの炎と恐怖されようとも。
───たとえ、偶然であろうと。
───それは俺にとっては、誕生・発生して以来初めての。
───運命という定めにない、意外性。
───驚き、だった。
───哀れな女。愚かな女。
───オフェリア・ファムルソローネ。
───明日なき俺に、未知なるもの、驚きを教えた女。
───俺を見つけた女。
───燻る炎に言葉を掛けた、ただひとり。
───嗚呼。
───俺は、おまえに何をしてやれるだろう。
───炎でしかない俺は、破壊でしかない俺は。
───おまえに。何を。
───おまえに、何を、返してやれるのだろう。
すべてが終わり、スルトがオフェリアと出会った時を思い返しての独白。出会った運命に対し、自分に思いつく限りの恩返しがこれまでの行動の根底にはあった。しかし、彼が返せるものは「破壊」しかなかったのであった。
だが、その想いは当の本人であるオフェリアには最期まで気づかれることはなかった。

メモ[編集]

話題まとめ[編集]

スルト敗北剣
その言動がさながらぼっちの自分に唯一話しかけてくれただけの女の子に執着した挙句歪んだ愛情表現しかできない恋愛クソ雑魚ストーカー男の如しであることからキルケー敗北拳をもじった呼称。
もっとも、彼のそれは「生まれと環境がどうしようもない」ことに尽きるため、同情的に評価されそしてネタにされることが多い。
この他「好きな女の子をからかってしまったり虫をプレゼントして泣かせるタイプの精神年齢小学生男子」「消しゴム拾ってくれた女の子を好きになる中学生男子」「どこかの誰かっぽい」「敗北剣っていうか童貞剣」など散々ないじられようである。
全国のローソンに現れるスルト
2018年11月9日(金)~12月3日(月)でFGOとローソンのコラボ開催。
全国7店のローソン店舗ではFGOとタイアップしたコラボレーション店舗として、FGOの世界観をイメージしたオリジナル装飾が施された。
装飾は2部のキービジュアルやCMのカット、キャラクターの全身イラストなどが使用されており、その中には当然クリプターであるオフェリアもいた。
何も知らない人ならば素通りするのだが、2部2章をクリアしたマスターたちは彼女の前を通るたびに「 クク オフェリア 」と呟いたという。怖い。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. この時に縁ができており、さらに魂が魔眼と繋がりオフェリアの中に潜んでいた。
  2. スルトはこの仮面を煩わしいと感じており、好き好んでかぶっている彼を大層な傾奇者と称している。
  3. シグルドは「ルーンでも炎だけは扱わない」とブリュンヒルデの前で宣言していたため、シグルドではないことをブリュンヒルデに確信させる原因になった。
  4. 永続

出典[編集]


リンク[編集]