クー・フーリン〔オルタ〕

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search
バーサーカー
真名 クー・フーリン
性別 男性
身長 185cm
体重 72kg
出典 ケルト神話
地域 欧州
属性 混沌・悪
隠し属性
一人称
二人称 お前/てめぇ/貴様など
三人称 あいつ
声優 神奈延年
デザイン しまどりる
設定作成 東出祐一郎
レア度 ☆5
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集]

狂戦士」のサーヴァント

略歴
Fate/Grand Order』第五特異点『北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム』では西暦1783年のアメリカに降り立ち、ケルト軍の王として人理破壊のために力を振るう。
その凶槍を振るいに振るい、多くのサーヴァントを戦闘不能に追いやるが、紆余曲折を経て最後には主人公達に打ち倒される。
最終的に義務的な行為として軍魔ハルファスを召喚して消滅した。
終局特異点『冠位時間神殿 ソロモン』では冠位時間神殿に召喚され、メイヴと共にⅤの座を統括する兵装舎ハルファスと交戦する。
人物
生前の伝承に基づいた本来のバーサーカーとは異なる存在。
「異形の如き巨大な容姿」とされる本来のバーサーカーと違い、体格はランサー・キャスター時と大差はない。ただし、その服装や宝具他装備類は赤黒く歪で刺々しい意匠に変貌しており、邪悪さが目に見えて強調されている。
義理堅くて自他共に裏切りを許さない所などは相変わらずであるものの、性格はいつも以上に冷酷でドライ、好戦的なものになっており、まるで戦いと殺戮をひたすら求める戦闘機械のような人物となっている。敵味方の区別が明確で、敵として立ったのなら善人・英霊・仲間であろうが皆殺しであり、それが自らの師であったスカサハであろうと躊躇いはない。味方であってもミスを繰り返すようならば容赦無く牙を剥き、また死んでいった味方を顧みる事も一切しない。
戦闘に対して喜びや楽しみを抱く事も一切なく、ただの事務処理として淡々とこなす。そして国を作るに当たって自分に敵対するもの全てを滅ぼす事を掲げ、自身が最強の「王」である事を証明するためだけにひたすら戦い続ける。国を作るという目的があるのにその後の統治の事などを頑なに考えようとしない彼の「王」としての歪な在り方を見て、多くのサーヴァントは彼を「愚か」だと弾劾したが、彼が見てきた「王」とは例外なくそのような愚かな人物であったためそうした言葉を前にしても全く動じない。
バーサーカーでありながら論理的な思考も会話も可能だが、本人がそれら全てを「戦いに勝つ」というベクトルに向けているため相手とまともに意思の疎通を図ろうとする事自体ほぼなく、基本的に敵対者との会話はほぼ望めない。勝利への渇望もいつものクー・フーリンよりも遥かに強く、勝つ事は当然の義務と考えているため、私情や誇り、手段などを捨ててでも勝利を優先する姿勢は普段以上に顕著であり、慈悲の心も命乞いを聞き届ける耳も一切持たない。
その獣の如き凶暴な振る舞いからは彼自身のシビアで猛々しい生き方が見て取れるが、その苛烈な生命力は「生き残る」為のものではなく「死に至る」為のものであり、彼が持つ「獣の欲望」とは生きる事でなく死に至るまで全力で駆け抜ける事である。自身の在り方を獣とする彼は、疾走するためでなく生存する為に肉を喰らう獣を引き合いに出し、生きる事を目的としない自身にはそのための食欲すら不要と断じ、そのまま駆け抜けて力尽きて倒れた場所こそが自らのゴールであると語っている。
自分は相手を殺すための存在であるという考えがあり、それ以外のことについては関与しない、という強い意志を持つため、不可能ではないと思えるのならばどんな無茶な命令にも逆らわないが、戦闘に関する内容以外の命令には全く応じない。同時に自分をただの使い魔として行動しているため、マスターが命の危機に陥ったならば躊躇いなくその身を投げ出す。
能力
基本的にはランサー時同様槍による接近戦を得意とする。
聖杯のバックアップを受けている状態ではランサー、あるいはキャスターの状態よりも強さでは上回っており、師匠であるスカサハをして「戦えば負ける」と言わしめたほど。
ルーン魔術も使用はできるが、ほとんど身体強化や宝具使用の際の肉体再生にしか使用しない。

バリエーション[編集]

ミニクーちゃん[編集]

『Fate/Grand Order』期間限定イベント『プリズマ☆コーズ』に登場したキャラクター。

詳細は「ミニクーちゃん」を参照。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
バーサーカー 主人公 (Grand Order) A B+ A+ C D A 狂化:EX(C相当)
神性:C
戦闘続行:A
精霊の狂騒:A
ルーン魔術:B
矢避けの加護:C

宝具[編集]

抉り穿つ鏖殺の槍(ゲイ・ボルク)
ランク:B++
種別:対軍宝具
レンジ:5~50
最大捕捉:100人
由来:クー・フーリンが師匠スカサハから授かった魔槍ゲイ・ボルク。
クー・フーリン本来の宝具。魔槍ホーミングミサイル。
自らの肉体の限界を超えた全力投擲で放たれる為、通常の召喚時よりも威力と有効範囲が上昇している。敵陣全体に対する即死効果があり、即死にならない場合でも大ダメージを与える。
発動の度に右腕が引き千切れかけるほどに損傷してしまうが、ルーン魔術によって肉体を再生・回復させているため本人が肉体ダメージを受けることはない。しかし、自らの肉体が崩壊する程に凄まじいその投擲には常人だと発狂するほどの激痛が伴う。
第五特異点ではラーマの心臓の八割を破壊した上に強力な呪いを与えて半生半死に追い込み、更に不意打ちでカルナに直撃させて致命傷を与えている。
心臓破壊を免れてもその破壊力は恐ろしく高く、幸運Aを持つネロは心臓破壊こそ免れたものの、心臓以外の臓器を丸々抉り砕かれるという見るも無惨な致命傷を負い、そのまま力尽きた。
また、第五特異点では、因果逆転の呪詛も使用していた。因果逆転が槍そのものによるものなのか投擲によるものなのかは不明。
噛み砕く死牙の獣(クリード・コインヘン)
ランク:A
種別:対人宝具(自身)
レンジ:-
最大捕捉:1人
由来:魔槍ゲイ・ボルクの素材となった紅の海獣クリードの骨で出来た甲冑。
クー・フーリン・オルタに付与される宝具。
荒れ狂う狂王の怒りが魔槍ゲイ・ボルクの素材となった紅海の怪物・海獣クリードの骨格を具象化、鎧のようにして身に纏う、攻撃型の骨アーマー。
この鎧を装着すると耐久がランクアップ、筋力がEXになるが、「抉り穿つ鏖殺の槍」の発動が不可能となってしまう。「攻撃型」の名の通り鎧自体に武器として鋭い爪や棘、刃が無数に付属した怪物のような意匠となっており、更には尖った部分などを敵に突き刺すと、そこを基点に四方へ無数の棘が伸びるという、ゲイ・ボルクそのもののような性質も備えている。
鎧の爪で敵を連続で切りつけた後、力を溜め、爪を敵に突き刺し、爪を起点に無数の細かい棘が伸び、敵を体内から引き裂く。
この宝具は影の国でスカサハに与えられたものではなかったため、スカサハはこの攻撃を見切る事が出来ずに直撃してしまう。咄嗟の機転が幸いして辛うじて命は助かったものの、肉体の殆どが崩壊させられて肉体再生までかなり時間が掛かり、定礎復元まで何も出来なくなるという有様だった。

真名:クー・フーリン〔オルタ〕‎[編集]

狂王クー・フーリン。第五特異点においてカルデアと敵対した。
聖杯がメイヴの『クー・フーリンを自らに並ぶほどの邪悪な王にしろ』という願望を叶えた事により、全身の装備が黒く変化し、宝具である魔槍も禍々しい気配を湛え、黒混じりの赤に変色している。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
ストーリーガチャ限定サーヴァントであり、第五特異点『北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム』クリア後ガチャに追加される。

その他[編集]

ちびちゅき!
所属不明。相変わらずメイヴと共に行動中で、他のクーフーリン達と共に騎馬戦の馬になっていた。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

メイヴ
生前、自分を破滅させた女性。生前同様にしつこく纏わりついてくる事自体は鬱陶しく思っているため常にそっけない態度を向けているが、自分と同じ陣営にいる事については「味方なら別にいいか」程度にしか考えていない。
サーヴァントとしては自身を創造した女王。世界を手に入れる事も出来たであろう聖杯の力を自身の召喚に使うほどに思い入れを見せた事については「良い女」と評価して義理立てしており、そんな彼女の為に王であろうとする。
スカサハ
師匠を敵に回すのは出来る限り避けたいらしく、彼女を召喚しているとマイルームでは心底ホッとした様子を見せる。
自分にとっての最大の壁であり、いざ敵に回す事になったら戦いを望むよりも勝利することを最優先にし、そんな方法で勝利した寂寥感はかなぐり捨てるとか。
第五特異点では敵に回った彼女と激しく戦った末に致命傷を負わせ、戦線から脱落させた。
ラーマ
第五特異点で敵対した相手。開幕で心臓を抉り、半死半生の状態に追いやった。その様な半殺しの状態になりながらも、悪人としてアメリカの大地を破壊し尽くし、気の向くままに大殺戮を繰り返す自身のあり方を糾弾した彼に対し、逆に彼にとっての戦いの在り方に対して容赦なく冷酷な言葉を浴びせる。
カルナ
第五特異点で敵対した相手。アルジュナとの宿命の対決の最中に後ろからゲイ・ボルグで後ろから不意撃ちを喰らわせ、致命傷を与えた。
が、彼が消滅する寸前に宝具で逆襲されて全身に大火傷を負い、一時撤退に追い込まれた。
アルジュナ
第五特異点で味方だったサーヴァントだが、自分の命令通りに中々動こうとしない彼には苛立ちがち。カルナとの一騎打ちの最中に水を差した挙句、その事に彼が激怒した際にも素っ気なく冷たい対応で返したが、その直後に彼は闘う理由と気力を失って自軍から離脱してしまい、最後の最後で命を擲って自分の陣営を裏切る。

生前[編集]

コンホヴァル王
自分が生きた時代の王。彼のどうしようもない振る舞いから「王とは邪悪で愚かなものである」と考え、自身も国の事を一切顧みずに戦いに明け暮れる狂王として振る舞っている。

その他[編集]

クー・フーリン
自分のオリジナル。同一の英霊の陰の側面である自分に対して陽の側面と見なしているが、特に思い入れはない。
マスターに対しても、「あっちの方がいいならあっちの状態に変えろ」と素っ気ない。

名台詞[編集]

Fate/Grand Order[編集]

マイルーム[編集]

「俺は敵を倒すだけ、そこに不純は無い。 だからまぁ…裏切らない限りは、俺の槍がお前を刺すことは無い」
マイルーム会話「絆Lv4」。戦いと殺戮をひたすら求める側面が強調されたが、本来のクー・フーリン同様「裏切り」を好んでないようだ。
「ここまで長く付き合えば、俺のノリは理解してるだろう…まあいいさ。 俺は変わらずお前の槍だ」
マイルーム会話「絆Lv5」。

戦闘[編集]

「全呪解放。加減はなしだ。
 絶望に挑むがいい……『噛み砕く死牙の獣クリード・コインヘン』!」
宝具解放。狂王は荒れ狂う怒りをその身に纏う。

本編[編集]

「しつけぇなあ、小僧。 こっちはとっとと終わらせたいんだ。」
「あ? 寝言は寝て言えよ。 善悪がぶっとんだからこうなってんだろうが。」
「敵は殺す。自身テメエが死ぬまで殺せるまで殺す。それが戦のことわりだろうが。」
第五特異点での登場第一声。並びに対峙したラーマに「授かったわけでもない途方もない修練による、最早善悪を超越しているだろう力を持ちながら何故くだらない悪に堕ちる」と言われて。
この後ラーマは「圧倒的な弱者を屠ることが貴様の理か」と問う、が。
「くだらねえ。 それともなにか?」
「手前は相手の質で殺す殺さないを推し量るのか? 弱いなら活かす、強いなら殺す、と?」
「―――話にならねえ。 優しい殺生がしてえんなら牧場に行けよ。牧場に。」
「ここは戦場だ。持論ほざく前にさっさと死ね。」
「蠢動しな、死棘の魔槍。」
第五特異点にて、上記の「弱者を屠ること」に対しての返答。「クランの猛犬」と称されたケルトの大英雄は、完全に魔獣と化していた。
「『噛み砕く死牙の獣クリード・コインヘン』――。これだけはアンタに習った技じゃない。
 この宝具こそが、アンタの土手っ腹に風穴を穿つ、唯一の代物だ。」
第五特異点にてスカサハとの一騎打ちでゲイ・ボルクの撃ち合いでは埒が開かなかった際に使った奥の手の宝具。ゲイ・ボルクを封印して放ったもう一つの宝具の存在に虚を突かれ、直撃を受けたスカサハは相当な深手を負い、彼女といえども最後まで戦線復帰は出来ない体になった。
「……醜いとも。
 それがオレが見てきた王というものだからだ。」
第五特異点にて「なぜ醜くあろうとするのか?」というスカサハの問いに答えて。生前ろくな人物に出会って居なかったからなのだろうがあまりにも愚直な彼の王としての在り方に「そこまで律儀な阿呆だったか…」とかつての師匠も呆れていた。
「メイヴって女は全くどうしようもない悪女だが―――」
「時代を支配できるだけの願望器を、俺一人の心を奪うために、躊躇なく使いやがった。」
「あれにとっちゃ飽きれば捨てるはずの玩具だろうが、心意気だけは買ってやらねェとな。」
「なんで、一切の愉悦を捨てて戦い続ける。これまでも、そしてこれからもだ。」
「大体なぁ、テメエら―――。いままでさんざんオレの邪魔をしやがった奴らを、生かして返す道理はねぇだろうが。」
第五特異点にて、ホワイトハウスでの最終決戦にて。
メイヴの消滅により「クー・フーリンが王であるように」という願いの源泉が無くなり、若干正気を取り戻すも彼女の心意気を認めて最後まで戦い続けることを宣言する。
「敗北した以上、敗者が勝者に従うのは当然の理だ。手前テメェだけ押し通して余所にはさせねぇ、なんてのは筋が通らん。」
「殺し合いであれ、憎しみ合いであれ、一度繋がれた縁は途切れぬ以上、最低限の義理は果たす。」
終局特異点、兵装舎ハルファスとの交戦にて。メイヴに「何故ここに来たのか」と問われて。例え狂王とされようと、その根底にある魂は揺らがない。
「……なるほど、道理だ。メイヴの言うことに納得する日が来るとはな。」
「行け、○○。最短距離で走るがいい。」
「短命こそが俺たちの欠点であり、唯一無二の長所だ。その命の短さ故に、俺たちはかつて存在した者としておまえを助力する。」
「おまえもすぐに、誰かに託さなきゃならなくなる。だが、それで良しとしろ。」
「さっさと行け小僧。抉り殺されたくはないだろう?」
終局特異点にて、メイヴの主人公に協力する理由を聞いての主人公への返答。

メモ[編集]

  • アルトリアジャンヌに続いて現れた第三の「オルタ」。stay nightからの古参兵たる彼であるが、第五特異点にて大ボスに据えられるという扱いは流石といったところか。第五特異点冒頭からいきなり登場する為、面食らった古いファンも多かったろう。
  • 宝具名の由来はゲイボルクの素材となった遥か中東の紅海の海獣、クリードと宿敵のコインヘンにちなむ。
    伝承上の一説では、この二頭が決闘し、敗れたクリードの頭蓋骨からボルグ・マク・ブアインがゲイボルクを作製し、数々の戦士の手を経てスカサハからアイフェ、そしてクー・フーリンの手に渡ったとされる。
  • 伝承において、クー・フーリンの槍は「足で打ち出すことで30の鏃に変わって敵陣を刺し穿つ」とあり、直接突き刺せば「穂先の五つの切れ込みが無数に分裂して相手をズタズタに裂く」とも伝わっている。
  • 本来、クー・フーリンがバーサーカーとして召喚されたのなら、伝承に基づいた狂戦士としての姿が出てくる。
    • しかし、その容姿も「異形の如き巨体」と化すとされるなど、クー・フーリンの記憶にある限り世界最高にロクでもない代物であり、クー・フーリン・オルタの方がまだマシだと評価している。
  • 一見すると肌が褐色になっているように見えるが、被っているフードと光の加減でそう見えているだけであり、刺青以外の肌の色は本来のものと同じ色をしている。

話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]