Fate/Grand Order 藤丸立香はわからない

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
Fate/Grand Order 藤丸立香はわからない
原作 TYPE-MOON
作画 槌田
掲載誌 TYPE-MOONコミックエース(web連載)
レーベル webエース
連載期間 2020年6月1日 ~
単行本 既刊2巻
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order』のキャラクターによって描かれるドタバタギャグマンガ。TYPE-MOONコミックエースでWeb連載。 ゆるい画風で、とても世界の命運を賭けて戦っているとは思えない暢気な人々ばかりのカルデアが描かれる。……のだが、第0話が第二部序のクライマックスから始まるなど、公式コミカライズでも最も先の時系列を描きはじめた意欲作となっている。……かもしれない。

主な登場人物[編集 | ソースを編集]

藤丸立香
主人公。男性。
度を越えて素直で暢気すぎる言動で周囲を振り回す。カルデア壊滅で精神崩壊したとか言うな。
人理を修復したにしてはかなり無知な所があるため、周囲からよくフォローされているが、それがドタバタを巻き起こす。
マシュ・キリエライト
フリーダムすぎる立香の言動のフォローをしているが、本人も負けず劣らず純朴で素直であるため、一緒に暴走している事も多々ある。
ジングル・アベル・ムニエル
マシュ同様に立香に振り回されている。
シャーロック・ホームズ
こちらも立香のフォロー担当だが、口が回るためうまいこと丸め込むことも。
ダヴィンチちゃん
こちらも立香のフォロー担当だが、スルーしてあまり関わらないようにしている。
ゴルドルフ・ムジーク
相変わらずのツッコミ担当。おそらくこの漫画で一番まともな人。
シオン・エルトナム・ソカリス
わりと常識人よりだが、真面目過ぎて論理が明後日の方向にすっ飛んでいくことも。

メモ[編集 | ソースを編集]

話題まとめ[編集 | ソースを編集]

失意の庭
この作品のカルデアにはモルガンやバーヴァン・シーが召喚されている。もちろんゲーム上では、妖精國を踏破したマスター以外でも彼女らを召喚することは可能なのだが、この作品は前述の通り二部を題材にした作品である。
そのため、読者たちは「この藤丸はあの庭を乗り越えているのか!?」とSNS上で話題になった。もっとも、かの庭で見せられた光景がユーザーが見たものと同じであったとは思えないのだが……
一部では「失意の庭側がどうすればこの藤丸の心を折れるか分からなくなって自壊した」などと言われていたりもした。
聖杯について
第30話にて、ゴルドルフ新所長に「貯金箱の代わりに聖杯を置く方がまずいでしょうが!?」と言われた際に、「70個以上もあるから1個くらいならいいかなって……」と返している。
この話が公開された時点で、ゲーム内で手に入れられた聖杯の数はピッタリ72個であった。
公式コミカライズであるから当たり前なのだが、この藤丸はサービス開始当初から各イベントを全くサボらず、なおかつ一つも使わずにいたようである。使い方が分からなかっただけでは?とか言わない

関連商品[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]


出典[編集 | ソースを編集]


リンク[編集 | ソースを編集]