イリヤスフィール・フォン・アインツベルン〔アーチャー〕

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アーチャー
真名 イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
外国語表記 Illyasviel von Einzbern
性別 女性
誕生日 7月20日
身長 133cm
体重 29.5kg
出典 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
地域 日本・冬木市
属性 中立・夏
声優 門脇舞以(イリヤ)
高野直子(カレイドステッキ)
デザイン ひろやまひろし
設定作成 ひろやまひろし
レア度 ☆4
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集]

弓兵」のサーヴァントイリヤスフィール・フォン・アインツベルン (プリズマ☆イリヤ)が『Fate/Grand Order』の世界に召喚されたもの……が水着姿になった存在。

略歴
カルデアに召喚されて以降、ずっと夏休み後半の暇を持て余していた状態が何年も続いていたイリヤのはっちゃけ願望がルビーの薬によりスパークし、水着霊基となった。
人物
元々のイリヤと比べると夏休みのお遊びテンション全開で、かなりコメディタッチになっている。
とにかく活発によく遊び、よく食べる。そのせいか体重が増えている。
能力
はっちゃけモード全開になっているためか、本来のイリヤと比べると幸運とIQが低下しており、しょっちゅうトラブルに見舞われる。
ルビーはホースリール&ノズル形態の「スプラッシュモード」になっており、場合によってはヒュドラもドン引きするような薬物を充填してまき散らす。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
アーチャー 主人公 (Grand Order) C C B B C- A 対魔力:A
単独行動:B
無限の魔力供給:C
ハイ・プレッシャー!:A
サマー・バケーション!(子供):A+
リーガル・シャワー!:B++

宝具[編集]

少女よ虹になれ(プリズマ☆スプラッシュレインボー!)
ランク:A
種別:対軍宝具
レンジ:10~50
最大捕捉:30人
人生に一度しか無い、小学五年生の夏休み。……を、何年も延長してきたイリヤが至った夏の悟り。
この世の全てには終りがある。何かを始めたその瞬間から、終わりに向かうカウントダウンもまた始まるのだ。
手に入れた宝物も、その時の感情も、大切な記憶も、きっといつかは消えてしまう。
けれど失うことを恐れ秒針を止めてしまったとしても、手の中の宝物はくすんでいくばかりだ。
だからわたしたちは、止まることはできない。何かを失いながら、何かを終わらせながら、未来に向かって進んでいくんだ。
落としてしまった古い宝物は星座となり、歩んだ軌跡は虹となって空を彩ることだろう───。
……とかなんとか、人生の大切な教訓めいた何かを得てしまった。そういうのはもっとシリアスな本編とかで悟ってほしい。
ともあれイリヤは、夏の思い出とかみんなとの絆とか、なんかそういうものを力に変えて「プリズマ☆イリヤ スプラッシュレインボー!」へと転身する。
夏休みを終わらせるという覚悟が別時間のイリヤを呼び寄せ、7倍の時間密度を持つ光弾となって停滞するものを打ち破る。新学期からは頑張ろう。
演出としては、ツヴァイフォームを展開してイリヤが7人に分身[注 1]。それぞれが光をまとって虹色の輝きとなって突撃する。

真名:イリヤスフィール・フォン・アインツベルン[編集]

聖杯戦争におけるアインツベルンの運命から解き放たれ、「ごく普通の女の子」として育ったイリヤスフィール……が水着姿になったもの。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
期間限定イベント『サーヴァント・サマーキャンプ!』の開催に伴い実装。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

エミヤ
『サーヴァント・サマーキャンプ!』での同じチームメンバー。実の兄妹のように仲が良い。そして昭和ネタで無自覚に彼の心を抉りまくる。
虞美人〔ランサー〕
『サーヴァント・サマーキャンプ!』での同じチームメンバー。
ある意味、イリヤの夏休みが永遠に消えない真っ赤っかな思い出になった元凶。
ファントム・オブ・ジ・オペラ
『サーヴァント・サマーキャンプ!』で共演。
当初は敵対していたが、イリヤの奮闘で殺人鬼役から解放されてからは積極的に面倒を見てもらっている。
アビゲイル・ウィリアムズ (水着)
『サーヴァント・サマーキャンプ!』で共演。
やたらと先輩風を吹かせてくるために先輩呼びをしており、相手が辟易してもなお続けている。
殺生院リリィ
『サーヴァント・サマーキャンプ!』で共演。
同じ魔法少女ということでキャラ被りを気にしていた。
殺生院キアラ〔ムーンキャンサー〕
リリィと全然違うことに首をかしげているが、深窓のお嬢様風の上品さに惹かれている。
なお、イリヤの接近禁止リストに登録されているとか。
巴御前〔セイバー〕
かっこよい女性としてリスペクトしており、凄腕のプロゲーマーだと思っている。
二刀流の剣豪だということは信じていない。おそらく平安時代の武将だということも信じていないだろう。社会の授業はあまり熱心ではないようである。

名台詞[編集]

Fate/Grand Order[編集]

イベント[編集]

「びでおでっき……?」
『サーヴァント・サマーキャンプ!』にて、ビデオテープの再生にはビデオデッキが必要だというエミヤに対して。
「それはいったい何なのか」とでも言いたげな純粋な疑問に、エミヤは深く傷つくのであった。[注 2]
「はえー……。すっっっごい古いですね……。」
「社会の教科書とかでしか、見たことないです。」
同上。上記の話の後、「昭和」という年号が記録された雑誌を見つけたエミヤに対して。
さらなるジェネレーションギャップを刺激する言葉に、ギリギリ昭和生まれのエミヤはさらに深く傷つくのであった。

メモ[編集]

  • シナリオ上では「ホラーにおける驚き役」という役所であるためか、とにかく表情がくるくるとよく変わる。
  • スキル「サマー・バケーション!(子供)」の効果の一部の強化対象は「子供」になっているが、多分にイリヤの主観に依存しているようである。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. おそらく、第二魔法の応用であろう。原作でも第一期で美遊と協力した際にはエクスカリバーを9本持ってきたので、本人が増えるのもありえる話である。
  2. なお、『プリズマ☆イリヤ』のイリヤは2004年時点で11歳なので、新しいもの好きのアイリやリーゼリットがいるのならビデオテープやデッキを見たことがなくても不思議ではない。作中でも、『マジカルブシドー☆ムサシ』はDVDで視聴していた。

出典[編集]


リンク[編集]