セタンタ

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
セイバー
真名 セタンタ
性別 男性
身長 165cm
体重 56kg
出典 ケルト神話、アルスター神話
地域 アイルランド
属性 秩序・中庸
声優 村瀬歩
デザイン lack
レア度 ☆4
初登場作品 Fate/Grand Order Arcade
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order Arcade』に登場する「剣士」のサーヴァント。幼少期のクー・フーリンの姿。

略歴
期間限定イベント『グレイルウォー戦記 ~セタンタの試練~』にて登場。
スカサハから受ける修業が嫌で、カルデア中を逃げ回っていた。
人物
キャスターの服とランサーのインナーに、プロトをおもわせる髪型と軽鎧をつけた少年。
スカサハの下で修業をしており免許皆伝寸前の頃であるが、サーヴァントであるためにその後の記憶も一応持ち合わせている。
まだ若年なためかあまり達観したところはなく、「自分がどんな英雄になるかは自分で決める」と未来に向けて熱意を燃やしている。
能力
手に持った棒をメインにして戦い、懐に差した下記の「無銘の剣」はあまり使わない。

ステータス[編集 | ソースを編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
セイバー 主人公 (Grand Order) B+ C B C A B 対魔力:B
神性:B
赤枝の騎士:B
猛犬殺し:A
影郷の武錬:B+

宝具[編集 | ソースを編集]

裂き断つ死輝の刃(クルージーン・セタンタ)
ランク:B+
種別:対人宝具
レンジ:0~30
最大捕捉:1人
アルスターの戦士として認められた際にコンホヴォル王から授かった無銘の剣が、『ロスナリーの戦い』の伝承に登場する光の剣クルージーンと同一化した宝具。
淡い光を発する魔剣。
真名解放の際には激しく発光し、養父フェルグスの振るう魔剣カラドボルグにも近しい威力を発揮。
師スカサハから学んだ恐るべき戦闘技術を用いてこの剣を振るい、セタンタは対象を完膚なきまでに叩きのめす。
今回の召喚で真名セタンタとして霊基が成立するにあたり、セタンタすなわち英雄クー・フーリンが戦いの際に振るった剣、という共通項から、ふたつの剣がひとつの宝具に同一化したものと考えられる。
「この剣、ほんとはもっと後のオレが使った剣じゃねえの? それってズルじゃない?」
「でもまあ、ズルみたいな宝具持ってる奴多いもんな。まいっか!」
とはセタンタの談。

真名:セタンタ[編集 | ソースを編集]

ケルト神話における光の御子クー・フーリンの幼少期の名前。
後に猛犬を殺し、それに由来する名前として「クランの猛犬」クー・フーリンを名乗ることになる。
サーヴァントとしての彼は、クー・フーリンの修業時代の象徴ともいえる存在である。

関連[編集 | ソースを編集]

影郷の武練
影の国でのスカサハの下での修行に由来するスキル。
修練の終了と共に免許皆伝の証として魔槍ゲイ・ボルグが授けられるため、クー・フーリンであるのならこのスキルかゲイ・ボルグのどちらかを必ず所持している。
ロスナリーの戦い
上記の宝具の由来となっている戦い。
伝説では槍を投げつけて英雄の心臓を貫通させたのち、クルージーンを振るって首を落としたとされている。
宝具のモーションでも逸話が再現されており、棒を投げつけて剣を抜刀し、斬りつけている。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

Fateシリーズ[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order Arcade
期間限定イベント『グレイルウォー戦記 ~セタンタの試練~』公開と共に『Fate/Grand Order』より前に先行実装された。

人間関係[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order Arcade[編集 | ソースを編集]

スカサハ
師匠。相変わらず苦手なようで、彼女の魔の手から逃げ回っていた。


名台詞[編集 | ソースを編集]

メモ[編集 | ソースを編集]

  • もはやお馴染みとなった、『Fate/Grand Order Arcade』先行収録のサーヴァント。

話題まとめ[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]


出典[編集 | ソースを編集]


リンク[編集 | ソースを編集]