コヤンスカヤ

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索
コヤンスカヤ
初登場作品 Fate/Grand Order
声優 斎藤千和
性別 女性
デザイン ワダアルコ
テンプレートを表示

概要[編集]

略歴
『序/2017年』ゴルドルフの護衛としてカルデアにやってきたNFFサービスの秘書。
だが実はカルデアの制圧、凍結をするために取り入っていた。
人物
有能な秘書感を漂わせているものの本性は残忍非情な模様。趣味は人間の剥製を作って飾る事。
行いも「必需品の値段を釣り上げることで、自分では狩猟ができないヤガ達を唆して金の奪い合いをさせる」という行為に代表されるように非常に悪趣味である。
能力
身の丈ほどのサイズの狙撃銃を武器とし、雪原を滑り落ちるコンテナに直撃させられる程度の腕前を有する。

NFFサービス[編集]

2017年6月頃から活動し始めたロシアのPMC。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
第2部のプロローグで、敵対勢力として登場。

人間関係[編集]

グレゴリー・ラスプーチンアナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァ
彼らと共謀しカルデアを制圧した。
ゴルドルフ・ムジーク
彼の依頼で競合相手の暗殺等のサポートをしていた。
がそれもすべてはカルデア内部に侵入するためであった。過程で多額の資金をむしり取った模様。
フォウ
彼のことを踏んづけて虐めている。その際彼を「昔はどうだったか知らないけど今じゃただの小動物」「フォー君」と呼んでいる。
主人公 (Grand Order)
「想像以上の雑魚」と評して見下している他、手足をもいで剥製にしたかったと語っている。
カドック・ゼムルプス
殺戮猟兵の指揮権の一部を移譲してもらい、彼の手助けをしつつ自分の「趣味」にいそしんでいる。
彼女自身はあくまでも異星の神の直属であるので、あくまでも手助けであり彼自身の為に尽くしているわけではない。

名台詞[編集]

メモ[編集]

  • 帽子やイヤリングに狐マークや、声優と絵師の組み合わせからタマモナインの一人ではないかと推測されている。
    • そもそもコヤンスカヤと言う名前自体がコヤンスカヤ→ko ya n su ka ya→ya na kya su ko→嫌なキャス狐のアナグラムとされている。

話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]