ブラダマンテ

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search
ランサー
真名 ブラダマンテ
性別 女性
身長 170cm
体重 55kg
出典 シャルルマーニュ伝説
地域 フランス
属性 秩序・善
隠し属性
声優 森永千才
デザイン saitom
レア度 ☆5
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集]

槍兵」のサーヴァント

略歴
『Fate/Grand Order』の期間限定イベント『ホーリー・サンバ・ナイト』にて初登場。
クリスマス聖杯に召喚されたために聖杯に祈ろうとしたところをブラック・ケツァルマスクに攻撃され、力を奪われてしまう。
そのまま魔力切れで消滅しかかっていたところを主人公らに出会い、共にサンタタッグトーナメントに参加する。
紆余曲折あって決勝まで勝ち進み、ブラック・ケツァルマスクに勝つ為に相方からサンタパワーを譲り受け、サンタの力を得る。
そのままブラック・ケツァルマスクを打ち倒し、主人公らへと感謝を述べて消えていった。
人物
正義を信じ、人を助け、目的に向かって突き進む高潔な精神の持ち主。
だが、若さ故か多分に脳筋気味で騙されやすく、おまけに恋人のロジェロの事になると著しくIQが低下する。
正義の騎士として恥じないようにあろうとしているが、戦法は盾で目くらましした隙に攻撃したりやられたふりして不意をついたりと割となんでもあり。ただ、別に卑怯卑劣というわけではなく、諦めが悪くて手を尽くそうとする故である。
能力
シャルルマーニュ十二勇士の一員として、槍と盾での白兵戦を得意としている。
所持している宝具『麗しきは美姫の指輪』の性質により、対魔力が非常に高い。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
ランサー 主人公 (Grand Order) B A+ A C D B 対魔力:A クレルモンの勲:B
白羽の騎士:B+
魔術解除:A

宝具[編集]

目映きは閃光の魔盾(ブークリエ・デ・アトラント)
ランク:B
種別:対軍宝具
レンジ:1~30
最大捕捉:100人
恋人ロジェロを攫った邪悪な魔術師アトラントが所有していた魔盾。
真名解放によって盾は強烈な魔力の光を放ち、対象にダメージを与えつつ、気絶判定を強制する。気絶しなかったとしても、目を眩ませる事で敏捷のパラメーターを一時的に著しく低下させる。
なお、本来は盾で殴らない。現界にあたってテンションが上りすぎているのか、ほぼ無意識に突進して殴っているものと思われる。
アトラントを倒したブラダマンテは、彼の持つ盾を手にし、彼が乗っていた幻獣ヒポグリフを得たと言われる。
ライダークラスで召喚された場合、もれなくヒポグリフが付いてくるという。
麗しきは美姫の指輪(アンジェリカ・カタイ)
ランク:C
種別:対人宝具/結界宝具
レンジ:1~10
最大捕捉:30人
十二勇士のひとりローランや兄リナルドが恋に落ちたとされる異国の美姫アンジェリカが所有していた、魔術の指輪。
数奇な運命からあらゆる魔術を無効化する力を持つとされる、この指輪を持つこととなったブラダマンテは、邪悪な魔術師アトラントから恋人ロジェロを助け出す際に大いに指輪の力を活用した。
本来はCランク程度であるはずの対魔力スキルがAランクとなっているのも、魔術解除スキルが付与されているのも、この宝具の効果によるもの。
真名解放すれば、魔術に対する自陣全体の防御力を跳ね上げるが、本作では基本的に解放されない。本来は「姿を隠す」力も備えているが、そちらも基本的には使用しない。
今回の現界にあたっては、この指輪の魔力を右手の槍に込めており、魔術的存在に対する戦闘力を底上げしている模様。

真名:ブラダマンテ[編集]

シャルルマーニュ十二勇士の一人。白羽の騎士ブラダマンテ。騎士リナルドを兄に持つ、シャルルマーニュの姪。

関連[編集]

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
期間限定イベント『ホーリー・サンバ・ナイト』開催に伴い実装。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

主人公 (Grand Order)
マスター。
期間限定イベント『ホーリー・サンバ・ナイト』では魔力切れで行き倒れ同然になっていたところにパンをごちそうしてもらったため、強い恩義を感じてカルデア代表に参加することになった。
ケツァル・コアトル〔サンバ/サンタ〕
期間限定イベント『ホーリー・サンバ・ナイト』で共演。
カルデア代表としてタッグを組み、サンタタッグトーナメントに挑戦した。
ブラック・ケツァルマスク
期間限定イベント『ホーリー・サンバ・ナイト』にて、彼女に力を奪われたリベンジとして上記のタッグで挑戦する事になった。
マルタ
期間限定イベント『ホーリー・サンバ・ナイト』で共演。
聖人として尊敬しており、彼女から48の聖人技と52の喧嘩殺法を教わる事になった。
ヘクトール
自身とロジェロのご先祖様。だいぶ心酔しているため、マイルームでは舞い上がっている。
その一方でロジェロがヘクトールの武具集めで騒動に巻き込まれた為か、期間限定イベント『ホーリー・サンバ・ナイト』では「武具の管理はきちんとしてほしい」と苦言を呈している。
アルトリア・ペンドラゴン
同じ騎士物語の登場人物としてファンなのか、マイルームでは舞い上がってサインをもらおうとしていた。
円卓の騎士
上記のアルトリア同様にやはりファンのようで、マイルームでは大喜びしていた。
フォウ
何をどう勘違いしたのか、彼の事をロジェロの生まれ変わりと思っている。そんなに雰囲気が似ているのだろうか。
ブーディカ
バレンタインイベントでは、彼女からチョコの作り方を教わっていた模様。

生前[編集]

ロジェロ
最愛の人。イスラム教徒であったが、大恋愛の末に夫婦となった。単騎で十二勇士に匹敵する武勇を持つが非常に不運な(マーリン曰く「間が悪すぎる」)人物で、魔術師に何度も誘拐されたりした。
シャルルマーニュ
シャルルマーニュ伝説において盟主と仰いだ大王。
リナルド
兄。同じく十二勇士のひとりにして魔剣フルベルタを所持する剣士。
自分に似て凄腕の剣士とされており、「リナルド兄様」と慕っている。
アストルフォ
従兄弟で、十二勇士の一人。「アーちゃん」と呼ぶ他、彼のヒポグリフは元々ブラダマンテが所持していた。
マルフィーザ
ロジェロの双子の妹で彼に比肩する武勇を持つ。幼少時に生き別れたロジェロと再会した場面に立ち会った際、浮気相手と勘違いして、ボコボコにしてしまう。後に和解し、暗殺されたロジェロの仇を共に討つ。
アトラント
ロジェロの養父。ブラダマンテとロジェロの結婚に大反対で、二人の仲を何度も引き裂こうとした。ただ、このような行動を取ったのはロジェロがキリスト教に改宗すると殺されるという預言を受けていた為で、預言の成就を防ごうと全力を尽くす。だが、預言は結局実現してしまい、ロジェロの死を嘆いた。
マーリン
冒険の途中で何度も手助けしてくれた魔術師。
「麗しのマーリン様」と強く心酔しており、彼女の心に語りかけるマーリンも普段と比べるとかなり真面目な口調に聞こえる。

名台詞[編集]

Fate/Grand Order[編集]

戦闘時 [編集]

D'accordダ・コール!」
コマンドカード選択時の台詞の一つ。意味合いとしては「OK!」「了解!」といった感じ。
なおボイスでは力一杯「ダコール」と言いきっているが、フランス語はほぼ例外なく文中のrの文字を発音しないので実際は「ダッコーゥ」のような発音になる。
他にも虹(アルカンシェル)やマスター(メイトル)花(フルール)等、日本人がフランス語をカタカナ表記する場合「r」の文字をラ行で表記することが多いが、そのまま読んでもフランス語としては間違っており伝わらない場合もあるので、実際にフランス語で会話する際は注意されたし。
Montjoieモンジョワ!」
こちらは宝具選択時のボイス。中世フランスで使われた掛け声の一種であり「我が喜び」という意味。
『ローランの歌』においては、シャルルマーニュの軍勢がこの掛け声をあげるシーンが幾度も登場する。

マイルーム[編集]

ブラダマンテ「私はシャルルマーニュ十二勇士の一人ですが…ふっふっふ、なんと、あの伝説の大魔術師マーリン様に導かれた騎士でもあるのです!本当ですよ?かつても、マーリン様の巫女が私の旅を…」
マーリン(変わりませんね、ブラダマンテ。今、貴女の心に、私は語りかけています。久しぶりですね…)
ブラダマンテ「えっ!?えっ、なに!声聞こえませんでした今!?」
マイルーム会話「絆Lv4」。誇らしげに自らとマーリンの関係を語る彼女の心に、突如本人が語りかけてくる。
なお、絆Lv会話なのでマーリンを所有していなくともこの会話は聞くことができる。
ブラダマンテ「私は、かつて想い人、ロジェロを追いかけたパラディンです。長い長い旅でした。(中略) ……でも、ご安心ください、マスター。それ以前に私はパラディンだから、世界を取り戻すために、全力で頑張るのみです!」
マーリン(それが良いでしょう。今、貴女の心に、私は語りかけています。そうです、マーリンです!)
ブラダマンテ「あれ!?マーリン様!?」
マイルーム会話「絆Lv5」(一部省略)。生前の想い人への感情に悩みながらも、目の前の戦いへの意気込みを語る彼女の心に、またしても花の魔術師が直接語りかけてくる。
これも絆Lv会話なので、マーリン未所有でもこの会話は聞ける。
「ま……ママ、マーリン様!ご本人!?まさか当世でもお言葉を賜るなんて……ブラダマンテは感激しています!でも、あの……どうやって塔のお外に……?」
マイルーム会話「マーリン所持時」。本人と対面できたことに感動しているが、塔から出られないはずの彼がカルデアにいることを訝しんでいる。
「聖剣の騎士王、アーサー王……!?あの名高きお方が、なんという事!?あ、ああああ……サイン欲しいな……」
マイルーム会話「アルトリア・ペンドラゴン/アルトリア・ペンドラゴン〔ランサー〕所持時」。テンションが完全に推しアイドルと対面したファンのそれである。

イベント[編集]

メモ[編集]

  • 自ら「少女騎士」と称しているのに加えてルックス的にも童顔気味に描かれているが、身長は170cmとスカサハセミラミスより長身であり、相方のサンバ姉さんと比べてもさほど見劣りしないレベル。
  • ランサークラスの他、ライダークラスの適正もある。また、勘違いでマルフィーザを叩きのめした逸話からバーサーカークラスの適正もあると言われている。
  • 「少女騎士」というワードから、大方のプレイヤーからは当初それらしきキャラが『サーヴァント・サマー・フェスティバル!』に登場していたガレスの正式実装か、と予想されていたが、イベントの特攻サーヴァントに円卓勢がおらず(一応初代サンタがいるにはいたものの)アストルフォが含まれていた事からブラダマンテ説が急浮上した経緯がある。
  • マイルーム台詞中に他のサーヴァントのボイスが含まれる、珍しいケースの一つ。
  • Fateにおいては十二勇士の一人とされているが、原典ではブラダマンテは基本的には十二勇士には含まれていない。

話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]