アビゲイル・ウィリアムズ〔夏〕

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
フォーリナー
真名 アビゲイル・ウィリアムズ
愛称 アビー
性別 女性
身長 152cm
体重 44kg
好きな物 血の滴る分厚いステーキ、ブランデーをかけたバニラアイス(第一再臨)
読書(第二再臨)
パンケーキなどの小麦粉を使ったお菓子(第三再臨)
苦手な物 吠える犬、目覚まし時計(第一再臨)
高齢の人たちの難しい話(第二再臨)
なし(第三再臨)
地域 北米・マサチューセッツ
属性 秩序・悪
隠し属性
一人称
二人称 あなた/貴方[注 1]
三人称 ○○様/○○さん
声優 大和田仁美
デザイン 黒星紅白
レア度 ☆5
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

降臨者」のサーヴァントアビゲイル・ウィリアムズが水着姿になったもの。

略歴
“セイレム魔女裁判”における中心人物。外宇宙の邪なる神―――“全にして一、一にして全なる者”との接続を果たし、フォーリナーとなった少女。
サーヴァント・サマーキャンプで主人公達の敵として登場。
黒幕とは協力関係にあるが、互いに利用しているだけであり、アビゲイルの目的はただ1つ―――主人公の心を救い、一緒にひそやかに過ごすこと。
他のサーヴァントは主人公の心の傷になるだけであり、私1人がいればよいと排除を目論み、圧倒的な力で多くのサーヴァントを抑え込むも、主人公の身を挺した説得により絆され味方となる。
方法はともかく、ただ1人の人物を救うためだけに動く黒幕の想いは共感する所があったため、主人公への手助けは必要最低限に留めて、その行く末を見届けた。
人物
寛容で大人びた第一再臨。しっかりもので真面目な第二再臨。天真爛漫で純粋な第三再臨。
それぞれ三姉妹で言う長女・次女・三女のような変化があり、性格や好み・苦手なものが変わるが、本質的な人格は同じである。
能力
異質な世界に通じる“門”を開き、異界のモノを召喚する本家アビゲイルの攻撃に加えて、黒猫の“ノーシュ”と灰猫の“ルタール”と連携を取って戦い、眠りに特化したスキル・宝具などの精神攻撃を行う。

ステータス[編集 | ソースを編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
フォーリナー 主人公 (Grand Order) C B B A B A 領域外の生命:EX
狂気:B+
神性:B+
薔薇の眠り:B
正気喪失:B+
導くもの:A

宝具[編集 | ソースを編集]

遥遠なりし幻夢郷(ドリームランズ)
ランク:A
種別:対人宝具
レンジ:1~6
最大捕捉:6人
対象を取り巻く世界をなめらかに変貌させる。
対象はその境界を意識せぬまま夢の世界へと誘われる。
日常の裏側に隠された世界の真なる姿、その圧倒的な解像度と質量を目の当たりにした者は戦意を喪失し、自我を保つことすら困難となる。
『Grand Order』では「敵全体の防御強化解除&敵全体に強力な攻撃&敵全体の防御力をダウン[注 2]」という効果のBuster宝具。

真名:アビゲイル・ウィリアムズ[編集 | ソースを編集]

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

Fateシリーズ[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order
期間限定イベント『サーヴァント・サマーキャンプ!』の開催に伴い期間限定サーヴァントとして実装。

人間関係[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order[編集 | ソースを編集]

主人公 (Grand Order)
マスター。
元のアビゲイル同様に感情移入しており、強引な手段を使ってでもその精神を守ろうとしている。
カルデアのサーヴァント達
『サーヴァント・サマー・キャンプ!』では、「死者でありながら生者(マスター)の心に傷を残す」と毛嫌いしていた。
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン〔アーチャー〕
『サーヴァント・サマー・キャンプ!』で共演。
年長者ということで先輩風を吹かせまくっており、自分が気恥ずかしくなるほどに先輩呼びを強いていた。
徐福
『サーヴァント・サマー・キャンプ!』で共演。
主人公を守るために彼女に協力していたが、いろいろと残念な有様については塩対応を貫いていた。
殺生院キアラ〔ムーンキャンサー〕
『サーヴァント・サマー・キャンプ!』で共演。
一連の事件では脇役同士であり、性格的な相性もあまり良くない為何かといがみ合っていた。

名台詞[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order[編集 | ソースを編集]

「黒猫とパンケーキ作る🎵ミャン!
 パンケーキに黒猫をのせる🎵ミャン!
 黒猫のパンケーキできあがり🎵ミャン!
 黒猫のパンケ~~キ🎵ミャン!ミャン!」
イベントのショップで歌っていた「黒猫のパンケーキ」の歌。あまりの可愛さに中毒者が続出する事態になった。[注 3]
「あなたたちは、マスターへの傷となって残り続ける―――」
「でも、この私が召喚されたよばれたのだからそうはさせない。」
「たとえ、他のサーヴァントが皆死んでも。いいえ。皆殺しにしてでも・・・・・・・・。」
「私は、マスターに永劫えいごうの安らぎをささげる。マスターの不安を殺し続けてみせる……!」
期間限定イベント『サーヴァント・サマーキャンプ!』での、カルデアのサーヴァントに対しての敵意とマスターへの想い。
カルデアのサーヴァントに悪気はなくとも、その存在そのものがマスターを傷つけると、彼/彼女を守るために、たった1人で敵対しようとするが、虞美人には「後輩を舐めるな」と一蹴されてしまった。
「ばか。」
「ばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばか
 ばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばーーーか!」
同上、戦闘終了後。アビゲイルなら絶対に助けてくれると、虞美人の自爆宝具でわざと吹き飛ばされるという、主人公の命がけの契約アプローチに、助けたアビゲイルも涙目になっていた。
マスターを助けたくて一人で頑張っていた矢先、死なれては元も子もないだけに、いつもの上品さはなく感情が爆発してしまった。
「ううぅ……マスターのグランドお馬鹿さん! 破廉恥! 恥知らず! つれなのふりや!」
同上。「自分の夢は自分で守る。だからアビゲイルが手伝ってくれると嬉しい」と主人公に口説かれて。
江戸時代の小唄[注 4]を持ち出し、主人公の天然の人(サーヴァント)たらし・隙の多さを責め立てる。

メモ[編集 | ソースを編集]

話題まとめ[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]

  1. 第二再臨以降
  2. 3ターン
  3. 元ネタはアニメ『アドベンチャー・タイム』の登場人物の一人・ジェイクが歌う“ベーコン パンケーキの歌”。
  4. 『つれなのふりや すげなのかおや あのようなひとが はたとおつる』。「つれない素振りや、すげないふりをしている人に限って、あっと驚くような恋をするものだ」という意味。江戸時代のフォーリナー仲間から聞いたのだろうか。

出典[編集 | ソースを編集]


リンク[編集 | ソースを編集]