Fate/Grand Orderイベント一覧 (2018)

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索

Fate/Grand Orderイベント一覧[編集]

Fate/Grand Order』で2018年に行われたイベント一覧。
イベントでの全話は全話一覧 (FGOイベント)を参照。

大型イベント・記念イベント[編集]

期間限定で行われるイベント。

復刻:ダ・ヴィンチと七人の贋作英霊 ライト版[編集]

開催期間:2018年1月10日~1月20日
一昨年開催された贋作英霊イベントをライト版として復刻したイベント。
イベント開催に際して、ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕の復刻ガチャが開催されたほか、レオナルド・ダ・ヴィンチの復刻ガチャも同時に行われた。
ショップとボックスガチャ抽選のボイスが追加および一新された点、高難度クエストが追加された点以外は前回と内容に差はない。
前回のイベント特効礼装を使用することができたほか、交換に必要なアイテムの数が若干調整され、イベントクリア後にはジャンヌオルタの霊衣開放権が交換できた。

節分酒宴絵巻 鬼楽百重塔[編集]

開催期間:2018年1月24日~1月31日
節分を題材としたイベント。
難易度の兼ね合いから終局特異点の突破が参加条件となっている他、イベント報酬のサーヴァントや新規サーヴァントの追加はない。
イベントを行うにあたって、事前に多くのサーヴァントを育成しておくようにとアナウンスがなされていた。
イベント開催に際して坂田金時〔バーサーカー〕のモーションが一新され、復刻ピックアップが行われた。
同時に本イベントの主役たる巴御前をはじめ、源頼光酒呑童子茨木童子等イベント出演サーヴァントのピックアップが行われた。
また開催期間中はサーヴァントの強化を促すためか、全曜日の種火集めおよび修練場クエストが開放された。
シナリオ
それはいつかの彼らに、あったかもしれない話。
酒呑童子と茨木童子が無断でレイシフトした日本の片田舎に、微小特異点が出現した。
主人公は巴御前と共に特異点へ向かうと、そこにはあり得ない高さの塔が聳えていた。
塔は酒呑童子の宝具『神便鬼毒酒』そのものであり、登るサーヴァントを疲労させる、すなわち『酔わせる』効果を持つ。
なぜこのような塔を造ったのか。事態の元凶たる酒呑童子にその真意を問いただすために、彼らは塔――『鬼楽百重塔』の頂上を目指す。
システム
本イベントでは専用のパーティを組むこととなり、サポート選択ができない代わりに、自分のサーヴァントを6騎まで編成することが可能となる。
ただしコスト自体は据え置きであり、加えてスターティングメンバーとして3騎は必ず出撃しなければならない。
そして一度出撃・勝利したサーヴァントは塔の効果によって疲労状態となり、現実時間で4時間の間、再出撃が不可能な状態となる。(ただし撤退した場合は疲労状態にならない)
出撃制限中は同じサーヴァントを複数枚持っていた場合でも、全ての同一サーヴァントが出撃不可能になる。
疲労状態は時間経過でしか回復しないが、温泉に浸からせることで、回復速度が倍になる。温泉には5騎まで選んで入れることが可能。
塔のクエストには階ごとに出現する敵のヒントがクエスト名で示されるほか、挑戦に必要な消費APはいずれの階層でも1APのみとなっている代わりに、
出現する敵が落とすドロップアイテムやクエストクリア報酬で確実な素材獲得が多数見込める他、5階クリアするごとに限定礼装などイベント特有の報酬アイテムも入手できる。
イベントシナリオは10階ごとに進行し、100階のクエストをクリアすることでイベントシナリオは終了となるが、その後は陽炎の塔が出現し、合計200クエスト分の挑戦が用意されている。二つの塔で苦労も二倍だな
主力サーヴァントを多用できないシステムの関係上、☆1~2のサーヴァントや、絆レベルが最大となったサーヴァントを起用する場面が多く見られ、彼らの性能の再確認等ができたなどの好意的な意見が上がった。
しかしイベント期間が1週間と非常に短いことで、システムが現実時間以外で影響していないこともあってか、アイテム等で自発的な時短を行えない点で否定的な意見も見られた。
また塔のクエスト自体も10階ごとのボスを除き、中レベルでもあしらえる敵が1~2wave程度出現する繰り返しであったため、『より多くのサーヴァントを所持していること』『強力な開始時NPチャージ礼装を所有していること』で有利になると看做され、若干批判の声が上がった。
同時に低レア含め、普段評価されていないサーヴァントを使用したことで、彼らの性能の強化を求める声も相次いだ。
何にせよ、羅生門イベントと同様に試験的な要素を多く盛り込んだイベントであったことは疑いの余地はないだろう。

バレンタイン2018 繁栄のチョコレートガーデンズ・オブ・バレンタイン[編集]

開催期間:2018年1月31日~2月15日
2018年度版のバレンタインイベント。昨年度までと異なり新規のイベントとなっている。
参加条件は炎上汚染都市冬木のクリア。本イベントのキーキャラクターおよびダメージ2倍の特効スキルを有する☆5アサシン、セミラミスの限定ピックアップガチャが開催された。
またイベント期間中、昨年度バレンタインイベントで実装された謎のヒロインX〔オルタ〕および限定礼装の復刻ピックアップも並行して行われた。
本イベントより、クエストクリア時の聖杯および伝承結晶入手時の演出が変更された
また、真名隠し状態のサーヴァントからも常時真名開放の条件をクリアしているか否かで若干の文章変更がされる。
シナリオ
今年もやってきたバレンタインに向け、チョコ(?)作りに奮起する清姫であったが、カルデアでは肝心の材料となるチョコが入手できない事態に陥っていた。
材料を入手すべく、無断でレイシフトを敢行し探索を続ける中で、怪しい商人からチョコの材料を入手できる場所、空中庭園の存在を彼女は知らされる。
愛の力で難なく庭園に侵入した清姫の前に、庭園の主であるセミラミスが現れ、チョコの材料を渡す代価として彼女にチョコの製造の手伝える者を連れてくるよう命じた。
こうして虚栄の空中庭園に招かれた主人公は、彼女の命のもとチョコの製造設備の開発に協力することとなる。しかし、なぜセミラミスは執拗にチョコの生産を目論むのか…。
システム
今回のイベントではイベントポイントとして「空中庭園謹製チョコ」を集めることが目的となる。
イベントポイントは一定量稼ぐごとに素材やQPなどが入手できるほか、バレンタインイベントの要となる「ロックオンチョコ」、「サプライズチョコ」が入手できる。
今回のイベントではサーヴァントを指定してチョコレートを貰う・渡すには「ロックオンチョコ」が必要となり、入手できる総量は限られている。
それに対して「サプライズチョコ」は入手できる数こそ実装サーヴァント総勢を網羅できるほど(あくまで無尽蔵ではない)だが、チョコレートを貰うか渡すかを指定できるのみで、誰に貰う・渡すかはランダムとなる。
イベントポイントは高難度のクエストほど入手できる量は多いが、貰えるポイントは礼装ではなくチョコ生産設備を開発・増設することで増加する。[注 1]
チョコ製造設備の開発・増設に必要な素材「フエールフレーバー」は、イベント限定礼装(サーヴァントから貰ったチョコ・お返しを含む)により入手量が増加するほか。
なおチョコ製造設備の開発には、一定量のイベントポイントが必要となるほか、各設備ごとに9個まで増設することができる。
そしてこの設備開発によりイベントシナリオは進行し、全ての設備を開発して最終クエストをクリアすることで、イベントクリアとなる。
ちなみにイベント中メニュー画面上部に、イベント中に一部サーヴァントに起きた出来事(事件)が語られる「ピジョンレポート」が表示される。
こちらはチョコ生産設備を開発することで変化するが、前の段階のピジョンレポートを読むことができなくなる。
なお、二者択一のサーヴァントがいるため、今回のイベントで全サーヴァントからのチョコ・お返しをコンプリートすることは一旦完全に不可能となった。

復刻版:空の境界/the Garden of Order -Revival-[編集]

開催期間:2018年2月15日~2月28日
空の境界コラボの復刻版。初のコラボ系・ミッション式イベントの復刻である。
参加条件は炎上汚染都市冬木のクリア。
ミッションクリア時の一部の報酬および交換素材に変更が加えられている点を除き、前回と同様の内容となっている。
開催に伴いイベント限定サーヴァントの『両儀式』が召喚できるピックアップガチャが開催されたが、
同じく『空の境界』からのゲストとして浅上藤乃の参戦が、イベント開催直前に急遽発表された。
また、イベント開催に際して両儀式〔セイバー〕のモーションリニューアルおよび両儀式〔アサシン〕のグラフィック調整が行われた。

カルデアボーイズコレクション2018[編集]

開催期間:2018年3月8日~3月14日
2018年度版のカルデアボーイズコレクション。
当日配布の「CBC2018特別招待状」で、いずれかの礼装一枚と交換可能。
昨年度版同様、召喚可能なサーヴァントは男性のみでアーサー・ペンドラゴンが復刻ピックアップされた。
加えて一日ごとに配布される「白亜の薔薇」をショップで呼符と交換することができ、最終日にはアーサーの霊衣解放権が入手できた。
なお昨年度版であるCBC2017の復刻は行われず、昨年入手していなかったプレイヤーのみ、レアプリズムで交換できるようになった。

復刻:セイバーウォーズ ~リリィのコスモ武者修行~ ライト版[編集]

開催期間:2018年3月15日~3月29日
一昨年開催された同イベントを復刻したイベント。
参加条件は炎上汚染都市冬木の第3節クリア。これまで大半の復刻イベントに倣って、前回のイベント特効礼装を使用可能。
イベントポイント「アルトリウム」を集めることで、アルトリア・ペンドラゴン〔リリィ〕をはじめ様々なアイテムが入手できる点も、前回と同様である。
開催に併せて、期間限定サーヴァントを除く全てのセイバーのサーヴァントおよび謎のヒロインXが召喚可能なピックアップが行われた。
ここでは謎のヒロインXのモーション変更、およびアルトリア・リリィの宝具に関する強化クエストが追加実装。
加えてイベント限定ショップ用のボイス、イベントクエスト選択画面およびイベント限定ショップの専用BGMも収録されている。

復刻:星の三蔵ちゃん、天竺に行く ライト版[編集]

開催期間:2018年4月18日~4月29日
一昨年開催された同イベントを復刻したイベント。イベントに併せて玄奘三蔵等のイベント特効サーヴァントおよび限定礼装のピックアップ召喚が開催された。
イベント前半および後半でのクエスト消費アイテムの相互交換等は行えないものの、イベント限定礼装に特効効果が追加された他、交換礼装の特効効果が強化された。
また、イベント特効サーヴァントに哪吒等の中国出身サーヴァントが追加された。
加えて玄奘三蔵ダビデのイベント交換ショップ等のボイス(および玉藻の前の戦闘ボイス)が追加された。

Apocrypha/Inheritance of Glory[編集]

開催期間:2018年4月29日~5月13日
アニメジャパン2018にて発表された第五のTYPE-MOONシリーズコラボレーション。参加条件は邪竜百年戦争オルレアンのクリア。
イベントタイトル等は『Fate/Apocrypha -Epilogue Event-』内のカルデア放送局SPにて紹介され、同時に当日の開催が告知された。
イベント開催に併せて、本イベントにて新規参戦したアキレウスケイローンおよびイベント限定礼装のピックアップ召喚が開催された。
また、イベント中にモードレッドのモーション変更・ボイス追加がなされた。
シナリオ
眠る主人公は、声に誘われるままに世界の裏側にて、一匹の邪竜と出会った。
主人公は邪竜に、大聖杯に異常が生じ、その問題を解決するために呼んだことを伝えられる。
そして主人公は邪竜を伴って大聖杯内部に入る。するとそこでは、幾度となく繰り返される聖杯戦争が行われていた。
果たして、この異常の原因は何か。そして主人公は、この世界を救うことができるのか。
システム
終局特異点のような複数ボスによるレイド戦方式のイベント。これまでのコラボイベントとは異なり、ミッション形式ではない。
イベント中、一定期間ごとに撃退戦が出現し、イベント参加者全員で敵に挑み、一定回数撃退することで撃退戦は終了する。
ただし撃退戦終了後も、指定された時間になることで、新たに撃退戦が開始する。
そして各段階ごとの全ての撃退戦が終了すると、メインクエストが開放され、シナリオが進行する。
撃退戦には敵のHPに応じて三つの難易度が存在するが、ドロップアイテムの増加以外には影響しない。
イベント限定サーヴァントのジークはイベント序盤のクエストで期間限定加入し、メインクエストをクリアすることで正式加入となる。
再臨アイテムはイベントポイントの「ドラクルコイン」を一定数集めることで、他の素材と共に入手できるほか、
宝具レベルを上げるための二騎目以降のジークは、イベントクリア後にイベントアイテムと交換することで入手できる。
そして本イベントは素材およびQPが非常においしかったためか、終局特異点以上のペースで続々とサーヴァントが狩られていった。[注 2]

虚月館殺人事件[編集]

開催期間:2018年5月11日~5月25日
リアル脱出ゲーム「謎特異点Ⅰ ベーカー街からの脱出」開催記念イベント。参加条件は特異点Fと「謎特異点Ⅰ ベーカー街からの脱出 開催記念クエスト」のクリア。
担当ライターは推理小説で有名な円居挽。
システム
シナリオメインのイベント。15日18時~17日0時の間、真犯人を投票することができ、最多票の人物が真犯人であれば石10個を追加報酬として入手できる。

復刻:ぐだぐだ明治維新 ライト版[編集]

開催期間:2018年5月18日~5月30日
ぐだぐだ明治維新の復刻版。参加条件は特異点Fのクリア。

ぐだぐだ帝都聖杯奇譚 -極東魔戦線1945-[編集]

開催期間:2018年6月13日~6月26日
参加条件は終局特異点のクリア。報酬は星4ライダー/坂本龍馬。システムとしては敵陣地を制圧して先に進める形になるとのこと。

デッドヒート・サマーレース!復刻ライト版[編集]

開催期間:2018年6月27日~7月13日
参加条件は特異点Fのクリア。レース戦の終了条件が全チームのゴールから上位3チームのゴールに変わった。敵の強さに下方修正とクラス単一化が入り難易度が下がっている。

デスジェイル・サマーエスケイプ!復刻ライト版[編集]

開催期間:2018年7月4日~7月13日
参加条件はデッドヒート・サマーレース!復刻ライト版のメインシナリオのクリア。

体験クエスト[編集]

メインストーリーや大型イベントと連動しない先行実装および期間限定サーヴァントの性能体験を兼ねたクエスト。 2015年12月9日~12月16日実施の『スカサハ体験クエスト』イベント以降、ストーリーの追加やイベント連動の期間限定実装以外で新規サーヴァントが追加された際に、体験クエストが実施されるようになった。

葛飾北斎体験クエスト[編集]

開催期間:2018年1月1日~1月10日
葛飾北斎の実装に合わせて開催された。
なお当日は福袋召喚が多重に行えてしまうバグ等により緊急メンテナンスが行われたほか、昨年も発生した、課金してもアイテムの購入が反映されない問題が全機種で発生してしまった。
そのため昨年と同様の処置に併せ、ピックアップの期間も19日までに延長されたのであった。
シナリオ
ノッブに勧められた『黄金のハチミツ風味の飲み物』を飲んだ主人公が元日に目を覚ますと、そこは江戸時代の両国橋であった。
同じくその飲み物を口にした鈴鹿御前と共に、主人公は葛飾北斎による書初めを見に行くことになる。
しかしそこで筆をふるっていたのは北斎本人でなく、北斎の助手にして娘の一人、お栄であった。

浅上藤乃体験クエスト[編集]

開催期間:2018年2月15日~2月28日
復刻版:空の境界/the Garden of Order -Revival-併催。
シナリオはなく戦闘のみが行われる。

サーヴァント強化クエスト[編集]

サーヴァントの既存のスキルの性能強化、新たなスキルの獲得、既存スキルを別スキルへと変化、宝具強化を目的としたクエスト。
第八弾(1200万DL記念)
開催期間:2018年2月28日~
殺生院キアラ 「千里眼(獣)」スキル強化 チャージタイム-1
マリー・アントワネット 宝具強化
シェヘラザード 宝具強化
エリザベート・バートリー 宝具強化
カーミラ 宝具強化
マルタ 宝具強化
メルトリリス 「メルトウイルス」スキル強化
セイバーウォーズ復刻記念
アルトリア・ペンドラゴン〔リリィ〕 宝具強化

その他キャンペーン[編集]

2018年お正月キャンペーン
アイテム配布や福袋召喚等。
コミック発売記念キャンペーン開催!
2018年1月8日~1月22日
「-モルターリス:ステラ-」/「-トゥルス・レアルタ-」の発売記念。
アイテム配布、礼装「コミカライズプロジェクト」の配布等。
冬のファラオ大感謝祭~開催記念キャンペーン(宮城)
1月12日~1月15日
アイテム配布。
リリース900日突破キャンペーン
1月14日
アイテム配布。
Last Encoreアニメ放送記念キャンペーン
1月28日~2月4日
アイテム配布、記念礼装クエストの期間限定実装。
冬のファラオ大感謝祭~開催記念キャンペーン(広島、大分)
2月21日~3月7日
アイテム配布。
FGO THE STAGE Blu-ray&DVD発売記念キャンペーン
2月26日~3月7日
過去の記念礼装クエストの再実装およびピックアップ召喚の実施。
1200万DL突破キャンペーン
2月28日~3月14日
第八回強化クエストの実装。
リリース1000日突破キャンペーン
4月24日
アイテム配布。
Apocrypha×Grand Orderコラボ直前キャンペーン
4月25日~5月9日
ジークフリートアタランテのモーション変更。
赤・黒の各陣営別のピックアップ召喚の実施。
UIの一部変更。
Fate/Grand Order 春のミステリーフェア2018
4月29日~5月25日
アイテム配布および記念礼装クエストの期間限定実装。

メモ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ブラウザゲーム「CookieClicker」のパロディ
  2. 一例としてアタランテ600万騎が5時間36分で狩りつくされたという報告がある。1秒あたり約300騎のペースである。

出典[編集]


リンク[編集]