2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

エクストラクラス

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索

エクストラクラスとは、通常の7つのクラスのどれにも該当しないクラス。

概要[編集]

各役割を背負った通常クラスの枠から外れたもの。「英霊」と呼べるか怪しい存在が召喚されることすらある。それぞれクラス名称が異なる。

イレギュラーなものばかり召喚されるので、特殊な状況下でしか召喚されないと思われがちだが、冬木の聖杯戦争では7クラス全て基本ラインナップとは限らず、三騎士以外は代わりにエクストラクラスが召喚される可能性があるとされる。
これまで登場したのは、以下の10クラス。

クラス 登場作品
アヴェンジャー
「復讐者」
Fate/stay night
Fate/hollow ataraxia
Fate/Grand Order
Fate/strange Fake
セイヴァー
「救世主」
Fate/EXTRA
ルーラー
「裁定者」 
Fate/Apocrypha
Fate/Grand Order
ビースト
「獣」
Fate/Prototype
Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ
Fate/Grand Order
シールダー
「盾兵」
Fate/Grand Order
ウォッチャー
「番人」
Fate/strange Fake
フェイカー
「偽物/影武者」
ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
アルターエゴ
「別人格」
Fate/EXTRA CCC
Fate/Grand Order
ムーンキャンサー
「月の癌」
Fate/EXTRA CCC
Fate/Grand Order
フォーリナー
「降臨者」
Fate/Grand Order

メモ[編集]

  • 既存作品では未登場だが、上記以外にも近現代の銃を用いる英霊が該当するエクストラクラス「ガンナー」が存在し、該当する英霊としてビリー・ザ・キッドが挙げられている。
  • アルクェイドは『EXTRA』においてバーサーカーとして登場したが、本来サーヴァントとして扱う場合のクラスは「ファニーヴァンプ」であるという。その説明では「毒婦」と書いて「ヴァンプ」とも読ませている。
  • 『strange Fake』に登場するウォッチャーは冬木の聖杯戦争で正しくエクストラクラスとして召喚された場合「ゲートキーパー」として召喚されていたかもしれないらしい。
    • 「ゲートキーパー」は『stay night』において没ネタとなったギルガメッシュのクラス名。「ゲートキーパー」=「衛宮」?というミスリードを狙いつつ対比をするつもりだった…らしい。
  • カルナもマスター命名のせいで、一時「ランチャー」と呼ばれる。由来は彼が目からビームを出すから、とのこと。
    『CCC』では他にも「アイドル」だの「ゴージャス」だの「バトラー」だのと名乗る、あるいは呼ばれるサーヴァントがいるが、それぞれが好き勝手に主張したりレッテル貼りをしたりしているだけで、聖杯がシステム的に割り当てたクラスには該当しない。
  • 『CCC』におけるギルガメッシュは該当するクラスを持たない。これはムーンセルによって封印された状態から、正式な召喚によってクラスが割り当てられるプロセスを経ずにイレギュラーな契約を行ったため。ただし能力自体はアーチャーのものを基本にしており、『EXTELLA』ではアーチャーとして現界している。
    • また、イスカンダルの「王の軍勢」に代表されるサーヴァントの宝具の効果によって、一時的にクラスを持たないサーヴァントが召喚されるケースもある。
  • 冬木の聖杯戦争において三騎士は絶対枠とされており、エクストラクラスのサーヴァントが召喚された場合は残り4つのクラスから変更される。特殊なマスターばかり集まれば他の4枠が基本ラインナップ以外の奇妙な聖杯戦争もあり得るらしい。
    • このクラスは各役割を背負った通常クラスの枠から外れたものであり、とりわけアヴェンジャーは例外の極致ともいえるクラスとなっている。
    • 第一次は設定の変更がされていなければ第五次と同じく基本の七クラス。むしろ第五次が第一次と同じ基本七クラス構成に回帰したと言うべきか。
    • 第二次の召喚サーヴァントは不明だが、が「聖杯戦争のたびに一つや二つはクラスの変更はあるみたい」と語っているためなんらかのエクストラクラスが召喚されたと思われる。
    • 第三次には「復讐者」が呼ばれた分、「狂戦士」のクラスは該当者がいなかった。
    • 第四次は基本ラインナップだが、当初、奈須氏の構想では第四次のライダーはドラゴンを召喚してエクスカリバーでやられるマイナーな中ボス(ジル・ド・レェがそのポジションにあてがわれた)で、イスカンダルは第7のエクストラクラスの予定だった。代わりに何のクラスが欠落するはずだったのかは不明。
    • 様々なルールが冬木のものから逸脱したスノーフィールドの聖杯戦争では、三騎士のランサーの代わりにウォッチャーが召喚されている。
  • 藤村大河トラぶる花札道中記で「従者(サーヴァント)」のクラスが与えられていた。
  • 両儀式が「モンスター」というエクストラクラスではないかと挙げられる時があるが、無銘によると「彼女はサーヴァントではない」との事。なので「モンスター」というのはただの便宜上の名称である可能性が高い。
    • 後に式が『Grand Order』において『EXTRA』と同じ姿でサーヴァントとして登場した際のクラスはアサシンであった。上記の「モンスターとは便宜上の呼称でクラス名ではない」というのはこれで確定的になったと見て良いだろう。
    • これに関してはマトリクスや戦闘画面で「ムーンキャンサー」の名称が表記されているBBや、「アルター・エゴ」とクラス名が表記されているパッションリップメルトリリスも同様。サーヴァントの情報を利用してはいるがサーヴァントそのものではない。…が、『Grand Order』で登場した際には、便宜上新たなエクストラクラスの一種という特性が備わっている。
  • 『stay night』の没ネタの一つに「マスター不在のはぐれサーヴァント」というキャラクターがおり、それが盾のサーヴァントという設定であった。
  • カプセルさーばんと』では英霊化したバゼットが拳の英霊「ボクサー」として召喚されるというシナリオがある。

話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]