ヴラド三世 (Grand Order)

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search
バーサーカー
真名 ヴラド三世
外国語表記 Vlad III
性別 男性
身長 191cm
体重 ??kg
出典 『ドラキュラ』
地域 ルーマニア
属性 混沌・悪
隠し属性
一人称
二人称 貴様/汝
三人称 あやつ
声優 置鮎龍太郎
デザイン 前田浩孝
設定作成 東出祐一郎
虚淵玄
レア度 ☆5
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集]

狂戦士」のサーヴァント

略歴
『Fate/Grand Order』第一特異点『邪竜百年戦争 オルレアン』ではジャンヌ・オルタによって「狂化」を付与されたバーサーク・サーヴァントとして、西暦1431年のフランスに召喚される。
同じく吸血鬼仲間であるカーミラとコンビで動くシーンが多く、更に二人して召喚主を快く思っていない。そして召喚主の思惑に反し、二人とも戦いの終盤まで生き残っていた。
終局特異点『冠位時間神殿 ソロモン』では冠位時間神殿に召喚され、他のサーヴァント達と共にⅠの座を統括する溶鉱炉ナベリウスと交戦する。
人物
闇に溶け込みそうなほどに黒い貴族服を着た王。
バーサーカーとして召喚された影響か、元の記憶と自身が忌み嫌う「吸血鬼ドラキュラ」としての記憶が混在しており、吸血鬼として振る舞っており、王ではなく鬼として戦っている。
狂化のランクは規格外のEXとなっているが、思考は真っ当であり、会話も通じる。これは狂化の付与があって「どうにか」吸血鬼の特徴を受け入れたというヴラド三世にとっての異例中の異例による所。
また、吸血鬼としての一面を持っている為、契約対象が余程のマスターでない限り、いつしかマスターの血を啜ることになる。
ランサーにあった時の気品は消えているとマテリアルには記述されているが、むしろ吸血鬼という存在と扱われる自分を否定するために戦うランサー時と比べて、こちらは落ち着いている節すらある。
だが吸血鬼であることをあっさり肯定しているわけではなく、この姿で召喚されたことに怒りを感じており、実際「ドラキュラ」の名を言いかけたマシュを睨みつけている。
そして、聖杯にかける願いもランサー時と同様、自身の汚名である「吸血鬼ドラキュラ」を雪ぐこと。
国を護る身として、祭りの重要性を理解しており、また、道化であってもやると決めたら全力で物事に取り組む。
編み物が趣味という一面を持ち、自分の手で一度は仕上げたいという願望を持っているが、己の立場上、それを成し得ていない。
能力
バーサーカーとして召喚される場合、宝具『鮮血の伝承』が発動された状態がデフォルトとなる為、知名度は「吸血鬼ドラキュラ」に準拠する。
スキルも血を啜ることで下僕にする「吸血」、霧や蝙蝠に変化させる「変化」瀕死の傷でも戦闘し続けられる「戦闘続行」といった吸血鬼の特徴が揃えられている。
また、ランサーとして召喚された時と使用出来る宝具は、真名の読みこそ同じものの効果を含めた内容は別物となる。

バリエーション[編集]

魔術師ヴラド三世[編集]

『Fate/Grand Order』の期間限定イベント『旧き蜘蛛は懐古と共に糸を紡ぐ』に登場した魔術師

詳細は「魔術師ヴラド三世」を参照。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
バーサーカー 主人公 (Grand Order) A A C B E A 狂化:EX 吸血:A
変化:C
鮮血の伝承:A+
戦闘続行:A
強化で変化→鮮血の伝承に変化。

宝具[編集]

鮮血の伝承(レジェンド・オブ・ドラキュリア)
ランク:A+
種別:対人宝具
レンジ:−
最大捕捉:1人
由来:後世に広まった「吸血鬼ドラキュラ」のイメージ。
召喚された際のクラスによって発動方法が変わる宝具。
ランサーとして召喚された際は任意発動により後の口伝によるドラキュラ像を具現化させ、吸血鬼へ変貌するものの、ヴラド三世はこの伝承の消去を目的としているため基本的にはマスターの令呪以外では使用されない。
しかし、バーサーカーとして召喚された際は基本的に常時効果を発揮し続けている。
血塗れ王鬼(カズィクル・ベイ)
ランク:C+
種別:対人宝具
レンジ:1~5
最大捕捉:1人
バーサーカーのクラスで召喚された際に使用する宝具。異なるクラスではまた違う銘を持つ。
体内で生成した「杭」を射出させ、敵を串刺しにする。杭の材質は木の他に骨、肉、影、毛髪などは勿論、射程距離内に存在する物を取り込んで杭にすることも可能。
本来の宝具はメフィト二世に見せつけた串刺し兵の伝説が昇華された対軍宝具なのだが、『血塗れ王鬼』の規模は大幅に縮小している。ただし、サーヴァント一人を討ち滅ぼすには十分な威力を保つ。
『Grand Order』では「敵単体に超強力な攻撃&スターを大量獲得[注 1]」という効果のArts宝具。

真名:ヴラド三世[編集]

ヴラド三世。ワラキア公国の王であり、当時最強の軍事力を誇っていたオスマン帝国の侵攻を幾たびも退けた大英雄。
かつて船を山に登らせるという奇策を使い、三重防壁に囲まれた東ローマ帝国を滅ぼしたメフメト二世ですら、敵兵を平然と串刺しにして見せつけた悪魔には手も足も出なかった。
やがて彼は東欧においては英雄として、西欧においては悪逆の存在として認識されていたが、そこまでであれば小国の英雄として世界には知られることなく消えたのであろう。
しかし、アイルランドの作家ブラム・ストーカーが書いた「ドラキュラ」のモデルとされたことでその知名度は爆発的に広まった。
ただし、それはメフメト二世を撃退した小国の英雄としてではなく、「ドラキュラ」に登場する災厄の吸血鬼、ドラキュラ伯爵としてであったが。
吸血鬼ドラキュラ、その不名誉を拭うためにヴラド三世はランサーとしての召喚に応じ、聖杯戦争を戦う。
だが、極稀な確率で「吸血鬼ドラキュラ」としての側面を持つバーサーカーとして召喚されることがある。
幾度聖杯戦争で敗れ去ろうとも、無知に対する憎悪に身を焦がしながら、己を英雄と認める者が現れるまで、彼は戦い続けるのだ。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
第一特異点で敵として登場した際、ゲームシステム上はバーサーカー扱いなのだが、ストーリーの上では「ランサーとして召喚されたヴラド公に狂化を付与した」という扱いになっている。
『FGO夏祭り2016~1st Anniversary~』の開催に際してバトルキャラ、モーション並びに宝具演出が一新された。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

カーミラ
共に吸血鬼のモデルとなった人物。しかし彼女とは非常に相性が悪く積極的に吸血鬼であること肯定する姿に憐憫を抱いている。
エリザベート=バートリー
上と同一人物だが「過去が積極的に未来を否定する」「同病相憐れむ」「善悪や欲や夢ではなく己の楽しさに耽溺する」と、打って変わって幼子を見守るような対応である。……なお、彼女が言っている「アイドル」なるものについてはよくわかっていない。
清姫
同じバーサーカー。「淑やかさでは右に出るものはない」と自称する彼女に対し、「余も貴様も共に破綻している」と投げかける。

その他[編集]

ヴラド三世 (Apocrypha)
「故国を守った君主」としての側面を抽出して召喚されたヴラド三世。
ヴラド三世 (EXTRA)
狂信的な騎士としての側面や妻を愛する男としての側面、あらゆる悪を糺す武人としての側面を抽出して召喚されたヴラド三世。
ブラム・ストーカー
かの有名な「ドラキュラ」の作家。ヴラド三世からすれば、自身の知名度を広めたと同時に、自身を吸血鬼の汚名を被せた人物といってもいい。

名台詞[編集]

Fate/Grand Order[編集]

戦闘[編集]

「我は闇にあって闇に非ず」
スキル使用時。自らは「吸血鬼」としてあっても「吸血鬼」ではない。バーサーカーの彼の在り方を如実に表した台詞である。
「血に塗れた我が人生をここに捧げようぞ。『 血塗れ王鬼カズィクル・ベイ』!」
宝具解放。血に塗れた串刺し公としての人生を再現する。

マイルーム[編集]

「嫌うもの…強制されることだ。それ以上に屈辱的なことは無い」
マイルーム特殊会話「嫌いなこと」。「吸血鬼」であることを肯定したための狂化を持った彼であるが、聖杯大戦で起きた惨劇は座に遺恨として刻まれている。

本編[編集]

「―――よろしい。では、私は血を戴こう」
竜の魔女ジャンヌ・オルタに呼ばれて。そこにいたのは「救国の英雄」ではなく、「血を啜る怪物ドラキュラ」へと成り果てた王。
「――ここで、終わりか。余の夢も、野望も、またも潰えるか……。
 ふん、そして此度もまた“竜殺し”が関わるとはな。皮肉なものよ。
 なるほど、彼奴きゃつらめの言うとおりか。余は“悪魔ドラクル”。
 ならば。悪魔を殺し竜を滅ぼすサーヴァントに関われば、墜ちるのは自明の理か。
 良い、許す。そして、そこのマスターよ。
 この戦場の只中でなお、己を見失わぬ男(女)よ。次こそは余を召喚するがいい。
 であれば、その時こそ我が槍の真髄を見せてやろう。
 護国の槍―――民を守る武器は、さぞ貴様の手に映えるだろう―――」
第一特異点にて、カルデア一行に敗れて。
「吸血鬼ドラキュラ」という怪物に成り果てた護国の王はまたしても敗れ、別世界で起きた聖杯大戦の事を思い出しつつも彼はどこか満ち足りていた。
次こそは、人の世に生きた王としてその槍を振るわんと…

幕間の物語[編集]

「余はヴラド三世。我が名を胸に刻み、これからの生を健やかに生きるがよい。
 それから良いか。
 余は些か変わった技を行使するが、それは吸血鬼などという存在とは無関係である。
 良いな?
 良いな?」
幕間の物語『レジェンド・オブ・ドラキュリアⅡ』にて。強い念押しで逆効果だというツッコミは野暮だろうか。
「いいか。ヴラド三世は、吸血鬼では、ない。リピート!」
(男性)「ヴラド三世は、吸血鬼では、ない?」
「よろしい!」
同上。ほとんどギャグのような描写だが、本人としては大真面目にやっている様子。

イベント[編集]

「当然である。余興とはいえこれは宴。であれば―――
 道化であれ、本気でかからねば・・・・・・・・面白くも何ともあるまい。
 国を守るものならばマツリの重要性は理解している。娯楽無くして人の世は治まらぬもの。」
『歌うカボチャ城の冒険』にて。上に立つものであるがゆえに、娯楽もまた必要であると語る。名君である彼の素顔を垣間見ることができる。
「ははは、嬉しい事を言ってくれるなレディ。だがこれは専門の服飾が仕立てたもの。
 余も一度ぐらいは仕上げてみたかったのだが、立場というものがある。
 うむ、少女よ、後程手ほどきをしよう。主を想う祈りのアップリケは、さぞマスターの服に似合うだろう。」
同上。趣味が刺繍であることを聞いたマシュに「その豪奢なお召し物は自分で?」と問われ。この時のヴラドは実に優しい顔をしている。

メモ[編集]

  • 『Grand Order』ではランサーではなくバーサーカーとして自身が最も嫌っていた吸血鬼としての姿での召喚となった。ただし狂化の影響なのか本人は吸血鬼である自分を認めている。おまけに王様としての威厳もそのまま残っており、ユーモアを解する紳士性まで保持している。精神的にも安定している為に、「自分自身の風聞について開き直ったほうが幸せになれる」とまで言われてしまうハメに……
    • とはいえ、ランサー時同様ドラキュラの名を消すという望みは変わってはいない。
      幕間の物語では「ドラキュラ」と言おうとしたマシュを黙らせる等、吸血鬼である自分を受け入れてはいるものの、その呼び名までは許容していない様子。
      幕間の物語ではドラキュラの名前を消す為の戦いが描かれており、ロンドンを舞台に「蝙蝠に姿を変え人肉を喰らう化け物」を倒し、ヴラド三世の名前を残している。次に訪れた際に助けた女性に対しては「余はヴラド三世。変わった技は使うが吸血鬼ではない」と強く念押ししている。
    • 当然と言うべきかハロウィンイベントにて登場し、マシュやエリザべートに対して優し気な対応を見せて株を上げた……
      が、ハロウィン限定礼装「ハロウィン・プリンセス」(通称ドスケベ礼装[注 2])をドロップするのが彼であったことから、礼装を求めるマスターたちによって乱獲されるという憂き目に遭った。
      しかも礼装のドロップ率が非常に低いため「人妻がエロいコスプレしてるイラストを後生大事に抱えてる」だの、趣味について触れられたため「ドスケベ衣装はヴラド製」だのと言われ、結果ドスケベおじさんだのドスケベ公だの不名誉すぎるネタが定着してしまうことに……。ある意味ドラキュラ呼ばわりよりひどいんじゃなかろか……。
    • 更に二次被害として、礼装「柳洞寺」もこのドスケベ礼装の下位互換的なプロパであるため、こちらはエロくも何ともないのに「ドスケベ寺」呼ばわりされるという、とんでもないとばっちりをくらわされる羽目になった。合掌……。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. オーバーチャージで効果UP
  2. アイリスフィールがほとんど裸同然のハロウィン衣装を着て浮かれているイラストが描かれていることから。ひろやまひろし氏のTweet「ドスケベルン」が初出とされる。概念礼装としても優秀な能力を持つが、交換では4枚しか入手できず、最大開放のためには最低1枚はドロップで入手する必要があった。

出典[編集]


リンク[編集]