玉藻の前〔ランサー〕

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search
ランサー
真名 玉藻の前
性別 女性
身長 160cm
体重 49kg
出典 日本神話、三大化生の一角
ホノルルビーチ希望
地域 日本
属性 中立・夏
隠し属性
一人称 私(わたくし)/こちら/タマモちゃん[注 1]
二人称 貴方/そちら/○○様
三人称 あの方/その方/皆様がた
声優 斎藤千和
デザイン ワダアルコ
設定作成 奈須きのこ
レア度 ☆5
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集]

槍兵」のサーヴァント。期間限定イベント『カルデアサマーメモリー』にて登場した水着姿の玉藻の前

略歴
レイシフトのトラブルで無人島に流れ着いた際、スカサハによって過ごしやすい姿に霊基を調整された姿。
人物
水着姿でも、やっぱりいつもの玉藻の前だが、ヴァカンス、という事で魔力を全部使い切って夏のケモノと化している。
みなぎる余裕からか、いつものタマモより優雅、かつハイソ。本人はエレガントなマヌカンのつもりでいるらしい。だが真の淑女はウキウキと遊ぶ気満々で浮き輪とか持参しない。
夏・浜辺・ビーチパラソルとくれば、それは優雅さをアピールするチャンス。夏の浜辺で普段以上にチャームしておいて、日常に帰った時にはもうメロメロという作戦である。
オリジナルでありながらタマモナインに片足を突っ込んだ海のハンター、人呼んでタマモシャーク。
能力
魔力を全部使い切って夏のケモノと化しているため、身体能力が異様に高い。そのかわり呪術に使用する魔力が低下している。
ビーチパラソルを広げてブーメランのように投げたり、ビーチパラソルを突き刺す、水の呪術で攻撃する。
夏の太陽補正で天照としての側面が漏れているため、神性がさりげなくA++になっている。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
ランサー 主人公 (Grand Order) B C A E A C 騎乗:A
陣地作成:A
神性:A++
ビーチフラワー:EX
真夏の呪術:A
女神変生:B

宝具[編集]

常夏日光・日除傘寵愛一神(とこなつにっこう・ひよけがさちょうあいいっしん)
ランク:C
種別:対人宝具
レンジ:4~30
最大捕捉:1人
「日除け」は「魔除け」とかけたもの。マスターにつく悪い虫を退治する、という願いが込められている。
とっても既視感を覚える足技。ある平行世界では「一夫多妻去勢拳」とも。無論、男性特攻。詳しい話は(おそらく)ロビンフッドエミヤクー・フーリンあたりが詳しい[注 2]
ちなみに、宝具使用時に専用のバストアップ・カットがあり、玉藻が動くたびに胸がプルプル震えるが、宝具命中直後が一番判りやすい。彼女も「こんな豪華な宝具、私だけですよねぇ」とご満悦だが、この一年後驚くべき事態が
『Fate/Grand Order』では「敵単体に超強力な〔男性〕特攻攻撃[注 3]」という効果。

真名:玉藻の前[編集]

たまものまえ。日本の平安時代末期に、鳥羽上皇に仕えたと言われる絶世の美女であり、白面金毛九尾の狐が化けたものであるとも言われた。日本三大化生の一角……が水着姿になったもの。

関連[編集]

殺生石
玉藻の前が、退治された後に石へと変じたもの。邪気毒気を帯び、近づく人や獣を中毒死させたという。ゲーム中ではこれを用いた技「常世咲き裂く大殺界(ヒガンバナセッショウセキ)」を使う。
那須高原にあった殺生石は、後に玄翁和尚という高僧が法事を行い成仏させた。しかし石は砕け、日本各地に飛散した。大きなものは3つ、各地の高田と呼ばれる地に散ったが、その他の細かい残りはオサキ狐や犬神となって、術者に使役される使い魔となったとされる。彼女が「和風の使い魔は、のきなみ私の分身」と言っているのはこの伝承が由来と思われる。
アマテラスから稲荷明神へ
Matrixの記述をそのまま引用すると、「アマテラス(垂迹)=(本地)大日如来(法身)=(報身)ダキニ天」。
大日如来は全ての物事・一切万物と同一である仏だが、「大日」の名の通り太陽神の性格も持ち合わせている。よって本地垂迹(ほんぢすいじゃく)という思想により、如来が本来の姿「本地」であり天照大神(別名:大日霊女)はその仮の姿「垂迹」である、と同一視された。さらに、大日如来の徳の現れ「報身」とされたダキニ天は、天皇の即位法(東寺方)により天照大神(大日如来)と同一視される。
さらにダキニ天は、白狐や野干(オオカミのようなもの)に乗る姿で描かれることから、稲荷信仰と融合(習合)して、稲荷明神「ウカノミタマノカミ(宇迦之御魂神)」と同一視される。
こうして、アマテラスの性格の一つとされる玉藻の前は、晴れて狐耳の良妻の姿をとるわけである。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
『カルデアサマーメモリー 2016』の開催に伴い期間限定でガチャに追加。イベントガチャ限定サーヴァントであり、恒常的な入手手段は現状ない。

登場人物[編集]

Fate/Grand Order[編集]

主人公
この時空にて契約することになったマスター。
マルタ〔ルーラー〕
「素手で戦う黒髪の聖職者」ということで、あまり思い出したくない人物を連想させてしまうため苦手。
殺生院キアラ〔アルターエゴ〕
と思っていたら実際にカルデアにやってきてしまった。ご本尊に喧嘩を売るスタイルは嫌いではないが、物書きの毒舌家のためにも自重してほしいと思っている。
清姫〔ランサー〕
安珍・清姫伝説に登場する蛇の化生。ランサーで被ってしまったメル友。

名台詞[編集]

Fate/Grand Order[編集]

「青い空、白い雲! そして、魅力抜群のワ・タ・ク・シ? どうです、この浮き輪とパラソル! この日の為に用意しておいたのです!
 ……はっ、別に、はしゃいでません、はしゃいでませんとも。今回の私は、余裕ある大人の女として過ごすのですから」
「日除け傘の下、物憂げに水平線を眺める美女。……ああ、なんてアンニュイ。
 これが夢にまで見た、サンシャイン・サマー・ビーチ……もう、思い残すことはない……いえ、いっぱいあるな。私」
マイルーム会話「絆Lv1」及び「Lv2」。夏の海辺に映える余裕ある大人の女として振る舞おうとする…が。
「よっし、マヌカンっぽくするのも飽きました! この辺りでビーストモード解禁!
 玉藻ちゃん、フルスロットル! 欲望に任せて突っ走るぜ! マスター遊びに行きましょう! ヒートでアイランドな思い出が欲しいのですぅ~!」
「たーのしーい! 夏の浜辺はキラキラしていて最っ高に楽しいですねマスター! スキューバダイビングの後はぁ~、バンジーしてぇ、バーベキューしてぇ、最後に、パラグラっときます?」
マイルーム会話「絆Lv3」及び「Lv4」。大人の女モードは長くは保たなかった模様。なおマヌカンとはフランス語でファッションモデルのことで、日本的にはマネキン、服を着せて立たせるあの人形のこと。
「素手で戦う長い黒髪の聖職者……うう頭が……!
 まあでも、実にマルタさんらしいかと。タラスクさんは頑張って生きてくださいね☆」
マイルーム会話「水着マルタ」。間違いなく連想しているのはどこかの月で戦った魔人のことである。
……と思ったらその頭痛のタネは、『深海電脳楽土 SE.RA.PH』で登場し、後に実装されることとなったヤダ―――!
「おーし勝った! 1.5部完! 愛とは力、即ち戦いなのです! さらば清姫さん!」
『チョコレート・レディの空騒ぎ -Valentine 2016- 拡大版』にて、強烈な手作りカクテルで強引に主人公を酔い潰させての決め台詞。
この時点ではまだ始まってもいない1.5を終わらせてしまった。これがエレガントな淑女のするコトかよ――!
清姫が激怒しそうな暴挙であるが、同じ水着verの清姫も怪しげなモノを混ぜたチョコレートを食べさせようとするので同レベルである。
なお、元ネタは『ジョジョの奇妙な冒険』の台詞「勝ったッ! 第3部完!」。言った当人は敵役でありその後主人公たちにボコボコにされたため「負けフラグ」として有名な台詞だったりする。

メモ[編集]

  • 年齢関係は禁句。伝承では白面金毛九尾の狐は少なくとも二千年は生きており、少なくとも彼女は白面金毛本人ではないはずだが相当の年月を生きていたと思われる。
    • なお、オリジナルの記事でも説明されたとおり、エリザから「二十歳超えの年増」と言われており、自身もネロに「貴様は少女ではない」と煽られた際に「二十代前半の何が悪い」と逆ギレしたやり取りがあるため、少なくとも外見年齢は二十代と見られている。でも年齢関係は禁句。
    • そんなわけでクー・フーリンからも「年の功」呼ばわりした際に「スカサハにも言って見やがれ」と反撃している。地雷連鎖誘爆はやめろ。
  • 水着版のほうの彼女は、おぼろげに月の記憶がある様子が水着マルタへのマイルーム特殊ボイスで分かるが、バレンタインイベント等でも積極的にGO主人公へアタックをしようとしている。ここらへんは花嫁ネロ同様に、「こちらはお前(FGOプレイヤー)が本命だ(きのこ風)」ということか。

商品情報[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. 独り言の時は「私」
  2. ちなみにCCCで水着衣装が手に入る階層のボスがロビンフッドであり、そのフロアの想定レベルでちょうど「呪詛・玉天崩」を習得する。なお、2週目とかなら被害者にガウェインカルナも入ってくる。
  3. オーバーチャージで効果UP

出典[編集]


リンク[編集]