ノエル

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノエル
外国語表記 Noel
愛称 ノエル先生
性別 女性
誕生日 12月25日[注 1]
血液型 B型[注 2]
身長 169㎝
体重 59kg
好きな物 SNS、アンティーク、年下の恋人、自分へのご褒美
苦手な物 年下の上司、歯医者、扱いの難しい武器
天敵 シエル
所属 聖堂協会
声優 茅野愛衣
デザイン 武内崇
初登場作品 月姫 -A piece of blue glass moon-
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

『月姫 -A piece of blue glass moon-』の登場人物。主人公が通う高校の教師。
リメイク後からの新規の登場人物。

略歴
シエルとは同郷であり、面識もあったが、シエルが十七代目ロアの転生体として覚醒したことで惨劇に巻き込まれ町で唯一の生き残りとなる。そのため、聖堂教会からは汚染物質扱いされ、修道女として外界から隔離されて生きるか、死徒を狩る代行者として生きるかの2択を強制され代行者を選んだ。
本編ではロアの転生に際してシエルとともに総耶高校に潜入しており、志貴のクラス担任として在籍している。潜入する際の偽名は「愛染あいぞめノエル」。
人物
悪人ではないが善人でもない、いわゆる一般人。結婚願望や彼氏が欲しいという意思はあるが男運がなく、露骨なお姉さんアピールから女性ウケが物凄く悪い。
代行者としての心構えは一人前だが臆病なのと常に最悪のケースを想像して自分を追い詰めてしまう性格が原因で本来の実力が発揮できず、自分以下の敵の対処は抜群に巧いが、同等以上のものにはめっぽう弱い。
自分のことを凡人や雑魚と評するなど自己評価も低いが、本人曰く、「雑魚には雑魚なりのプライドはある」と彼女なりのプライドや意地はあるとのこと。
自分の人生を奪った原因である吸血鬼に対する激しい憎しみを抱き、彼らに対する復讐を生存理由としており、吸血鬼は人間にとって何であれ悪で人でありたいのなら、あの枠組み自体を悪として区別しなければならない、それが出来ない人間に人としての権利はないと言うほど。「夜の虹」ルートでは師匠であるシエルの真似事として吸血鬼に対しては人が変わり憑き物が乗り移ったかのように拷問などの過剰な暴力と制裁を行っていた。
反面、真祖であるアルクェイドと一緒にいたという理由で監視をしていた志貴をただの人間には手出し出来ないという理由で見逃す所やロアの転生体ではない志貴を保護するべきと上司のマーリオゥに進言するなど吸血鬼以外には良識的な一面もある。
ロアの起こした惨劇が原因で一人じゃバランスが取れないほど精神的にも不安定で『おしえて!シエル先生』ではシエルという重しがノエルにはいい安全弁だったと言われるほど。
能力
武器はハルバードと黒鍵を扱う。代行者としての才覚は平凡そのものであり、Ⅲ階梯以下の吸血鬼ならば問題なく相手にできるがそれ以上の相手となると対等に戦うのは難しく、死徒27祖の19位であるヴローヴ・アルハンゲリとの戦いにおいては何の役にも立っていないという有様であった。

バリエーション [編集 | ソースを編集]

死徒ノエル[編集 | ソースを編集]

「夜の虹」ルート(シエルルート)において、逃亡・潜伏中のノエルが阿良句寧子に発見され、吸血鬼化する注射を投与されて変貌した姿。
デザインコンセプトは妖蝶。人間としての知覚、知能、価値観が吸血鬼という新しい形に変貌し、顔つきも変貌している。
人間だった頃の吸血鬼にだけはなるまいという誓いや生存理由であった吸血鬼に対する復讐という執念は完全に消え去ってしまっており、心も彼女が憎んでいた本当の吸血鬼と成り代わってしまった。
ロズィーアンの原理血戒のレプリカを投与され、薔薇の魔眼を発現しており志貴とシエルを幻覚の世界に閉じ込めた。
デザインした武内氏はイメージにノエルの持つ暗い情念の孵化というのもあるかもしれないとコメントしている。
能力
切り札としてロズィーアンの原理血戒である「薔薇の魔眼」を使う。詳細はリタ・ロズィーアンを参考。しかし、ノエルのレプリカは劣化品で、半分吸血鬼状態のロアの依代を夢の中で殺すための威力がない。
ロズィーアンから写し取った異能の他に、ノエル本人の異能として鐘のついた槍を魔力で投影し、射撃する能力もある。鐘の音は戦場の構造を把握する為の探知波ソナーだとロアが推測している。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

月姫[編集 | ソースを編集]

月姫 -A piece of blue glass moon-
サブヒロインの一人。志貴が通っている学校の女教師として登場。月姫ルートではマーリオゥの部下の代行者としてロア討伐の任に就いている。夜の虹ルートでは今までの贖罪を嘘だと否定されたことが原因でシエルへの憎しみが強まり、ある改造魔により原理血戒のレプリカを注射され死徒化される。
MELTY BLOOD: TYPE LUMINA
プレイアブルキャラクターの一人として参戦。追加DLCで、死徒バージョンも参戦する。

人間関係[編集 | ソースを編集]

遠野志貴
潜入した高校の生徒。
弓塚さつき
潜入した高校の生徒。「弓」ということで何となく気に食わないために名前を憶えていた模様。
シエル
代行者としてのパートナーで代行者としての尊敬もしているが、自分の人生を奪った原因でもある先代のロアの転生体でもある為か彼女に対して憎しみも抱いているという一言では表せない複雑な感情を抱いている。
彼女自身は憎しみがあったとはいえ仲良くやれてたと思っていた。
マーリオゥ・ジャッロ・ベスティーノ
聖堂教会の上司。「夜の虹」ルートでは彼から「役立たずの凡人」の烙印を押された挙げ句、修道女として幽閉される事を宣告された事で死徒化への最後の一押しとなった。
阿良句寧子
遠野家に居候する改造魔。彼女の手で死徒となる。

名台詞[編集 | ソースを編集]

月姫 -A piece of blue glass moon-[編集 | ソースを編集]

MELTY BLOOD: TYPE LUMINA[編集 | ソースを編集]

「ひぃぃぃ、ただでさえおっかない真祖が、しまっちゃう真祖になってるぅ~!」
暴走アルクエィドと対峙した時の掛け合い。アルクェイドからは呆れられるが、それにしてもしまっちゃう真祖って一体………
「え?うそ、アイツから一本とれちゃった!?インフルエンザでも罹ったの、シエル!?」
シエル戦で勝利した時のセリフ。勝ったのはいいが、逆にシエルの事を心配している。
「超越者ぶってんじゃないわよ。人間以上だっていうなら、人間以外を相手にしなさいよ。」
吸血鬼に勝利した時のセリフ。
「わたし生まれ変わったんだ!すごい、なにこれ笑い止まんない!」
死徒化した姿でのセリフ。

メモ[編集 | ソースを編集]

  • 『おしえて!シエル先生』のネコアルクの発言によるとサブヒロインの一人という扱い。
  • 月姫リメイク後からの登場人物ではあるが、かなり早い段階から存在を明かされており、またあからさまにシエルと酷似した名前から聖堂教会の関係者であることは疑われていた。
  • 遠野志貴ネコアルクからは「OL」と表現されている。
  • 実年齢はおよそ27歳(13年前に起きたフランス事変の時に14歳だったため)だが、教師として潜入するにあたって25歳とサバを読んでいる。シエルはこのことを知らず、後に志貴の発言で聞かされた時はドン引きしていた。
  • TYPE-MOON公式は『月姫 -A piece of blue glass moon-』発売(2021年8月26日)から2週間、ネタバレに対する配慮を求めていたが、解禁期間を待たず2021年9月2日に『MELTY BLOOD: TYPE LUMINA』公式Twitterが「ノエルの正体は聖堂教会の代行者である」というネタバレを発信する事態が起きてしまった[出 1]
    • また、その際公開された公式サイトのプロフィールにて、「埋葬機関の代行者」という誤表記が話題になった。(現在は「聖堂教会の代行者」と修正されている)[出 2]加えて、ゲーム内で見られるプロフィールの誕生日と血液型が月姫付属のマテリアルの表記と異なっており、こちらも後にアップデートで修正された。[出 3]

話題まとめ[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]

  1. メルブラアップデート前のプロフィールでは1月10日
  2. メルブラアップデート前のプロフィールではA型

出典[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]