オフェリア・ファムルソローネ

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索
オフェリア・ファムルソローネ
初登場作品 Fate/Grand Order
性別 女性
デザイン La-na[1]
テンプレートを表示

概要[編集]

Fate/Grand Order』に登場する魔術師

略歴
Aチームメンバーとしてカルデアから選抜され、セイバーを召喚予定だったが、レフの妨害工作により瀕死の重傷を負い、コフィンで凍結保存されてしまった。
人物
降霊科所属の魔術師。眼帯が印象的な女性。現代の戦乙女という二つ名で呼ばれている。
召喚予定のサーヴァントの人種に拘りがあった。
人理焼却前はマシュをお茶会に誘う等人当たりも良さそうであったが、クリプターとなってからは性格が変わったらしく、ヴォーダイムに過剰なほどに傾倒している。
能力
魔眼を持っており、普段は眼帯で隠している。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

マシュ・キリエライト
人理焼却前はよくお茶会に誘っていたとのこと。
キリシュタリア・ヴォーダイム
人理焼却前の関係は不明だが、クリプターとなってからは「キリシュタリア様」と呼ぶようになり、偉大さを他のメンバーにも吹聴するなど傾倒っぷりが目立っている。
スカンジナビア・ペペロンチーノ
彼の特異なキャラは持て余し気味のようで、遊び気分の人物として例に挙げられた時もドン引きしつつ例外扱いしていた。

名台詞[編集]

Fate/Grand Order[編集]

メモ[編集]

話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]