スカサハ

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索
スカサハ
真名 スカサハ
外国語表記 Scathach
初登場作品 Fate/Grand Order
声優 能登麻美子
身長 168cm
体重 55kg
出典 ケルト神話
地域 アイルランド
属性 中立・善
隠し属性
性別 女性
デザイン こやまひろかず
設定作成 桜井光
奈須きのこ
レア度 ☆5
テンプレートを表示

概要[編集]

槍兵」のサーヴァント

略歴
Fate/Grand Order』第五特異点『北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム』では、西暦1783年のアメリカで東部のケルト軍の一員として召喚されたが、狂王と化して蹂躙するクー・フーリンを目の当たりにして離反、主人公側に従く。
その後は弟子を抑え込もうと単騎で挑むが、力及ばず瀕死となり戦線を離脱した。
終局特異点『冠位時間神殿 ソロモン』では冠位時間神殿に召喚され、李書文との再会に歓喜しつつ、共にⅤの座を統括する兵装舎ハルファスに猛攻を仕掛ける。
人物
黒い戦装束に真紅の魔槍を携えた、赤い瞳の女性。一人称は「私」「儂」。
誇り高く、何者にも靡かない王者の気質を有しており、自己が才能に溢れ、凡人とは違う事を把握しているのと同じく、他者の素質と気質を見抜く鑑識眼を有している。
弟子に対する教育方針はかなりのスパルタであり、不意に影の国の弟子一同に対して殺し合いさながらの最終試験を行っている。そのうちの一人であるクー・フーリンからは「トオサカの嬢ちゃんが逃げ出す」「見込みの無い戦士をふるい落とすつもりだろうが、遊びがないにも程がある」と評された。死ぬことができず、長らく生きた影響か魂が死んでおり、性根は冥府の魔物と大差ない。故に、自身の死を願っており、人理焼却が起きたときは「正真正銘の死を得る千載一遇の機会を得た」と述べている。
しかし彼女もケルトの人間なのか、相手が強ければ強いほどその神髄が見たくなり、敬愛し、刃を交わしたくなり、その事をクー・フーリンに指摘された際は逆上して反論する人間味のある一面を見せた。
サーヴァントとして召喚されたこともってか割と人間臭くなっている。これに関しては主人公の性質によるもので、スカサハが無意識にそれに引っ張られているといえよう。
能力
幾度も「神殺し」を実行してきたと公言しており、圧倒的な武勇を誇る。武勇のみならずルーン魔術にも長けており、原初のルーン文字を用いたそれは神代の領域である。また、ルーンを組み合わせれば時間と素材は必要だが、船をはじめとするモノは大抵作れる。
彼女が修めた智慧の中には「無人島でも生き延びる」サバイバル術も含まれている。
『Grand Order』では動く骨と動く死体1万体をたった一人で倒したり、自身を触媒として、原初のルーンを用いてフェルグスやディルムッドといった自身と縁ある英霊をストックして召喚するなど、桁外れの力を見せていた。また、戦場からの逃走を有利にする盾のルーンを使用している。
実はもう一段本性を隠しており、最終試験の際でそれを見せた時はクー・フーリンやフェルグスとフェルディア他二十人を紙切れのように飛ばしてあっさり全滅させており、キャスターとして現界したクー・フーリンをウィッカーマンごとぶちのめした。
戦闘時にはディルムッド同様に2本の槍を巧みに操る他、複数の槍を召喚して同時に投擲する。
彼女がいつも身につけている戦衣装は防水加工されている。

サベッジクイーン[編集]

『Fate/Grand Order』のイベント「セイバーウォーズ」に登場するスカサハ。
サーヴァントたちがサーヴァントらしく活躍する宇宙的な世界観、未来のサーヴァント界からやってきたサーヴァント。
サーヴァント界ではケルト野蛮惑星で求婚者たち相手に無双しているらしい。

アサシン (Grand Order)[編集]

期間限定イベント『カルデアサマーメモリー』にて登場した水着姿のスカサハ。

詳細は「スカサハ〔アサシン〕」を参照。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
ランサー 主人公 (Grand Order) B A A C D A+ 対魔力:A 魔境の智慧:A+
原初のルーン
神殺し:B

宝具[編集]

貫き穿つ死翔の槍(ゲイ・ボルク・オルタナティブ)
ランク:B+
種別:対人宝具
レンジ:5~40
最大捕捉:50人
ランサーとしての宝具。
形はクー・フーリンの持っている紅の魔槍と似ているが別物であり、彼女が使うものは一段階古く、前に使っていた同型の得物。
それが、一本だけではなく複数本存在しており、「Buster」始動と連携では魔槍を複数本射出し、時には二槍流で戦う。強度も頑丈であり、アルテラの『軍神の剣』を受け止めている。
真名開放時にはクー・フーリンの宝具『刺し穿つ死棘の槍』と『突き穿つ死翔の槍』の二つを合わせたような絶技となり、『Grand Order』での宝具使用時には魔槍の刺突と投擲を同時に行う。
まず一本目の魔槍で敵を「空間に縫い付けて」自由を奪い、更には二本目の魔槍を全力投擲して止めを刺す。
当然、投擲された魔槍の軌道上の敵はことごとく命を奪われる事となる。
ゲーム内での効果は、まず確定で相手にスタンを付与し、続いて単発大ダメージ+確率で即死を付与というもの。
宝具ランクがBとなっているが、幕間の物語『キル・ミー・イフ・ユー・キャン』をクリアすればB+に上昇する。
死溢るる魔境への門(ゲート・オブ・スカイ)
ランク:A+
種別:対軍宝具
レンジ:2~50
最大捕捉:200人
世界とは断絶された魔境にして異境、世界の外側に在る「影の国」へと通じる巨大な「門」を一時的に召喚。
効果範囲内に存在するあらゆる生物を問答無用で吸い込み、自らの支配領域である「影の国」へと送還させて、奥底へ相手を引きずり込ませる。影の国の奥底は殆どあの世に等しく、生き物はたちまち死に果てる。
魔力と幸運の判定に失敗すると「門」に吸い込まれて即死。抵抗に成功しても、魔力を急激に吸収されるため大きなダメージを受ける。スカサハが認めないものは「影の国」へと命を有したまま立ち入る事ができない。
なお、それを全く使わないのはスカサハが手加減している証拠。

真名:スカサハ[編集]

スカサハ。ケルト・アルスター伝説の戦士にして女王。異境・魔境「影の国」の女王にして門番であり、槍術とルーン魔術に精通している。
数多の亡霊に溢れる「影の国」の門を閉ざし、支配せしめるに足る絶大な力を有している。後にアルスターの英雄となる若きクー・フーリンの師となって彼を導き、技の悉くを授け、愛用の魔槍さえ与えたという。彼の息子コンラをも教え導いた。
人の身で人と神と亡霊を斬り過ぎた事で、神の領域に近づいてしまい、領地ごと現世でも幽世でもない世界の外側の方へ弾き出されてしまう。
クランの猛犬が彼女を師と仰いだ頃には既に人の身を外れ、自分で死ぬことさえも出来なくなってしまった。
人のように美しい死も、醜い死もなく、ただ世界と、その外側が消えてゆくその時まで、在り続けなければならなくなった。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/hollow ataraxia
ランサーの回想シーンにて名前のみ登場。
Fate/Grand Order
『スカサハ体験クエスト』の開催に伴い期間限定でガチャに追加。イベントガチャ限定サーヴァントであり、恒常的な入手手段は現状ない。
ランサークラスとしては初めて実装された☆5のサーヴァント。初回登場に伴って専用のイベントも開催されるなど、リリース前からアピールされていただけのことはあるご活躍ぶりを見せたが、入手手段と時期が極端に限られる。
性能的には、対ボスに適した馬火力宝具とスキルを備えたトップクラスのボスキラーの一人。また、大半のサーヴァントがヒット数1であるBusterのヒット数が6と非常に多く、普通ならArts・Quickで稼ぐNPやクリティカルスターがBusterを絡めることでより稼げるという異常な立ち回りによって、非チェイン時やBraveチェインで威力を発揮する。

その他[編集]

ちびちゅき!
教師役。生前はだいぶケルト脳だったため、いざ面と向かって教師をするとなると戸惑っている模様。
結局は凛の提案で生徒指導を担当する事に。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

主人公 (Grand Order)マシュ・キリエライト
教え子として、死さえも滅ぼさんとするものへ立ち向かう心構えを教導する。
アルジュナ
第五特異点で出会った際は「神に愛されただけの若造」と露骨に軽蔑する。
李書文
第五特異点ではアルジュナと打って変わって高く評価し、戦う約束を交わし、最後の最後にただ一合の戦いをもって第五章の締めとするほど。
「いじりがいのあるオモチャ」と言いかけていたあたり、純粋な好意とも言い難い気もするが。
クー・フーリン〔オルタ〕
第五特異点では彼と敵対するが、自分すら知らなかった大技「噛み砕く死牙の獣」によって致命傷を負わされ、戦線離脱を余儀なくされた。
女王メイヴ
クーフーリンを挟んで恋敵のような関係だが、特に悪感情はなく、生前から現在まではっちゃけている彼女に若干呆れている。

ちびちゅき![編集]

藤村大河
同僚教師。似合いそうだからとスーツをプレゼントされる。

過去[編集]

クー・フーリン
ゲイ・ボルクを伝授した弟子。影の国がライバルであるアイフェに攻めこまれた際はスカサハ、クー・フーリン、フェルディアの3人で肩を並べて暴れまわったという。
実は異性として思うところがあったらしく、彼がアイフェを抱いたと知った際は石をゲイ・ボルク風味に投げつけたそうな。
フェルディア
ゲイ・ボルクの伝授をクー・フーリンと競い合った弟子。
コンラ
弟子の一人。クー・フーリンの息子。
アイフェ
『影の国』における最強の宿敵。スカサハと同等の強さの持つ女戦士。

名台詞[編集]

Fate/Grand Order[編集]

「力を見せるがよい、勇士よ。出来なければ、お前の命を貰うまで」
戦闘開始時の台詞。人の身を超越し、魔術を極め、それでもなお彼女は自分と対等に戦える好敵手を聖杯戦争に望む。
「ゆくぞ」
「刺し穿ち……突き穿つ!『貫き穿つ死翔の槍ゲイ・ボルク・オルタナティブ』!!」
宝具選択&解放。因果逆転の呪いの朱槍、その原点。
宝具解放と同時に2本目のゲイ・ボルクを携え、一本で『刺し穿つ死棘の槍』を、もう一本で『突き穿つ死翔の槍』を同時に行う。この所業には弟子も呆れる。流石師匠……。
「私を殺せる者は何処だ……ふっ、居る筈もないか」
戦闘終了時の台詞。
「はぁ…。そうとも。私は望んでいるよ、死を。
 聖杯なるものが真に万能ならば、自分を殺してみせる何者かを寄越すがいいと。
 そして願わくば、その者が…かつてこの手で授けた槍を持つものであれば……」
マイルーム会話「絆Lv5」。彼女は望んでいた―――死ぬことのない身となった己自身を殺すものを呼び寄せる事を。そしてその者がかつてこの手で授けた槍を持つものである事を―――。
「私が好むのは、勇気ある者だ。ただの戦士ではいけない、ただの蛮勇でもいけない。勇気ある戦士こそ、私の好む可能性溢れる存在だ」
マイルーム会話「好きなもの」。超一流の師として多くの英雄を育て上げただけに、誰に対しても厳格に全力を求めるが、輝きを放つ可能性を持った人間は師として放っておけないらしい。
「んーそうか、そうかんー、死ぬか。ここで死ぬな? ○○(名前)?」
お見合いをすすめるおばさん的だと言われ、主人公に死を迫るおばさま。(おばさまなら品があって悪くないらしい)
人間で言えば二千歳以上生きてるのは事実なのでさほど気にはしていない様子。
と思われたが、クー・フーリンに「まだ行けるわけねーだろ、歳考えろ」と言われた際は、マジギレしてたたきつぶしたそうな。
「――だが。今のお前に殺される気は失せた。
 私は以前のお前のほうが好みでな」
第5章でクー・フーリン〔オルタ〕との戦闘中に発した言葉。死にたがりのようではあるが暴虐の王と化した弟子の槍は望みではないらしい。
彼に致命傷に近い手傷を負わされた時もそのまま大人しく殺されずに体の一部を影の国に転送させて現界は保った。
「この優雅さでは、拳は身につかなくてな。かよわい女と笑ってくれ。」
終章で李書文と共に戦い、「あらゆる武術を極めたお前でも拳は苦手か?」と尋ねられての返し。
弟子が聞いたら全力でツッコミすること請け合いである。事実、書文も一瞬フリーズしていた。
「残念だがケルト最強かつ最美の女戦士ではない。私は闇に忍ぶ、名も無いクノイチだ」
空の境界とのコラボイベントにて、マシュに粉掛けようとする馬鹿弟子を背後から一撃でぶっ飛ばして。
ご丁寧に初期段階の覆面までしているため、全身タイツと併せて忍者に見えないこともない。そして言っている事が酷い。
「この馬鹿弟子が―――! なんでこう大事な時に当たらないのだ、おまえの槍は―!」
絆クエストにて、クー・フーリンに自分を殺させようとゲイ・ボルクをこの身に受けようとしたが、しくじって空中へと大暴投してしまった際の台詞。
『EXTRA CCC』での言峰のある台詞をどことなく思い起こしてしまう。

メモ[編集]

  • 公式PR漫画『ぐだぐだオーダー』での仮称は、おっぱいタイツ師匠。もう、清々しさすら感じる位の直球である。
    またゲーム制作会社「アトラス」から発表された大ヒット作『女神転生』シリーズ及び『ペルソナ』シリーズに登場する同名キャラクターにちなみ、正座したまま空中浮遊する
    • 全身タイツの上、初期段階では覆面をしていることから『対魔忍』等と呼ぶ者もいた。意味が分からない人は検索してみると良いだろう……行き着く先はR-18なので非適年齢者は注意されたし。
    • なお、『ぐだぐだオーダー』に出てきた彼女の弟子は大いに驚愕したが、まだ正体が判明していなかったこともあってか、ライダーから「まだわかんないでしょ!!」と突っ込まれた。
      ……彼女が初めて出てきたのは、『UBW』にて「言峰が令呪でランサーを自害させた回」に流れたCMだったりするが。
    • また、『ぐだぐだオーダー』で紹介された時は、任天堂の大ヒットシリーズ『ファイアーエムブレム』の同名キャラクターにちなんで色々と言われていた。
      曰く、流星剣使いだのラクチェが強すぎるだのフォーレスト微妙だの……もう散々である。
      まるでFEのスカサハが弱キャラのように語られているが、単にスカサハの双子の妹で基本性能がほぼ同じラクチェがフォーレストの上位互換であるソードマスターになるあと生足で美少女からこの扱いなだけであって、ラクチェが強すぎるという状況なら、スカサハも間違いなく強キャラ。ちなみにこのスカサハはなぜか男性である。
  • 12月9日にて期間限定で実装されたが、よりにもよって『ぐだぐだ本能寺』が開催されてる最中だった。尤も、『ぐだぐだ本能寺』の開催期間は9日までの予定だったが、諸所の事情により11日まで延期した。
    • 『ぐだぐだオーダー』でもこの件をネタにしており、おき太ノッブがスカサハに殴りこみにかかろうとするも返り討ちにあったそうな。
  • キャラクターデザインを担当したこやまひろかず氏によると、クー・フーリンの師匠であることとエロくしてくれというオーダーでこのデザインとなったらしい。氏曰く、「なんかとにかくエロくしろって上の人が」とのこと。
    • 何気にクー・フーリンのマスターであったバゼットと同系色だったりするが、こやまひろかず氏は全く気づかず、後にその事を知って驚いたそうな。
  • 『くつした集め 聖夜級 大人でもクリスマス』のボスとして登場した際の名義は「まだ若いし、いけるし。」んーそうか、そうかんー、死ぬか。ここで死ぬな?
    • それ以降も自身の年齢を考えない言動をくり返し、クーフーリンや主人公に「年考えろ」とツッコミを入れられるのがお決まりのパターンになっている。そして逆ギレとか武力で黙らせるオチまでセット。
  • 彼女の居城がある「影の国」がどんな所なのかは現在の所は詳細不明。ただ、悍ましい外見の魔神柱を見て「影の国の城の柱にちょうど良い」等と言っていたので、冗談でないのならまともな環境ではなさそうである。
    • 後に明らかになった描写によると、スカサハに挑まんとする死霊が領域内を彷徨っており、竜種が城の門番を勤めており、城の中は先述したような死霊が集まってくる為に城の外よりも危険という、「魔界とラストダンジョンの魔王城」のような有様のようである。
  • 彼女は現在でも生き続けてるため英霊の座には存在せず、サーヴァントとしても召喚されることは不可能。『Grand Order』では人理焼却によって影の国も消滅する事態に陥った為、英霊として召喚されることが出来た。
    • なお、その間に隙を見ては竜、巨人、怪異を退治しているため、クー・フーリンが城にいた頃よりも強化されていた。おかげで弟子から「オレ以上に見境がないな!?死ぬ気あるのかアンタは!?」と突っ込まれたそうな。
  • 原典では兄貴の師匠と言う以外特に個性がなく地味な存在だったが、彼女を題材にした古い二次創作によって与えられたヤンデレ属性を原典と勘違いする人も多い
    • 例を挙げるのなら血を流すことも厭わないのは勿論、彼が愛する女性の暗殺を企てる(が、無駄だと判断して諦める)、彼が気にいりそうな女捕虜を処刑し、彼が小言言った侍女を即座に殺害したり、彼の言葉を誤解して一度は放免した海賊を処刑、果てには彼がアルスターに帰国した後の落ち込み具合が酷くて影の国の民はだれ一人として目を合わせられないというもの。

話題まとめ[編集]

先輩最低です
2016年1月4日のニコニコ生放送で放映された公式生放送「Fate/Grand Order カルデア放送局 ~お正月生放送~」で起きた、ある場面における種田梨沙氏の発言。
現場がブルーバック撮影によってゲーム画面が背景に映し出されていることを察知した島崎信長氏が、スカサハの最終再臨絵を画面いっぱいに表示させ胸を揉む大暴挙に出た種田氏「手つきが最悪だぁ!!」梶田氏「ノッブ!お前天才!!
当然ながら大反響を呼び、シナリオライターのひとりである東出氏もこの発言を気に入っており、バレンタインイベントでゲーム内に輸入されてしまった。
後に「Fate/Grand Order カルデア放送局 vol.2 Fate/Zeroスペシャルイベント記念放送」において島崎氏がアルトリア役の川澄綾子氏にその事を白状したものの、案の定川澄氏に怒られてしまった。
そして2016年12月6日のニコニコ生放送で放映された公式生放送「Fate/Grand Order カルデア放送局 Vol.4 第七特異点配信直前SP」では配信日が島崎信長氏の誕生日ということもあってか、運営側がスカサハを画面表示させてまたしても大暴挙に出た。同じく参加した川澄氏、大久保瑠美氏、高橋李依氏、そして百万人の視聴者の目の前で島崎氏「しゃあっ!!!
もちろんこれも大反響を呼んだが、後日公式オフラインイベント「FGO冬祭り2016-2017 ~ダ・ヴィンチちゃんコード~」のゲストトークコーナーで川澄氏がスカサハ役の能登氏にこの所業を暴露。島崎氏「俺…次に現場で能登さんにお会いしたとき、どんな顔したらいいんだろう…

関連商品[編集]

リンク[編集]