2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ネロ・クラウディウス〔キャスター〕

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索
キャスター
真名 ネロ・クラウディウス
初登場作品 Fate/Grand Order
声優 丹下桜
身長 150cm
体重 42kg
出典 史実
地域 ローマ
属性 混沌・夏
隠し属性
性別 女性
一人称
二人称 貴殿/貴様/○○(呼び捨て)
三人称 貴殿たち/貴様ら/○○(呼び捨て)マスター/○○○(名前呼び捨て)
デザイン ワダアルコ
設定作成 奈須きのこ
レア度 ☆5
テンプレートを表示

概要[編集]

魔術師」のサーヴァント。期間限定イベント『デッドヒート・サマーレース!』にて登場した水着姿のネロ・クラウディウス

略歴
『デッドヒート・サマーレース!』では特異点解決において開催されたレースに参加する際にそのへんを歩いていたアルトリア・オルタに声をかけ、チーム「タイラント・シューティンスター」として参加。
人物
セイバークラスでは男装の麗人[注 1]だが、今回は美女である事を隠さず、堂々と夏の海を満喫している。
「自分大好き」の自己愛の持ち主で、それでいて「周りの人々も大好き」という博愛をも併せ持った、壮大な価値観を有している。
南の島に誘われず内心で不満だったである彼女は、今回こそはと水着を新調し、サマーイベントに乗り出す気満々だった。
ハワイに行きたいためレースには乗り気ではなかったが「優勝してほしい」というマスターの願いを叶えてやりたい―――そんな熱い想いで、容易ではないクラスチェンジを敢行し、優勝の名誉(とマスターに役立つ賞品)だけを目的としてレースに参加。
偶然にも同じ理由でクラスを変えたアルトリア・オルタとは最終目的が同じということもあり、最も目立つメインドライバーをどちらにするかで互いに最後まで譲らなかった。
レース方針はとても攻撃的。立ちふさがるものは強引に攻め、何度もマシン同士でぶつかった後、スピードで抜く事を良しとする。アルトリア・オルタとは強引な方針が似ていることから相乗効果を生み出していた。
ネロは全チームを『良きライバル』として考える為、相手の長所に喜びつつ、これを上回る事を望む。その中でパートナーであるアルトリア・オルタを最大のライバルと認識しており、優勝した際には夏の勝者とマスターを賭けて決着をつけることとなる。
能力
キャスタークラスになってもステータスはセイバークラス時と宝具を除いて一切変化はなく、実際「原初の火」という銘の剣で戦っている。
生前の魔術師シモンから学んだ知識を最大限に生かし、自分用の魔術礼装ならぬ劇場礼装を完成させた。
体の左右に浮遊するパイプオルガンはその美声を攻撃力に変換し、レーザー、花火、火炎弾を放つほか、砲身を分離して攻撃を行う。
……無論、その歌声はダメージを生む代物であるが、その残酷な真実を本人は気付いていない。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
キャスター 主人公 (Grand Order) D D A B A A 騎乗:B
陣地作成:A+
道具作成(奇)EX
暴走特権:EX
七つの冠:C
死なずのマグス:A

宝具[編集]

誉れ歌う黄金劇場(ラウダレントゥム・ドムス・イルステリアス)
ランク:A
種別:対軍宝具
最大捕捉:500人
黄金劇場に管楽器が追加されたと思ったら、そのパイプはすべて砲門だった。
如何なる想像力の仕業なのか、設計者は正気だったのか、でもパイプオルガンって砲門っぽいよね。そんな複雑な経緯から生まれた歌劇要塞。
『謳う者』としての霊基を得たネロは、その才能を最大限に発揮。黄金劇場は劇場内のみならず、劇場の外に向けてその歌声を届かせる一大野外ステージへと変化した。
宝具演出内でネロの正面からのカットインアニメーション(ドット絵の拡大ではない)が入るが、再臨段階に合わせた姿にきちんと変わる。
『Grand Order』では「自身に無敵貫通状態を付与[注 2]自身の宝具威力をアップ[注 2][注 3]&敵全体に強力な攻撃」という効果のBuster宝具。

真名:ネロ・クラウディウス[編集]

ネロ。帝政ローマ第5代皇帝。悪名高き「暴君」……が水着姿になったもの。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
『デッドヒート・サマーレース!』の開催に伴い期間限定でガチャに追加。イベントガチャ限定サーヴァントであり、恒常的な入手手段は現状ない。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕 (ライダー)‎
イシュタルカップでチームを組んだサーヴァント。
ネロと異なりそういうの関係なしでとにかくトップに立とうとする方針だが、結果は同じなのでケンカしないという奇蹟のチーム。
なお、マイルームでは「気は合うものの全く可愛げがない」「血も涙もない、そして愛想すらないメイド」と評したり、彼女所属時には酷い目に合わされたそうな。
エリザベート=バートリー〔ブレイブ〕
「ウナギのような肢体」と、微妙に褒めているのかそうでないのかわからない褒め方をしている。
なお、自分たちと同じ水着サーヴァントだと勘違いしている模様。

生前[編集]

シモン・マグス
ネロが皇帝で会った頃の宮廷魔術師。口は悪い、態度は悪い、性格も悪いという困った男だったが、気に入っており、彼から魔術を少し学んだ。
これがキャスターの適性を有した逸話だと考えられる。

名台詞[編集]

「劇場は、海より来たり──豪奢! 荘厳! しかして流麗! 見るがよい! これぞ、誉れ歌うイルステリアス! すなわち、余の! 黄金劇場である!!」
宝具開放。「誉れ歌う黄金劇場」。海から現れし黄金劇場、豪奢にして荘厳、しかして流麗。劇場から放つ歌声を奏でる。
「楽しむがよい、これが極上のアウローラ! ふっふっふ、あれは誰だ? 美女だ!? ローマだ!? もちろん、余だよ☆『誉れ歌う黄金劇場ラウダレントゥム・ドムス・イルステリアス』!!
宝具解放。別バージョン。丹下氏の演技とネロの笑顔に打ち抜かれたFGOプレイヤーも少なくない。
「嫌いなものか。血も涙もない、そして愛想すらないメイドだな。気は合うが、まっったく可愛げがない」
マイルーム会話「嫌いなこと」。レースでは喧嘩はしない奇跡のチームと評しており、実際気は合うものの可愛げがないようだ。
「ぬっ!? 濡れたシャツとは、なんと恥知らずな! だが、それでこそ我がライバル!
 なりふり構わず勝ちに来るところ、余は好きだぞ。だが、この劇場礼装が許すかな?」
マイルーム会話「玉藻の前〔ランサー〕」。取り敢えず黄金劇場で吹っ飛ばすつもりですか。
「冷血メイドまでいるではないか!?マスター、ヤツは早々に追放すべきだぞ!
 冷たいココナッツミルクが飲みたいと言った余に、ヤツは何をしたと思う?あの固いココナッツが、余の前で、無惨にも、爆発を……」
マイルーム会話「アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕 (ライダー)」。料理については専門外だったようだ。

メモ[編集]

  • 彼女の霊基ベースとしては同作のネロ・クラウディウス〔ブライド〕でありそれが水着に着替えただけの姿である。あちらのFGOでの設定に倣いFGO主人公に引き続き恋愛的な意味でデレている。
    • 一方で、宝具演出では背景に『Fate/EXTELLA』由来のセイバー・ヴィナス像が鎮座している。ご丁寧にアルテラのフォトン・レイも像が持っているが、これがネロのイメージする「美の女神(ヴィナス)」の自分の表現として宝具に現れたのか、はたまた座からの「別時空のネロの一つの姿」としての記録によるものなのかは不明。
      また、実装時のイベントとなった「デッドヒート・サマーレース」では、レースの1位になった際に「つきのうみを パドるパドる~♪」とブロッサム先生で披露したクリスマスソングを思わせる曲を歌っている。同作のネロブライドには月での冒険の記憶がないのは以前きのこが説明した通りであるが、何故かこの曲がネロブライドと同一の水着ネロの口から飛び出した。
      • バレンタインイベントでセイバー・ヴィナス像のチョコを渡した時に「いつか神威を借りてまで挑むほどの敵が現れた時はこのようなすがたになりたい」と発言しているので、やはり記憶は持ち合わせていない様子。
  • 「水着を新調」というのは、ネロが過去に登場した作品の水着いずれともデザインが異なるため。ただし霊基第二段階のイラストで着ている私服だけは『Fate/EXTRA CCC』にあった「深紅の現代衣装」。
    • 「セイバー総選挙」の時は赤を基調とした斑模様のビキニ水着。
    • 『CCC』ではBBが用意した、紐と見紛うような際どさの赤いスリングショット水着「あかいいなずま」。『Grand Order』でもモードレッド〔ライダー〕がマイルーム会話でそれとなくその存在に言及している。
    • 『Fate/EXTELLA』ではチェック柄の赤いビキニ「ローズ・ヴァカンス」。こちらは多少露出度が高めであるものの真っ当なデザイン。
  • 最近とみに増殖気味である「セイバー顔」であるが、セイバーランサーアーチャーライダーアサシンバーサーカーは今まで居たので、彼女の登場でキャスターが埋まり、めでたく基本7クラスコンプリートとなった。
    • …が、彼女はネロの一派生であり、他はアルトリア派生によるものであった為、「一ヶ所だけネロ」というこの図をコンプリート扱いするファンは基本少ないかもしれない。やはり待たれるのはアルトリアシリーズのキャスターか。

話題まとめ[編集]

クラス適性について
セイバー時とステータスが全く変わっていない上に、セイバー時には無かったスキルが多数追加されてることから、ファンの間では「セイバーよりキャスタークラスの方が強いのではないか」ともっぱらの噂になった。
元々『EXTRA material』での記述でもネロの本来の適性は指揮官系サーヴァントであるとされており、皇帝特権で無理やりセイバーとして成立させるよりは向いているクラスと言えなくもない。また、『EXTELLA』ではシモン・マグスから魔術師の才能があると評価されたという話がある。
一方で、「夏に夢を:A」というスキルが消失し「七つの冠:C」という不穏なスキルも追加された。七つの冠とは、「黙示録の獣」と呼ばれる七つの頭を持つ「赤い竜」と、十本の角と七つの頭を持つ「獣」が着けているとされる冠である。(分かりづらいが、この二つの怪物をまとめて「黙示録の獣」と呼ぶ。)この「黙示録の獣」は、キリスト教を迫害したローマを象徴したものとされており、七つの頭はそれぞれローマ皇帝を表しているとされている。そしてネロは特にキリスト教を迫害した皇帝なので、当然この黙示録の獣の頭の内の一つに数えられている存在である。スキルの効果もクラス相性を(防御面のみ)無効化するというビーストソロモンに化けていたゲーティアを思い起こさせるものとなっている。かつてビーストを討伐したアーサーが並行世界をまたにかけて追跡している対の概念を持つビーストのうちの「R」はこの「七つの冠」らしきスキルを保有している模様。何より宝具演出が「海より出現する」黄金劇場ということ。黙示録の獣も海より出現すると言われており、こうも積み上げられると小さいものでも怪しさが…。
宝具演出
彼女自身は全体攻撃宝具であり、多量のNP獲得スキルがあり、他者にもバフをかけられると、周回において必要な要素を殆ど併せ持った便利なサーヴァントである。
…が、肝心の彼女の宝具の演出が全サーヴァント中トップクラスに長いという欠点がある。その長さは、最速であるポール・バニヤンの宝具であれば、倍速同士なら術ネロの宝具1回の間にバニヤンの宝具を6回撃ってもなお時間が余るほど。

商品情報[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. あくまでも本人はそう思っている。
  2. 2.0 2.1 1ターン
  3. オーバーチャージで効果UP

出典[編集]


リンク[編集]